<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

5月26日の出来事、ポスター『真名瀬漁港に弱者に優しい散歩道があったらいいね』

2ヶ月以上前から森戸デニーズ前の塀や中村常光町議の看板に貼られている『真名瀬漁港に弱者に優しい散歩道があったらいいね』の色違いの2種類のポスター。
議員看板に認証のないポスターが目的外使用で貼られていたり、他人が悪戯で貼っていたら違法行為ではないかと思い、26日の夕方、中村常光町議にお電話で聞いてみました。

私:「中村さんの看板にポスターが貼られているのですが、中村さんが貼られたのですか?」
中村町議:「戸田さんが作ったんだけど、貼るとこ無いって言うから、うちの看板に私が貼ってあげたんだよ。自分のとこに、自分で貼ったんだから何の問題も無いと思うけど、ところでアンタは誰?」

と、聞かれたので、名前を名乗ると即座に

中村町議:「あんたは反対者なんだから、あんたとは何にも話せないよ。それじゃぁね。」

と、「ちょっと待ってください。」という私の声にも耳を貸してもらえず、一方的に切られてしまいました。

漁港である真名瀬に何故こだわるのか、ワカメ干し場やひじきの作業場所などをつぶしてまで散歩道(遊歩道?)をつくる意義があるのか、森戸海岸や一色海岸では何故だめなのか、きちんとお聞きしたいのに、口も聞いてもらえませんでした。
40年近い議員生活を送られ、一番経験豊富な方で、光徳寺の役員もなさっているとお聞きしています。
葉山の住民の代表である町議員の方に、このような態度をとられた時はどうしたらよいのでしょうか?
対話も何もできずに困ってしまいます。
ちなみに中村常光議員の看板は、全部で8箇所にあるそうです。

参考までに 葉山町議会議員名簿より

中村常光(なかむら つねみつ) 無所属 尚政会 当選回数 9回
(メールアドレス や ホームページなどは無いようです。)
*尚政会 は自由民主党系列の会で、他には伊東 圭介、 佐野 司郎 、鈴木 知一、笠原俊一,
加藤 清 氏(加藤氏のみ自由民主党員)らが所属しています。
 2000年に起きた飯島事件の後に、中村氏はこの尚政会を出て、最近また戻られたようです。
*中村氏は飯島事件のときは、確か議会議長を務めておられたと聞いています。

b0110633_8414078.jpg
b0110633_8415090.jpg
b0110633_84218.jpg

[PR]

by shiritaikai | 2009-05-28 08:42 | その他  

ゼロ・ウェイストを考える会 地区別開催されています

平成20年度のごみ量の報告、焼却炉の現状、平成21年度のゼロ・ウェイスト関連の事業予定などについて、下記日程で地区別の説明会が開催されています。
29と30日まだ間に合うので、是非聞きに行きましょう。

問合せ 環境課(内線451)

◇教育総合センター・・・ 5月22日(金)10時 終了
◇一色小新館   ・・・ 5月23日(土)10時 終了
◇葉桜会館    ・・・ 5月23日(土)13時 終了
◇上山口会館   ・・・ 5月29日(金)10時
◇下山口会館   ・・・ 5月29日(金)14時
◇木古庭会館   ・・・ 5月30日(土)10時
◇堀内会館    ・・・ 5月30日(土)13時
※事前の申込みは必要ありません。
※車でのご来場はご遠慮ください。
※会場が葬儀等で使用できない場合は、延期とします。

ごみゼロ・ウェイスト

葉山には心強い助っ人、松岡夏子さんも来てくれました。
ごみ問題はこれから日本にとって、生き方を問われる問題です。
勉強し、そして選択する義務と責任があると思います。
日経ビジネスオンライン記事「あなたの捨てたゴミは、本当に“捨てられて”いるか?」
[PR]

by shiritaikai | 2009-05-27 08:54 | ごみ処理広域化  

◇葉山ごみフォーラム、23日 10時から

一ヶ月ぐらい前に家にポスティングされていた「ごみ問題から葉山を救う会」の豪華なチラシに予告 葉山ごみフォーラム開催 5月23日10時から 葉山福祉文化会館 大会議室とありました。
サイトを見ると23日は、国立環境研究所 循環型廃棄物センター 資源化・処理処分技術室長 川上克也氏が講演に来られるようです。役場の人のようにとても詳しいデーターも掲載されています。
どこの誰がこの文章を文責を持って書かれいるのか、主催しているのでしょうか?
文体をみるかぎりでは、女性が書いておられるように思えますが…。

私は当ブログで『私たちは』という使い方をよくするのですが、このサイトの方も同じような言い回しや『私たちは』と使われています。でも、どこにも個人名がないので、落ち着かないというか何だか変な感じがしました。活動資金も募っているのですから責任者、代表者名があればもっと安心して読めるのにと思いました。
(ちなみに、私が「知りたいかい葉山」で述べる『私たち』は、基本的には私、稲垣智子と連れ合いのことです。活動資金も募るほど大変なら、もっと経費のかからないチラシにしないと説得力が無いかも…)
*追記*私はこのページを22日の午前中掲載したのですが、午後には
『ごみ問題から葉山を救う会 代表 岩﨑正巳 FAX 050-3488-4911』という明記がありました。失礼しました。


23日の講演にとても興味はあるのですが、どんな方が主催しているのか不安だったので、21日の夕方、川上克也先生のところにお電話してどなたの依頼でどんなお話をなさるのか聞いてみました。川上先生は、つくばの研究所にIさんという男性と元町議の女性が講演依頼にみえました、とおっしゃっていました。講演は技術的なお話が中心だそうです。
いろいろな角度からの情報を得て、私たちにまず何ができるのかをよく学んだ上で、環境に負荷のかからない無駄なお金がかからない方法を選択したいものです。
23日の講演、是非聞きに行ってみましょう。
[PR]

by shiritaikai | 2009-05-22 09:09 | ごみ処理広域化  

安全で快適な葉山海水浴場の確保に関する条例(案)に対する意見募集中!!

現在、葉山町で安全で快適な葉山海水浴場の確保に関する条例(案)に対するパブリックコメント(意見募集)が実施されています。
平成21年55月7日(木)から募集され、5月20日が締め切りです。

私がまず改善してほしいと思うのは、このパブリックコメント(意見募集)のあり方です。
意見募集実施前に、「○月○日からパブコメをやりますよ」という事前告知をして、住民への告知を充分行き渡らせてから実施するという条例をまずつくってほしいと思っています。
「役場は最大のサービス業だ」と、いつもおっしゃっておられる森町長の想いを示される良い機会ではないでしょうか。今までと同じではなく、良い前例をどんどんつくっていただきたいと思います。

この夏から海水浴場の期間が11日、短縮されました。町にお金がなく、ライフセーバーへの費用も節約しなくては、ということらしいです。森戸海岸の灯籠流しは突然中止だそうです。

そして海の家の営業は逗子にならって夜9時まで、という案が森町長からは出ているそうです。もし、逗子にならうなら日本で一番海開きが早いのが逗子なのですから、何だか変なバランス具合です。
また、逗子の海の家は大手企業やテレビ局などとタイアップしたりしているところもありますが、葉山の海の家は基本的に地元営業の手作りがほとんどだと思います。この辺が基本的に違います。

海の家のライブ営業は、夜間騒音問題につながるから営業時間をくりあげてほしいという強い意見もあるようです。一部の住民や町議員の方も「海の家は本来、海水浴客のものだから日没後は必要ない」言い切るひともおられます。でも「夏の海や海の家は海水浴客のもの」なのでしょうか??

逗子海岸にある海の家ライブハウス「CLUBEACH HOUSE KANNON」からは「キマグレン」というNHK紅白歌合戦にも出演するような音楽グループも生まれています。良いか悪いかは別として、こういう大衆文化が育まれていくひとつの土台がこういうところにも存在しています。


葉山の夏の夜は昔の方がすごかった、というお年寄りからのお話も聞いたことがあります。
これからの海のあり方を考える良い機会です。
日没後、波の音を聞き、月を見ながら音楽も楽しみたいと思う人は、その想いを伝え、海の家のあり方を真剣に考えてみてください。
是非、20日までに意見を産業振興課まで出しましょう。
[PR]

by shiritaikai | 2009-05-17 11:22 | 海・海岸  

5月1日、葉山町・産業振興課&コンサルの方たちと県庁へ

5月1日、産業振興課の方たちと県の水産課へ伺いました。
真名瀬漁村再生計画の責任者とも言える水産課米山課長始め、漁港班の担当の方たち県庁サイドは4名、葉山町は産業振興課の鈴木課長ら3名とコンサル会社「株式会社センク21」のご担当者1名。
真名瀬漁港施設整備検討委員会からは、漁業者を含め6名が同席してお話しを聞かせていただきました。
この日は、産業振興課からの資料をもとに「株式会社センク21」のご担当者が作成した第1次計画変更案(この言い方が正しいかどうかは分かりませんが・・・)を読み上げ、説明がなされました。
「株式会社センク21」の担当の方は、今後現場視察と漁業者とのヒアリングをおこなっていくと言われていました。
県の水産課の方々は、まだ仮ではありますが、代替案をきちんと受け止めアドバイスしてくださったように感じました。
真名瀬海岸の遊歩道に替わる事業案の認可申請のための県とのヒアリングは、5月13日(水)に行われます。
b0110633_9335293.jpg
b0110633_934273.jpg

           人数が多かったためか、隣のビルの会議室で行われました
[PR]

by shiritaikai | 2009-05-08 09:34 | 海・海岸