<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

1月28日、水産庁(国)と水産課(県)の方が来てくださいました。

*今回の内容については、原稿をチェックしていただいてはいませんが、水産庁・中泉氏に「真実であればブログ掲載は構わない」という確認を取らせていただいたうえで掲載しています。相違点があれば訂正させていただきたい旨もお伝えしてあります。

 1月28日、水産庁漁港漁場整備部防災漁村課水産施設災害対策室長の中泉氏、県の水産課の崎川氏ら4名の方が森町長に会いに来てくださいました。

 私がこの2年間ずっと考え続けているのは、
「何かが必要だからこの計画は立てられた、それは何か?」
「真名瀬漁港に本当に必要なものは何か?」
です。
そして真名瀬漁港再生計画の成立したプロセスの中に、2007年末に議会では否定されましたが、葉山を混乱に招いた前町長・守屋大光氏、前副町長・鈴木勘之氏の責任が問われているような気がするからです。長が変われば良い、と言う人もいますが、私はこのことにきちんと向き合わなくては、本当の意味で新しい葉山として進めないような気がしています。なぜなら、町政の混乱が、現場でお仕事をなさっている職員の方たちにかかってしまうように感じるからです。
 真名瀬に関して言えば、計画変更、内容変更にかかる混乱の責任は現町長の森英二氏にあるかもしれませんが、本当の混乱のもとは前町長・前副町長、このお二人ではないかと思うのです。真名瀬の問題だけでなく、ごみ広域化の件でも住民に(議員にも)、きちんとした説明をせずに覚書を交わしてしまった問題も同じだと思います。でも、町議員の方たちの多くは前町長・副町長の責任追及を否定なさいました。前町長はいまだ森戸神社の神官であり、昨年には葉山警察官友の会会長にも就任なさっています。
参考までに過去の当ブログ
他のブログ「葉山町インサイダー・特報。守屋・前葉山町長への告発、地検正式に受理」 
「葉山町インサイダー・葉山町借金 6年後に200億円。10年後280億に膨らむ  お金の話③」 
「おもしろ葉山」 
「もうひとつの葉山町ブログ」
http://ameblo.jp/hayamamachi/   などをご覧ください。

議会や総務建設常任委員会でも一部の町議員の方々や行政の方も、誰に確認しておっしゃっているのかわかりませんが、
「真名瀬漁村再生計画の遊歩道は絶対計画変更はできない」とか
「遊歩道をつくらないと調査費を返さなくてはいけない」とか
「もう議会を通っている遊歩道を何で今さら見直さなくてはいけないのか?」
平然と言われています。

そして森町長も、1月8日の第1回真名瀬漁港施設整備検討委員会においての発言は、ご自分の中ではもうイメージができていて、調査費を無駄にしないため、計画変更せずに「遊歩道の代わりには何をやるか?」という観点からお考えになっているように感じました。(これはあくまでも私個人の印象です)
検討委員会の席上で、私の「行政における現状の説明がないと話し合いにならないと思うが何故、担当課(産業振興課)が出席しないのか?」の問いには、森町長ははっきりと「それには答えられません!」と言われました。
行政側からの現状説明も、充分な資料提示もありません。このような状態では委員間の信頼関係を築けても、森町長との間では信頼関係を築けるのか、私には自信がありません。話し合った結果を県に提示し、物事を進めていくのは誰なのでしょうか・・・?
担当の産業振興課ではなく、まさかコンサル会社、直(ちょく)で、ということなのでしょうか???そんなことはありえないので、結果として産業振興課が県に書類を提出しない限り、やはり物事は進みません。ですから担当課として産業振興課の方には出席していただかなくてはいけないと思うのです。

2月末までに「遊歩道の代わりに何をやりたいか」というある程度の方向性を決めないといけません。6月の補正予算までというのでは遅すぎるのです。何とか早く、「計画変更はできない」とか「遊歩道をつくらないとお金を返さなくてはいけない」という誤解を解いてもらって、検討委員会が正しく機能できるようにするために、国(水産庁)の方に正しい情報をお話しいただくのが一番良いと思いました。

そこで13日、水産庁の真名瀬漁村再生備事業担当なさっている 漁港漁場整備部防災漁村課水産施設災害対策室長の中泉氏をはじめ数人の方にお会いしました。
中泉氏も、葉山のこの状況は今までに例のない珍しい状況、とおっしゃっていました。
中泉氏は「計画変更の例はいくらでもあるし、お金を返還しなくてはいけないとか、調査費を無駄にしてしまう、とかいうお金の問題よりも、まず、第一は何をしたいか、何が必要かを明確にすることです。」と言われました。

そして28日、この異例な状況下にある葉山のことは以前から気にかけてもいただいていたようで、県の方と一緒に葉山に来てくださいました。
寒い中、お帰りになる前に鈴木課長の案内で、真名瀬漁港も見に来てくださいました。老朽化の目立つ船揚場や防波堤延伸20メートルのところ、森戸神社の階段を下りた休憩所ができる予定だったあたりの場所です。

異例の事かもしれませんが、みんなの税金が有効に使われるよう、無駄にならないよう、今後も是非見守っていただきたいと思いました。
町、県、国、伝言ゲームのように見解、理解の仕方が少しずつずれるととても大きな違いが生じてしまいます。
どうかそのようなことにならないためにも、どうかよろしくお願いします。

b0110633_9493497.jpg
老朽化した船揚場。
「修繕してほしい」と漁業者が言ったら、
「お金が無いから組合費で直しなさい」と都市経済部の高梨部長がおっしゃったところ

b0110633_9502177.jpg
真名瀬漁港が見渡せる物揚場

b0110633_951412.jpg
本来なら1年前に休憩所となっていたはずのワカメ干し場
葉山にはちゃんとした干し場がないのが問題にもなっている

b0110633_9521353.jpg
お金がないというのに、最近新しくなった手摺。
昨年の議会では鈴木課長が撤去する、と言われていたと記憶しているのだが・・・。
目の前に浮かぶボートは真名瀬に住む前副町長だった漁組の準組合員、鈴木勘之氏のもの。
漁業者は誰も使わず、危ないから撤去すると言っていたこの小さな桟橋の存在は何のため?
その先に見える数戸しかない大きな白いマンションは、前町長・守屋大光氏が神官を務める森戸神社敷地内に建つ、鹿島建設のもの。ここには政治家・石原伸晃氏も部屋を持つ
当ブログ過去ログ参照

[PR]

by shiritaikai | 2009-01-29 09:54 | 海・海岸  

真名瀬漁港整備検討委員一同より 要望書を提出しました

1月8日に第1回真名瀬漁港整備検討会が行われました。
参加した委員のメンバーはそれぞれが真剣に向き合おうと参加しているのに、行政サイドは森町長ひとりで、その目的、位置付け、日程すべて不透明なままでした。
(過去ブログ参照)
1月22日、第2回目が1月31(土)18時〜20時 役場3階議会協議会室1で行われるお知らせが届きました。2回目開催まできちんと回答をいただけるよう、委員一同より森町長へ要望書を23日に提出しました。
考え方や立場は違いますが、この件に関して委員全員は同じ想いでした。

下記はその要望書です。(クリックすると大きくなります)
b0110633_1032767.jpg
b0110633_10321729.jpg

[PR]

by shiritaikai | 2009-01-26 10:32 | 海・海岸  

1月26日(月)総務建設常任委員会 傍聴に行きましょう!

総務建設常任委員会が1月26日(月)10:00 から行われます。
真名瀬に関することでは、
◎陳情第20-22号 『真名瀬漁港再整備事業全般の施設検討委員会公募及び設置』お願いの陳情
過去ログ参照
◎陳情第20-25号 真名瀬漁港再整備事業計画にある遊歩道の建設推進に関する陳情(下記に掲載)が話し合われます。
b0110633_9354819.jpg


葉山町議会議員の中でも一番経験豊富で、9期目35年間も町議員をなさっている中村常光氏が、「遊歩道をつくる署名をしてほしい」と熱心に署名集めをなさっていることは、漁業関係者を始め何人かの方からお聞きしていました。

「この狭い真名瀬の浜に、貴重な砂浜になぜ遊歩道が必要なのかしら?」と『真名瀬漁港再整備計画』に疑問を持ってからいろんなことを知り始めてまだ2年足らずではありますが、いろいろな書類を見たり、漁業関係者を含む多くの関係者の方からいきさつを聞きました。私にとっては、この事業の内容というより、工事内容の優先順位が誰のために、何の理由で決められたのか、不思議なことばかりです。
そして工期が平成17年〜22年のこの交付金事業は、この2月末までに計画内容の見直しの大筋を県、国に提案しなくては間に合わなくなります。しかし、森英二氏が町長になって1年も経つのに、真っ先につくる、と言っていた真名瀬検討委員会すら、まだまともにつくられてはいません。
何か大きな力が、計算された杜撰さを仕組み、時間切れを狙っているのでしょうか? この1年間を通してこのことを、今強く感じています。

*参考までに委員会の内容は

●付託案件(「請願第20- 3号所得税法56条廃止の意見書を国に上げることについての請願」、「陳情第20-22号『真名瀬漁港再整備事業全般の施設検討委員会公募及び設置』お願 いの陳情」、「陳情第20-25号真名瀬漁港再整備事業計画にある遊歩道の建設推進に関する陳情書」、「陳情第20-36号横須賀市及び三浦市の損害賠償 請求にかかる町費の支出を承認しないよう求める陳情書」、「陳情第20-37号町職員の給与削減を進言することを求める陳情」)

●所管事項調査(「葉山港における死亡事故について」、「葉山港の指定管理者制度について」、「前副町長の海浜占用問題について」、「長者ヶ崎の町有地について」)

《常任委員会・特別委員会審議日程・提出議案等》参照

昨年11月末、新聞折込されている「葉山町議会だより」(NO.94 平成20年11月25日発行)、第3回(9月)定例会の一般質問で中村常光議員の発言をまとめた15ページに「葉山の浜に遊歩道を」と真名瀬の写真が掲載してありました。
議会事務局の方にお聞きしたところ、写真やカットは、基本的に自分の発言に合った写真や、カットを自分で用意するものだそうです。
真名瀬の漁業関係者からは「遊歩道がほしい」という声は聞こえてこないのですが、中村常光議員は真名瀬の漁業関係者の方たちとは充分な対話はなさった上でのことでしょうか? 中村常光議員には長年の経験を生かし、本当に必要なことに大事な税金が使われるよう、是非頑張っていただきたいと思いました。

議会の広報誌「葉山のぎかい」15ページ(PDFです)

b0110633_934468.jpg

[PR]

by shiritaikai | 2009-01-22 09:36 | 議会関係  

平成15年に葉山町が出した報告書

私は以前より、何人もの町議員の方たちから「行政のチェックが町議員の仕事である」と直接お聞きしました。
先日の7日と8日、『真名瀬漁港施設整備検討委員会』の件で、総務建設常任委員会の委員長である待寺真司町議や何人かの議員の方と電話でお話ししました。
8日の夜に『真名瀬漁港施設整備検討委員会』が開催されるということすら、ご存じない方がほとんどのようでした。(みなさん、興味すらないのかしら?と悲しくなるぐらいでした・・・。)

私:「昨年の総務建設常任委員会で『真名瀬漁港検討委員会の委員も募集しているし、今後をきちんと見守っていきましょう』と言われていたのに、議員の方々というより、総務建設常任委員会として、行政に対してもっと積極的に今後の流れを確認したり、チェックしたりなさらないのですか? 私たち一般人からすると、産業振興課から出ようと、森町長から出ようと、行政から出ている、ということには変わりないのですから・・・。」

待寺議員(総務建設常任委員長):「行政のチェックが町議員の仕事と言われても、行政が出したものならチェックできますが、そうでないものはチェックできないということは理解してください。」と言われました。

陳情審議・処理が町議員のメインの仕事でないと思われないためにも、議員の方々にはもっと積極的に動いていただきたいと思いました。

町議員の方々は「平成15年度 真名瀬漁港区域再整備調査業務委託 報告書」(平成16年3月の日付で 葉山町/ 財団法人 漁港漁場漁村技術研究所から出されたもの)を、総務建設常任委員会に出席するにあたりきちんと目を通されているのでしょうか?  「真名瀬漁港再整備事業」の基になる葉山町が出した何百ページにも及ぶ分厚い調査書です。翌年にも出されていて、2冊で約1千万円の報告書です。
少なくとも共産党の近藤議員は熟読されていることと思います。
なぜならこれを大変なおもいをしてコピーなさり、「真名瀬漁港再整備計画の問題点について」を調査されたからです。でも残念なことに、2007年11月に発表されたまま、その後の調査は行われていないそうです。
「真名瀬漁港再整備計画の問題点について」
葉山町真名瀬漁港再整備計画の問題(PDF)

この11ページには、すでに平成15年の時点で、漁業協同組合の要望として
第1番に「船揚場が老朽化しているので改修してほしい」と記載されています。
(下記調査報告書参照)
これは「葉山町」から出している書類です。現在までこじれて問題になっている真名瀬問題を審議するにあたって、この書類に目を通したことのない総務建設常任委員の町議員の方がおられるとは思いたくないですが・・・・。
他人の粗探しをする時間があったら、まず物事の成り立ち、目的に目を向けるべきではないでしょうか。国の交付金事業なんて葉山でもめずらしい事なのに、「真名瀬漁村再生計画」の予算をあっさり認めた責任は町議員の方々にもあるのではないですか?

b0110633_97198.jpg

(クリックすると大きくなります)
b0110633_972875.jpg

[PR]

by shiritaikai | 2009-01-13 09:08 | 海・海岸  

1月8日、第1回真名瀬漁港検討委員会

 1月8日、『真名瀬の遊歩道は中止、計画も見直す』と言っていた森町長に変わってから1年、やっと遅すぎる真名瀬漁港検討委員会が開かれました。
傍聴は可能で、町議の畑中氏と阿部氏を含め3名の傍聴人がいました。
私は、まだこの委員会の状況が理解できないので詳細をお知らせするのは後日にさせていただきたいと思います。何はともあれ、検討委員会の委員長が森町長である、とご自分で決めていることや、事務局がないなど、おかしいことではないかと思いました。
私は「漁村再生」なのだから本来の目的に沿った事業見直しができれば良いと思っています。

 「真名瀬漁村再生計画」自体がこのようなことになったのは、日ごろ漁業関係者の方々が、行政に関わる時間をとりにくいという状況からも考えられます。
そういう状態を漁業組合と行政、今回の場合は葉山町の産業振興課ですが、今までそのつながりがどのような状況だったのか、議員の方々もお分かりのようにおおいに疑問が残るところです。

 私がブログに真実や公式な情報を掲載すると、県や国の関係者の方?が見ていて、すぐに町の産業振興課に連絡がくるらしいです。どんな連絡なのか、どうしてなのかは私にはわかりませんが・・・。また、それがまずいことなのかどうかも・・・。
 
 参考までに他のブログをご覧いただきたいと思いますが、その前にそれらに対する訂正ときちんとお伝えしたいことがあります。
 一般人が、1月8日金曜日の夜7時から2時間強の時間を役場で持つと言うことの大変さです。
今回3名の方が仕事で出席できませんでしたが、おそらく今までになく委員になった方々の平均年齢は比較的に若く、色々な職業と真剣な想いを持った方が集まったと思います。
漁師さんたちは生活時間帯も一般とは違うので、夜中2,3時に起きて仕事をする方もいらっしゃいます。ですからこの委員会に出席なさった5名の漁業関係者の方々始め、東京の会社を早退した方、仕事を休んだ方、みんなそれぞれが貴重な時間をやりくりして集まりました。 行政サイドや森町長の思惑がどうあれ、他のブログで、他人の報告を一部聞いただけで、参加している一般人を茶化すような言い回しはやめていただきたいと思います。
 
 言葉には「言霊(ことだま)」があります。             自分が見たり聞いたり、確認していないのに、外部へ文章として書く時は充分に注意していただきたいと思います。そして自分から出た言葉には、最後まで責任を持てるようお願いしたいと思います。

「葉山町インサイダー」

「おもしろ葉山」

おもしろ葉山の一部をここに掲載します。

森氏個人の私的諮問委員会なのか、町長の私的諮問委員会なのかはっきりしない。
前者であるならなにも言う事はないが公費の使用は止めていただきたい。
後者であるなら行政部門をいれて以下の三点を明確にし、公開委員会として運営すべきではないか。(当ブログで何度も警鐘してきたが・・・・)

1 行政部門を参加させるべき
2 委員会は、目的、範囲(委員会活動の)、期間 の三つの要素を明確にすること。
  今回の委員会発足に向けて言えば、
  目的:交付金事業の漁港環境施設のメニューの中から遊歩道代替案
  範囲:交付金要領・要綱の範囲内(交付金一部返還も視野)
  期間:2月末(調査・基本設計を町が実施し、事業計画変更案を6月末に出す為には)
3 委員会目的、範囲を超える意見については、行政として別途検討を考慮すること。

[PR]

by shiritaikai | 2009-01-10 08:55 | 海・海岸  

マザーテレサ

12月25日、逗子文化プラザホールでマザーテレサのドキュメンタリー映画を2本見ました。
マザーの葬儀(インドで国葬)には各国の代表、各宗教の代表が一同に会し、弔辞を述べていました。
中には国同士は争っている人たちも参加しています。言葉や宗教も違いますが、でもこの場ではみんな同じ気持ちでマザーの死を悼み、その素晴らしさを称えていました。世界はひとつの気持ちで、同じ場所に存在していたのでした。
世界はひとつになれる可能性がある、葉山もみんなの心がひとつになれる可能性を秘めている、と感じました。

以前にもご紹介しましたが、ここに再度マザーの言葉を紹介します。

〜あなたの中の最良のものを〜

人は不合理、非論理、利己的です
気にすることなく、人を愛しなさい

あなたが善を行うと、
利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう
気にすることなく、善を行いなさい

目的を達しようとするとき、
邪魔立てする人に出会うでしょう
気にすることなく、やり遂げなさい

善い行いをしても、
おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、し続けなさい

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく、正直で誠実であり続けなさい

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう
気にすることなく、作り続けなさい

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
気にすることなく、助け続けなさい

あなたの中の最良のものを、この世界に与えなさい
たとえそれが十分でなくても
気にすることなく、最良のものをこの世界に与え続けなさい

最後に振り返ると、あなたにもわかるはず、
結局は、全てあなたと内なる神との間のことなのです。
あなたと他の人の間のことであったことは一度もなかったのです。

〜 マザー・テレサ

People are often unreasonable, illogical, and self-centered;
Forgive them anyway.
If you are kind, People may Accuse you of Selfish, Ulterior motives;
Be kind anyway.
If you are successful, you will win some false friends and some true
enemies;
Succeed anyway.
If you are honest and frank, people may cheat you;
Be Honest and Frank anyway.
What you spend years building, someone could destroy overnight;
Build anyway.
If you find serenity and happiness, they may be jealous;
Be happy anyway.
The good you do today, people will often forget tomorrow;
Do good anyway.
Give the world the best you have,
and it may never be enough;
Give the world the best you've got anyway.
You see, in the final analysis,
it is between you and God;
It was never between you and them anyway.

Mother Theresa
b0110633_924677.jpg
b0110633_9241626.jpg

[PR]

by shiritaikai | 2009-01-02 09:24 | その他