<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

真名瀬漁港再生計画、その後の状況 その3

真名瀬漁港再生計画、その後の状況 その1
http://skhayama.exblog.jp/11451470/

真名瀬漁港再生計画、その後の状況 その2
http://skhayama.exblog.jp/11512237/

平成21年1月8日 第一回真名瀬漁港施設整備検討委員会が、葉山町役場3F 協議会室にて午後7時より9時30分まで行われました。
出席者は森町長を含め19名、欠席者3名(内1名から意見文の提出あり)、傍聴者は町議2名、町民1名でした。
検討委員会はすべてオープンにする、ということで傍聴も可能、録音し議事録も作成するという正式な葉山議会での委員会と同じ部屋で、同じ形式でおこなうというものでした。
にもかかわらず、第1回目から森町長の発言は不思議なものでした。

(議事録から要約を一部抜粋)
●町長: 当委員会は町長の私的諮問機関であり、町として公式な委員会である。コンクリートの遊歩道は中止。それに代わる交付金事業の漁港環境施設のメニューの中から代替案を出すのが当委員会の目的。6月末リミットでH22年度の事業計画を出す。5月連休明けまでに県ヒアリングに提出する方針案を作成。当委員会は4回位あるいはもっと必要かも知れないが、案として纏める。それを担当窓口である産業振興課に下しコンサルを入れて、6月までに法的裏付けを含め最終案を策定することになる。

●複数委員より: スケジュールについては書面で出して欲しい。
⇒これは最後まで実行されなかった。

●複数委員より: 委員会委員として公のものとして担保されるよう、公印(葉山町印)を押した正式な委嘱状を出すべきでは。

●町長: 公印があってもなくても同じであり、問題ない。…そうまで言うのなら書類を作る。
⇒町長印を押した委嘱状が後日送付された。

●複数委員より: 事務局は設けないのか?

●町長: 町長自身が委員会委員長となり事務局を兼ねる。必要な機器、書類は用意できる。議事は録音を録っており書記もお願いしてある。
⇒2回目開催時に全委員一致で委員長は森町長自身でも構わないが、すべてを兼ねるのは無理であるし、煩雑になるので、司会進行役、事務局は別途推薦、自薦で決定することになった

●複数委員より: 町役場の当該部署である産業振興課も入れるべきでは。入れない理由は何か?

●町長: 産業振興課との話合いで入れないことにした。理由は言えない。
⇒最後の第5回の冒頭30分だけ産業振興課鈴木課長が出席。町長命令で出席できなかったと、鈴木課長。森町長はその理由は言えない、と相変わらず曖昧な不思議な答え。産業振興課が検討委員会に出席しなかった(できなかった?)理由はいまだにわからず・・・。

<いまだに理解できないこと>
1.森町長はこの委員会が町長の私的諮問委員会であるという位置付けにこだわられたこと。
2.検討委員会の委員長、司会進行、事務局すべて自分がやる、と言い張られたこと。
3.担当課である産業振興課の出席を理由は言えないと言い張られ、最後の30分以外出席させなかったこと。森町長は「産業振興課と相談して」、鈴木課長は「町長命令で出席できなかった。何故だかわからない」という何だかおかしな状況です。

[PR]

by shiritaikai | 2009-07-20 09:30 | 海・海岸  

真名瀬漁港再生計画、その後の状況 その2

*当ブログ『真名瀬漁港再生計画、その後の状況 その1』は下記より
http://skhayama.exblog.jp/11451470/

ここでは、今までの真名瀬遊歩道問題についての経過を簡単に説明します。

●平成17年度
◎「安全で快適な漁業地域の形成」、
◎「自然環境の保全とつくり育てる漁業への転換」、
◎「都市住民との交流促進」を目標に、
国の漁村再生交付金事業が採択され、平成19年度までに防波堤などの施設整備事業が実施されました。
当該事業には、観光客誘致の目的で遊歩道建設(460m)が計画されたのです。
詳細は過去の当ブログ
http://skhayama.exblog.jp/7072381/

●平成19年7月
私たちの提出した「真名瀬漁港再生計画とマリンロード構想を見直してほしい」という陳情をきっかけに住民運動が起こり、計画されていた遊歩道建設について、事業決定までのプロセスの不透明性や自然環境に与える影響が葉山町議会などで問題となりました。

●平成20年1月
葉山町長選では遊歩道建設の是非が争点になり、森新町長が町長就任後に公約どおりに建設中止としました。

●平成20年6月30日
平成20年度事業申請締め切り日に、森町長は、県水産課に20年度の真名瀬漁港交付金事業の事業申請が遅れる旨を報告しました。
(森町長から松沢県知事ではなく、産業振興課 鈴木課長から県の水産課 米山課長 宛ての書状となりました。)

●平成20年7月〜8月
にかけて
葉山町産業振興課の指導の下で、葉山町漁業協同組合が中心となり遊歩道代替施設についての検討委員会が延べ3回開催されましたが、漁組主体というより、産業振興課提案の代替案を提示されたようで案がまとまらなかったようです。漁組の検討委員会のときはオブザーバーとして産業振興課職員は2名立ち会っています。

●平成20年10月中旬
葉山町漁協が船揚場改修等の漁港施設整備を求める陳情、町民有志が交付金事業の見直し、漁港施設全般に関する検討委員会の設置を求める陳情などを相次いで葉山町議会に提出しました。

●平成20年12月
葉山町代替施設を含む漁港施設整備の新たな協議の場として、「真名瀬漁港施設整備検討委員会(以下、当該委員会)」の設置が「広報はやま」などの町の広報で案内され、検討委員が公募されました。

●平成21年1月

漁業者代表も含む一般公募の選出者22名による「真名瀬漁港施設整備検討委員会(以下、当該委員会)」が町長の私的諮問委員会(委員長:森英二町長)として設置されました。

*検討委員会の委員長は、委員会内より選出をしたかったのですが、、森町長は「この検討委員会は町長の私的諮問委員会とします。真名瀬のことは私が一番よく理解しているから、私が委員長になり、リーダーシップをとりまとめていきます。」という確固たる主張により決められました。
また、森町長に担当課の出席要請を何度もお願いしたのですが、これも森町長の「担当課は出席させない」という主張により、なかなか実現しませんでした。
何故産業振興課に出席してもらえないのですか?という問いに森町長は
「理由は言えません。」というお答えを繰り返すばかりでした。
そして委員全員の切なる要望の結果、第5回最終委員会の冒頭30分のみ、産業振興課の鈴木課長には出席していただくことができました。
しかし、漁組の検討委員会のときは毎回オブザーバーとして産業振興課職員は1~2名立ち会っています。
この違いはどこから???

(この後の経過説明は「真名瀬漁港再生計画、その後の状況 その3」に続く)
[PR]

by shiritaikai | 2009-07-15 11:01 | 海・海岸  

7月26日、地球の恵みは地球に返そう!イベントのご案内

トランジション葉山からのお知らせ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      ***生ゴミよ、サヨウナラ*** 
 キエーロ(生ゴミ処理ボックス)をつくろう!
     〜地球の恵みは地球に返そう!〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

太陽と風と土で分解、
生ゴミが 消えて・増えない・匂わない
「キエーロ」をつくりましょう
葉山町が宣言実行しようとしているゼロウェイスト。
それってどういうことなのでしょうか。
ゴミをテーマにした一日を設けました。
当日、キエーロという生ゴミ分解BOXを実際にみんなで作ります。
(希望者に有料で持ち帰ってもらいます。)
その後、ゴミのフリートークをみんなでします。
いろんなアイデアがあると思います。
ゴミ問題をクリエイティブに解決していきたいですね。
<日 時> 7月26日(日) 12時30分〜17時
・12時30分〜15時  キエーロづくりワークショップ
・15時30分〜16時  ゼロウェイストのお話(葉山町環境課松岡さん)
           楽しい生ごみ処理体験(岡崎がんさん)
・16時〜17時    フリートーキング
            「生ゴミ処理をクリエイティブに!」
<場 所>  一色会館 
<参加費>  500円
<後 援>  葉山町環境課
<キエーロ製作指導> 松本 信夫さん:キエーロ発案者 葉山町下山口在住
<キエーロづくりワークショップ>
 みんなでキエーロを2個つくります。(ベランダ設置用の箱タイプと、庭に直 置きタイプ)
 ご希望の方はお持ち帰りいただけます。(材料費負担)
 *ベランダ設置用箱タイプ:w400×d600×h450
 *庭に直置きタイプ:w600×d900×h300
<ゴミのことフリートーキング>
 話し合いのテーマは例えば、キエーロイロイロ・・
ゴミのこと、あんなことこんなこと、いろんなアイデアを出しましょう。
<お申し込み>
transitionhayama@gmail.com
又はブログのお申し込みフォームから
 
*当日参加も大歓迎です。
*軍手をご用意ください。
*会場ではコーヒーとびわ茶を販売いたします(¥100/1カップ)
 マイカップをおもちください。

〜結ぶ、紡ぐ、繋がる〜 葉山でつくる持続可能な町づくり〜     
 トランジション葉山 ブログ
問い合わせ先 transitionhayama@gmail.com
[PR]

by shiritaikai | 2009-07-14 09:20 | ごみ処理広域化  

真名瀬漁港再生計画、その後の状況 その1

5月1日、葉山町・産業振興課&コンサルの方たちと県庁へ行ったことは、以前当ブログに掲載しました。 
5月9日には検討委員有志で答申がきちんと進められることを見守るため、真名瀬漁港施設整備協議会を設立しました。
協議会としては、3月19日に真名瀬漁港施設整備検討委員会から提出した「答申」通りに、すべて進められていると思っていました
 
『葉山町長は3月23日の議会でも、議会に遊歩道計画の代替案、船揚場改修と水道施設の設置などを国に申請する方針を町議会で明らかにした』と3月24日付けの朝日新聞にも掲載されています。
 
しかし、そうではありませんでした。
そのことを知ったのは6月5日です。
漁業組合事務局から電話があり、「産業振興課の方が別件でいらしていたが、今回は水道施設は中止、と言われたのですが、どういうことでしょう?」ということでした。
状況がよくわからなかったので6月9日、森町長と産業振興課に質問状を出しました。

平成21年6月 9日
葉山町長  森 英二様

真名瀬漁港再整備事業に関する質問状

先般の真名瀬漁港施設整備検討委員会の答申結果に基づき、鋭意進めて頂いている真名瀬漁港再整備事業について、委員会総意で示された「水道施設」が、町長のご判断で今回の事業では中止になされた旨を漁業関係者から聞きました。つきましては、中止になされた経緯、理由について、真名瀬漁港施設整備検討委員会旧メンバーで構成される本協議会に文書にて早々に報告して下さるよう、何卒お願い申し上げます。

真名瀬漁港施設整備委員会


そして6月10日にファックスで下記のような回答が送られてきました。
b0110633_992358.jpg


中止を決めた日にちを見て驚きました。森町長が町長室で産業振興課鈴木課長を呼んで我々委員4人の前で「答申どおりに進めてください」と口頭で指示を出されていた3月25日の二日後だったからです。
森町長は3月14日の第5回真名瀬漁港整備検討委員会の最後に「今後の経過などみなさんにお知らせして進めていきますから、安心してください。」と言われていました。
しかし、森町長や産業振興課の方から変更の連絡はありませんでした。
今後はこの経緯を詳しくお伝えしていきたいと思います。
[PR]

by shiritaikai | 2009-07-07 09:10 | 海・海岸  

葉山町は「手動式生ごみ処理機モニター」及び「分別体験モニター」を募集

葉山町ホームページより

葉山町は、「平成26年までにごみ半減」をゼロ・ウェイスト計画の第1期目標として掲げ、現在その施策を検討しています。その参考とさせていただくために、次の2種類のモニターを募集します。みなさまのご応募をお待ちしております。 (7月13日締切り)

1 分別体験モニター募集(PDF 17KB)

2 手動式生ごみ処理機モニター募集(PDF 126KB)

* 同時応募も可能です。
問い合せ 環境課(内線451)
[PR]

by shiritaikai | 2009-07-07 09:00 | ごみ処理広域化  

7月1日、葉山町議会基本条例が制定されました

葉山町議会基本条例が、平成21年6月29日 議決され、平成21年7月1日 公布されました。
この条例は、平成21年10月1日から施行されます。

葉山町議会基本条例
[PR]

by shiritaikai | 2009-07-07 08:57 | 議会関係