<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

「真名瀬漁港の環境施設に関する素案」説明会(1)

森町長の素案は「里海構想」?
 
11月22日10時から11時30分まで、福祉文化会館・大会議室で葉山町長 森英二の名で「真名瀬漁港の環境施設に関する素案」の説明会が開催されました。
町長素案は、簡単に言えば460メートルの遊歩道をつくる代わりに、真名瀬の浜460メートルに「養浜」(砂をいれて砂浜を広くする)を行い、そして森戸デニーズ横の海岸に降りる階段(魚佐の先)に「車椅子利用者のためのスロープ設置」 をする、というものでした。
出された資料は、460mの遊歩道計画の海浜図、この事業の交付金要領で言う「環境施設」の簡単なメニュー一覧と、それに北下浦漁港海岸侵食対策事業(横須賀市港湾企画課)と横須賀海岸秋谷地区海岸侵食対策事業(横須賀土木事務所河川砂防課)の例でした。

この日参加していた一人の漁師さんが、
「昨年秋に入れた砂も、数日後の台風のときに全部持っていかれたし、真名瀬に砂を入れても、いずれ持っていかれて、岩場に溜まって、ワカメや海草の生えてるところにかぶさって駄目になって、困る人も出てくると思いますよ。」と言われました。

今年の1月20日、町長森英二氏は遊歩道を反対・中止にする、と公約に掲げて、4回目の挑戦にして初めて当選しました。身近で応援してくれた真名瀬の漁師さんたちもいるのに、どうして状況を聞かないのか、組合長や真名瀬の漁師さんたちと一緒に漁港全体の視察をしないのか、森戸デニーズの前を見ただけで全部わかったような気になっているのが不思議です。
町長になってから3ヶ月を語る、というタウンミーティング会場やそれ以外の公の場でも大勢の住民の前で、真名瀬の漁師さんのつくった貴重な「はばのり」を天皇陛下に葉山のお土産として献上した、と、何度も自慢げにお話しをなさっていらしたのに、いったい何故かしら??? 私には理解不能です。

ところで今年7月19日に開催した知りたいかい葉山 第5回勉強会「相模湾におけるなぎさづくり 〜山・川・海の連続性をとらえたなぎさづくり〜 」の講師として休日にわざわざ来てくださった県土整備部砂防海岸課なぎさづくり班の村上義隆氏に、講演終了後に真名瀬を見ていただきました。
過去ログ 参照
村上氏も「真名瀬の浜のことは、葉山町から相談してもらえればいろいろと協力できると思います。それが仕事ですから・・・」と言ってくださいました。

葉山町長 森英二さま
遊歩道をつくらないからといって何だかんだ理由をつけて、漁業者にとってマイナスになるよう種苗放流をとめるような意地悪(?)をする県の水産課だけでなく、まず7月に現場も見てくださった県のなぎさづくりのエキスパートの方たちにも相談して、森町長の素案が「粗案」にならないように、貴重な「なぎさと里海の漁港」にしていただきたいと思います。
どうかよろしくおねがいします。


■里海参考資料
里海って何?
里海の創生に向けて(PDFです)

b0110633_1111489.jpg
産業振興課の担当者は全員欠席の説明会

[PR]

by shiritaikai | 2008-11-25 11:27 | 海・海岸  

「真名瀬漁港の環境施設に関する素案」説明会(2)

担当者はなぜ誰もいないの?

この会場には50名ぐらいの参加者がいたのですが、不思議なことに産業振興課の担当者がひとりもいませんでした。その上の責任者である、都市経済部の高梨部長も同席されていませんでした。
現場の仕切りは町民サービス課の方たち3〜4人だけ、と思ったのですが・・・・。気がつかなかったのですが、ひょっとすると産業振興課内に今年から森町長が設けられた『地産地消』担当の方がいらしたのかもしれません。でも担当課が誰もいない!と言われたときに、何もおっしゃらなかったので気づきませんでした。失礼しました。

参加者の
「何でこの場に担当課が一人も来ていないのか?担当課がここにいれば、今回の質問にもこの場ですぐ解決できるものもあると思うのだが・・・」
という質問に森町長は
「前からこの日は都合が悪いと言っていて、なるべく出るようにと言ってはいたのですが・・・」
とおっしゃってました。
1ヶ月以上も前から決まっていて、しかも担当者4人とも全員出席できずというのは、どういう状況なのでしょうか? 
森町長が部下の予定を最優先してあげるほどお優しいのか、それとも別に理由があったのか、
産業振興課が今まで漁業組合をなめていたように、森町長も住民もなめられたのでしょうか?
[PR]

by shiritaikai | 2008-11-25 11:26 | 海・海岸  

「真名瀬漁港の環境施設に関する素案」説明会(3)

検討委員会公募への問い合わせ



真名瀬漁港検討委員会委員募集

真名瀬漁港の環境施設について町民の皆さんのご意見を伺うため、真名瀬漁港検
討委員会委員を募集します。

対象 町内在住の20歳以上の人
募集人員 10人以内
申込み 「真名瀬漁港の環境施設のあり方について」をテーマに1200字程度
にまとめ、住所・氏名・年齢・職業を明記して郵送してください。
※応募いただいた意見をもとに選考します。
締切 12月5日(金)(消印有効)
問合せ 検討委員会事務局 内線311




私は11月6日に、葉山町役場内の検討委員会事務局に問い合わせの電話をしました。内線311は総務課だそうですが、質問があると電話は産業振興課に回されます。(どうして、こんなまどろっこしいことをするのでしょう?)このときは高梨係長がお出になりました。

私:「真名瀬漁港の環境施設というだけでは理解できないし、せめてホームページへの資料掲載か真名瀬地区などで説明会を開催し、町長の22日の素案を聞いてからの作文では期間が短すぎませんか?」とお聞きしました。
高梨係長:「すべて町長の指示でやっていることですから、私たちには何もわかりません。資料をこれ以上出す、とか説明会など今のところまったく指示されていませんのでやるつもりはないです。」といわれたので
私:「森町長にすぐにでも環境施設とは、という資料を役場のホームページへ掲載をしてほしい、ということと、漁師さんが来やすいように平日、真名瀬会館などでの説明会開催を検討してほしい、それにあわせて公募期間を延長してほしい、とう要望を森町長に伝えてください。」と申し上げました。

22日、これらのことが高梨係長から伝わっているのかどうか森町長に質問しました。
森町長は「私は聞いておりません」と説明会の会場、みなさんの前ではっきりおっしゃいました。
私の知人たちが同じように電話で言っていたことも、何も伝えられてはいませんでした。
こんな状態でまともな行政が行えるのか、本当に不安になってしまいます。
民間企業では考えられない状態です。これでは「ほうれんそう」がまったくできていません。
「報告・連絡・相談」はなんといっても基本ですから・・・。
社員教育のワークショップもしたことがあるとおっしゃっていた森町長、是非役場職員を教育して公約にも掲げていた「役場は最大のサービス業」を実践していただきたいと思いました。
[PR]

by shiritaikai | 2008-11-25 11:25 | 海・海岸  

「真名瀬漁港の環境施設に関する素案」説明会(4)

今回の説明会では参加者で質問なさった方たちは、いろいろな立場の方がいてとても面白かったです。
お仕事で国の交付金事業に詳しい方、真名瀬に不法にボートを置いていた方たち、芝崎の高波対策を以前から行政に陳情していた方たち・・・。葉山ではまだまだ意識の高いいろいろな人が登場してくるんだな、と感じました。

この質問内容などに関しては、後日改めて紹介したいと思います・
[PR]

by shiritaikai | 2008-11-25 11:19 | 海・海岸  

11月28日総務建設常任委員会が13時から開催されます。

10月15日に真名瀬漁港整備に関する陳情書が漁業組合から、それを支援する陳情書が真名瀬海岸を考える会から194名の葉山住民の署名とともに議会に提出されました。

陳情詳細は下記をごらんください。
http://skhayama.exblog.jp/9721086/
http://skhayama.exblog.jp/9727850/

11月28日はその陳情について委員会で話し合われます。
町議員の方が遊歩道についてどのようにお考えなのか、産業振興課の方たち、都市経済部長がどのような態度で発言なさるかよくわかるいい機会です。
是非ご自分の目で現実を確認してみてください。
役場の3階です。是非傍聴に行きましょう。
[PR]

by shiritaikai | 2008-11-25 11:10 | 議会関係  

真名瀬の不思議

◎真名瀬海岸の不法占有地

11月10日から、葉山町元副町長の真名瀬海岸の不法占有地の取り壊しがやっと始まりました。昨年在籍中から議会で違法行為を認めながらも、ずっと粘って壊さなかったコンクリートの土台を壊し始めたのです。

参考までに「葉山町インサイダー」をご覧ください。

 
b0110633_9373598.jpg
2年近くも違法性を指摘されていた葉山町元副町長の真名瀬海岸の不法占有地

b0110633_9383759.jpg
やっと壊し始めた土台


◎真名瀬の遊歩道

この場所は不思議なところです。漁港の規模も小さく、海岸も狭く、砂浜もあまりありません。
満ち潮のときはほとんど砂浜を歩けないぐらいになります。
でもここに遊歩道をつくる計画がまだ存在しています。
現に、町議員の中村常光氏をはじめ何人かの町議員の方が現在でも真名瀬に海岸遊歩道をつくろう、という陳情の署名を集めて回っていらっしゃるようです。中村氏からは、私が7月にお出しした公開質問状にいまだご回答をいただけませんが、真名瀬にいかに遊歩道が必要か、漁村再生におけるその必要性を記入して返信くだされば、多くの人たちにそのご意見を知らせることができるのに本当に残念です。せっかく返信用の封筒に切手まで貼って同封しているのに、このまま返信いただけないとそれすらも無駄になってしまいます。

b0110633_9405171.jpg
貴重な砂浜をなくさないでほしいと思います。生態系が変わってしまいます。


◎不法ボート

10月に「10月31日以降、漁業者以外のボートは置けません」という看板が真名瀬に立てられました。この看板は写真のようにとてもしっかりした、大きなものです。
前述の不法占有地のコンクリートの土台のすぐそばにある漁師さんの漁具倉庫のまん前に、なぜか海に向かって立てられています。
そしてあとのふたつはそのすぐ横に不法占有地のコンクリートの土台に向かって、囲むように立てられています。
なぜこんなに近くに不思議な向きで立てられているのか???
看板を立てた産業振興課は、今まで議会で「真名瀬漁港は漁業組合が管理しているので、行政は勝手に口を出せないんです。」と言われていたので、てっきり漁業組合の意向でこの場所に立てたのだと思っていました。
漁業組合に聞いたところ、まったく相談・報告はなく看板は立てられたそうです。
今までも相談されたことはないとのことでした。
何はともあれ漁具倉庫のまん前に看板を立てるのに一言もことわらないのは、マナー悪くない?と思ったのでした。

b0110633_943088.jpg
漁具倉庫前で海に向かっている立っている告知看板

b0110633_9434579.jpg
コンクリート土台に向かっている立て看板、これと向き合うようにもうひとつ立っている


そして10月始め、ある知人から聞きました。
「元副町長の紹介で真名瀬にボートを置かせてもらっていたのだけど、10月いっぱいで置けなくなるのでどこに置いたらいいのか困っている知り合いがいる」
と・・。

これを聞いて、この不思議な看板の位置関係に、思わず勝手に納得したのです。
この看板はある人にだけ、特に見せたいのではないかと・・・。
これが真実なら、別に税金を使って看板を立てないで、本人に直接注意すれば済むことなのに何故何枚も大きな看板を作ったのでしょう?
そしていろいろ困難な問題もあるかもしれませんが、不法ボートはきちんと有料の置き場を作らない限り、なくならないものではないでしょうか。
ただ退ければ良いということでは解決しないことと思います。
この問題を町議員の方はどのようにお考えなのでしょうか?
何隻の不法ボートがあり、11月に何隻に減り、撤去用看板の代金がいくらだったのか、もちろん議員さんたちはご存知のことと思います。真名瀬のことが話し合われる28日の総務建設常任委員会などの公の場で、傍聴者にも是非わかるようにしていただきたいと思いました。

事前に資料、説明もないやり方に納得いきませんが、とにかく下記の説明会に行って話を聞きましょう。

◎真名瀬漁港の環境施設を検討する会 開催

「真名瀬漁港の環境施設の町長素案」趣旨について町長自ら町民の皆さんに説明します。ぜひご参加ください。
日時 11月22日(土) 10時〜11時30分
場所 福祉文化会館

◆よりよい漁港にするため町長が直接皆さんの声をお聴きします。
◆専ら苦情を言う場ではありませんので、ご理解ください。
※事前申込みは、必要ありません。

問合せ 町民サービス課 内線206


◎11月28日13時からは総務建設常任委員会です。

真名瀬の陳情について話し合われます。是非、傍聴に行きましょう。
[PR]

by shiritaikai | 2008-11-14 09:48 | 海・海岸  

真名瀬漁港の環境施設って、何だかわかりますか?

「遊歩道は中止」と公言していた森英二氏が葉山町町長になってから、早9ヶ月目。
この間、私は何度も正式に面会を申し込み、町長室で産業振興課の鈴木課長や高梨係長にもお会いしました。
鈴木課長は
『「遊歩道」の代わりに何を?ということは漁港のことなので、漁組さんからまず、何が必要か聞かないと、まずいですよ。まず、漁組さんから遊歩道の代替案がでないと、県へも相談には行けませんよ、町長。』
と、私たちの目の前で何度もおっしゃってました。
その後、漁業組合内に真名瀬検討委員会がつくられた?つくらせられた?ましたが、産業振興課、行政サイドが用意した資料(案)などが提示されたりして、まとまらず、真の民意が反映できる検討委員会を作ってほしいと8月に解散しました。

そして2ヶ月半近くたち10月31日、葉山町のHPにやっと出てきたのが下記の文章です。
11月1日発行の「広報はやま」に同じ記事が掲載されていると思います。



真名瀬漁港の環境施設を検討する会 開催

「真名瀬漁港の環境施設の町長素案」趣旨について町長自ら町民の皆さんに説明します。ぜひご参加ください。
日時 11月22日(土) 10時〜11時30分
場所 福祉文化会館

◆よりよい漁港にするため町長が直接皆さんの声をお聴きします。
◆専ら苦情を言う場ではありませんので、ご理解ください。
※事前申込みは、必要ありません。

問合せ 町民サービス課 内線206



真名瀬漁港検討委員会委員募集

真名瀬漁港の環境施設について町民の皆さんのご意見を伺うため、真名瀬漁港検討委員会委員を募集します。

対象 町内在住の20歳以上の人
募集人員 10人以内
申込み 「真名瀬漁港の環境施設のあり方について」をテーマに1200字程度にまとめ、住所・氏名・年齢・職業を明記して郵送してください。
※応募いただいた意見をもとに選考します。
締切 12月5日(金)(消印有効)
問合せ 検討委員会事務局 内線311



ブログ「おもしろ葉山 議会委員会要請を無視?の町行政の案内 」

参考までにご覧ください。詳しい解説が出てます。
[PR]

by shiritaikai | 2008-11-01 10:30 | 海・海岸