<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

今年3月神奈川県水産課発行、葉山の「アマモブック」

今年(平成21年)3月、20年度末の事業として神奈川県環境農政部水産課が発行した「アマモブック」をご存知ですか? 真名瀬の美しい景色や海中の様子がとてもわかりやすく紹介されています。
(ちなみに、この冊子は葉山町役場にはおいてありませんでした)
葉山アマモ協議会は、数年前に鹿島建設葉山水域環境実験場の指導のもとに、葉山町漁協、葉山町立一色小学校、NPO 法人スクーバミュージアム、4者協働で発足され、アマモの試行的な保全活動を行われているそうです。
 町をあげてやっている、と報告されているわりにはこの活動を知らない人が多いのが残念です。環境保全のためにこの葉山でも行う必要性があるのなら、もっともっと多くの人に広めてほしいと思い、私は何度か
鹿島建設の研究所のアマモご担当の方に、一色小学校だけでなく葉山町の一般市民対象に講演会もしくは説明会を開催してほしいとお願いしたこともあるのですが、まだ実現に至ってはいません。
逗子・葉山ダイビングリゾート/CSRへの取り組み/アマモ場再生プロジェクト
鹿島ダイジェスト
里海通信(環境・生態系保全活動支援)(PDF)

鹿島建設葉山水域環境実験場は真名瀬に隣接し、この「アマモブック」の写真も真名瀬を中心に紹介されています。
こにには「真名瀬はとてもおだやかな海」と紹介されています。

b0110633_1165889.jpg

b0110633_117434.jpg

b0110633_118150.jpg

b0110633_118143.jpg

b0110633_1182364.jpg


でも、
「平成17年度新規採択希望地区 漁村再生交付金 真名瀬地区 漁村再生計画概要表」に記載されている事業目的のメインは「真名瀬の波の静穏化」です。


事業目的

 真名瀬地区にある真名瀬漁港は、葉山町唯一の漁港で、漁業は藻類養殖業や採貝、採藻業が主体であり、ワカメ養殖の推進や種苗放流事業を継続して進めるなど、つくり育てる漁業への転換を推進している。
また、自然と調和した漁業活動の推進や観光産業と連携した水産振興を進めており、若手後継者も比較的多く、兼業として遊漁案内業にも力を入れており、都市住民との交流の場となっている。

 真名瀬漁港の基本施設は、昭和30年代に整備されたものが大半であり、築造後約40年が経過していることから老朽化が著しく漁業活動に支障を来している。また、外郭施設が不足していることから泊地の静穏度が悪く、荒天時には大型漁船は三崎漁港区域内にある油壺に避難し、他の漁船については船揚場の上方への引き揚げや背後にある町営駐車場まで退避している状況にあり、施設の利用が低位にある。このことから、防波堤の延伸および新設により港内静穏度の向上を図るとともに物揚場の改良を行い、安全かつ効率的な漁業活動を確保し、漁港の利用増進を図る。

 漁港周辺の岩礁には採貝、採藻業の天然漁場が広がっているが、貝類等の磯根資源の減少等により、天然漁場の効用の低下が見られている。このことから、天然漁場に隣接する沖防波堤の整備については藻場形成機能を付加し藻場の創出を図る。また、合わせてサザエ、アワビの種苗放流や堆積物の除去等の取り組みにより、磯根資源の保護育成増大を図る。

真名瀬地区は、日本の渚百選の葉山海岸やかながわ景勝50選の「森戸の夕照」など、風光明媚な海岸景観が広がっており、また、貴重な生物が生息する町指定天然記念物である「芝崎海岸及び周辺水域」は生涯学習の場となっている。漁港背後には、「はやま三ヶ丘山緑地」や「あじさい公園」などのみどりが広がり、また、葉山総鎮守の森戸神社や、各種記念碑などがある。漁港近郊の一色海岸に面した地区には、「神奈川県立近代美術館」「葉山しおさい公園(博物館)」などがあり、歴史、文化の観光名所となっている。このことから、豊かな自然環境と歴史・文化といった葉山の多彩な地域資源を活かし、海とみどりと文化をつなぐ散策路を真名瀬漁港に整備することで、海浜利用を増進し、地域の活性化と都市住民との交流促進を図る。

(以上は「平成17年度新規採択希望地区 漁村再生交付金 真名瀬地区 漁村再生計画概要表」に掲載の{事業目的}より抜粋)

 「海とみどりと文化をつなぐ散策路を真名瀬漁港に整備することで、海浜利用を増進し、地域の活性化と都市住民との交流促進を図る。」ための遊歩道は現在中止になっていますが、町が唯一管理できる「真名瀬」にはまだまだ不透明な、不可解なことがたくさんあるようです。

 国政も民主党が政権をとっていろいろと情報が出てくるようになりましたが、今までの公共事業などの目的は本当にあっていたのか、これからさらに出てくるのでしょうか・・・。
[PR]

by shiritaikai | 2009-09-24 11:11 | 海・海岸  

海は売りません!ー山口県・祝島からの声です。

9月10日中国電力が上関原発予定地の埋め立て準備作業開始し、14日には山口県の田名埠頭に中国電力の調査船がに無理やり入ろうとしています。
今までのことを考えると、調査は名ばかりで、結論ありきの調査のような気がします。
海を、島を、大切な宝のような故郷をただ守ろうとして、祝島の女性らを乗せた通称「おばちゃん 部隊」の船やお年寄りたちもたくさん声を張り上げて頑張っています。
「海は売らんぞ!!」「中電帰れ!!」「海は売らんぞ!!」「絶対入れないぞ!!」「絶対通さないぞ!!」一日中、毎日、何百回も、何千回も叫んでいます。
昨日9月14日の模様です。テレビのニュースではほんの少し紹介するだけで、わかりやすく取り上げてくれたところはあったのでしょうか?
原発問題はマスコミではスポンサーありき、なのでタブーなのでしょうか。
9月14日午前・上関原発埋め立て準備作業阻止行動(海上)(YouTube動画)

一人ひとりが声をあげることが大切だと思います。
それぞれができることを、電話1本でもかまいません。
政権が変わった今、結論ありきの調査をまず止めて、改めて地元の声を聞き考え直すよう民主党にはたらきかけるというのはどうでしょうか?
民主党のご意見メールアドレス 
でも時間が無いので、今回自分が投票し、当選した人が民主党の人なら直接その人に電話、メール、ファックスを送りましょう。
とにかく時間がありません。
前倒し天下りのように、中国電力は今まで決められたことをさっさっとやろうとしているように思われます。

以下は祝島の方のメッセージです。

瀬戸内に残された豊かな海が、今、原発のために埋め立てられようとしています。

1982年に山口県の上関町に原発建設計画が持ち上がってから、地元住民は賛否の対立に苦しんできました。
28年たった今でも未だに続いています。
そして原発予定地の対岸わずか3.5kmに浮かぶ祝島では、住民の9割が計画に反対し続けてきました。

原発建設予定地周辺は豊かな漁場であると同時に、小型の鯨のスナメリが群れをなして泳ぎ、天然記念物のカンムリウミスズメの生息が確認されるなど、希少な動植物の宝庫でもあります。

しかし昨年山口県は、原子炉設置許可申請すら出されていない状況にもかかわらず海の埋め立ての許可を出してしまいました。
そして今、中国電力は原発建設予定地の目前に住む祝島の島民に対する説明も対話もないまま、海の埋め立てと原発の建設を強行しようとしています。
私たちは自分たち自身の命や生活を守るために、生活の糧である美しい海や豊かな自然を守るために、中国電力の埋め立ての強行に抗議しています。

祝島島民の会ではホームページblogも開設していますが、多くの島民が阻止行動に参加しているため今は現地の様子をお伝えできません。

これまでの動きを含め、現地の状況は上関原発最新情報RadioActiveUrauraNews等で紹介されていますので、ぜひご覧ください。
山口県や中国電力、上関町に、地元住民を無視した工事の強行に対する抗議や疑問の声を届けてください。
そして、この呼びかけを多くの方々につないでください。
どうかご協力をお願いします
2009/9/10 


山口県
・海の埋め立てに関してはこちら
土木建築部港湾課
TEL:083-933-3810(管理班、港政班)
FAX:083-933-3829
E-mail:a18700@pref.yamaguchi.lg.jp

・スナメリやカンムリウミスズメなどの希少生物についてはこちら
環境生活部自然保護課
自然・野生生物保護班
TEL:083-933-3050
FAX:083-933-3069
E-mail:a15600@pref.yamaguchi.lg.jp

中国電力
TEL:082-241-0211
FAX:082-523-6185
原発関連メールフォーム

上関町
TAL:0820-62-0311
FAX:0820-62-1600
E-mail:k_yakuba@d2.dion.ne.jp
[PR]

by shiritaikai | 2009-09-15 10:43 | 海・海岸  

山口県 上関町の原発計画は止まらないの?

政権が変わったのに、上関町の原発計画は止まらないのでしょうか?

祝島からのお願いです。

瀬戸内に残された豊かな海が、今、原発のために埋め立てられようとしています。

1982年に山口県の上関町に原発建設計画が持ち上がってから、地元住民は賛否の対立に苦しんできました。
28年たった今でも未だに続いています。
そして原発予定地の対岸わずか3.5kmに浮かぶ祝島では、住民の9割が計画に反対し続けてきました。

原発建設予定地周辺は豊かな漁場であると同時に、小型の鯨のスナメリが群れをなして泳ぎ、天然記念物のカンムリウミスズメの生息が確認されるなど、希少な動植物の宝庫でもあります。

しかし昨年山口県は、原子炉設置許可申請すら出されていない状況にもかかわらず海の埋め立ての許可を出してしまいました。
そして今、中国電力は原発建設予定地の目前に住む祝島の島民に対する説明も対話もないまま、海の埋め立てと原発の建設を強行しようとしています。
私たちは自分たち自身の命や生活を守るために、生活の糧である美しい海や豊かな自然を守るために、中国電力の埋め立ての強行に抗議しています。

祝島島民の会では
ホームページ
ブログ
も開設していますが、多くの島民が阻止行動に参加しているため今は現地の様子をお伝えできません。
これまでの動きを含め、現地の状況は
上関原発最新情報
RadioActive
UrauraNews等で紹介されていますので、ぜひご覧ください。
山口県や中国電力、上関町に、地元住民を無視した工事の強行に対する抗議や疑問の声を届けてください。
そして、この呼びかけを多くの方々につないでください。
どうかご協力をお願いします。

山口県
・海の埋め立てに関してはこちら
土木建築部港湾課
TEL:083-933-3810(管理班、港政班)
FAX:083-933-3829
E-mail:a18700@pref.yamaguchi.lg.jp

・スナメリやカンムリウミスズメなどの希少生物についてはこちら
環境生活部自然保護課
自然・野生生物保護班
TEL:083-933-3050
FAX:083-933-3069
E-mail:a15600@pref.yamaguchi.lg.jp

中国電力
TEL:082-241-0211
FAX:082-523-6185
原発関連メールフォーム

上関町
TAL:0820-62-0311
FAX:0820-62-1600
E-mail:k_yakuba@d2.dion.ne.jp
[PR]

by shiritaikai | 2009-09-13 09:27 | その他