<   2007年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

「真名瀬遊歩道整備に関する陳情書」の追加署名を4日まで集めています。

「真名瀬遊歩道整備に関する陳情書」が12月6日10時より、総務建設常任委員会で審査されます。追加署名は直筆ならファックスでも大丈夫なので、ブログ右下にある問い合わせメールに署名したい!とメール下さい。至急ファックスか添付書類を送ります。
できれば12月4日中にお願いします。

そして何度も言いますが、守屋町長、鈴木副町長が辞めても真名瀬の海岸遊歩道工事は止まりません。12月7日の正午に電子入札されます。計画の目的、必要性、安全性、海・海岸への影響などはっきりしていないのに工事は執行寸前です。葉山の海に、海岸に取り返しのつかないことをしてしまうかもしれないのに、どうしてもやりたいのですね、行政は・・・。
そして3,646名の署名のついた『平成17年度新規採択希望地区 漁村再生交付金 真名瀬地区 漁村再生計画」工事内容全般の見直し及び再調査と「マリンロード構想」(平成8年3月に葉山町・神奈川県横須賀県土木事務所・株式会社エコーの三者によって提案)の見直しを求める陳情書』に反対した町議員の方たちは・・・。

まさかこの中に今度の町長選挙に出ようと思っている議員がいないことを祈ります。
そんな良心のない人が、町のリーダーにでもなったら、葉山の町は開発の嵐にさらされるかもしれません。

ある会派(女性二人、男性一人)の今年始めの新聞折込のニュースレターを読むと、
「宅地を増やして、人口を増やし、税収を増やし、豊かな町にしよう」というような意味のことが書いてありました。
結局このことは住宅開発を促進して、
葉山の緑や自然を壊すことにつながりはしないでしょうか?
住宅が増えれば、生活インフラを増やさなければならないし、
そのために必要な税金も当然増えます。

トータルで考えると開発が結果的に町の財政の足を引っ張る可能性もあるということでしょうか。
是非、慎重にやってもらいたいものです。
(もし、私の解釈の仕方に誤りがありましたら、教えてください。訂正いたします。)
現在の町の財政状態は、葉山町インサイダーに詳しく出ていました。

皆さん、是非12月6日の10時から委員会に傍聴に行ってくださいね。ひとりでも多くの人が見るべきだと思います。それがほんとうの意味での「開かれた議会」を求める第一歩になると思います。
[PR]

by shiritaikai | 2007-11-30 09:14 | 海・海岸  

リセットできないのはなぜ?

守屋町長がいなくなっても、鈴木副町長がいなくなっても、彼らがやったことはとまらないし、消せないのです。リセットはできません!! どうしてですか?

混迷している葉山町、進んでいる工事の入札、是非すら問えない状態です。このまま必要性、安全性、海・海岸への影響の答えもないまま、何故、交付金の出る工事だからといって、予算が通っているからといって、執行されるのですか?
誰のための、何のための工事ですか?
何処から集めたお金ですか?みんなの税金からではないのですか?
こんな不条理がまかり通るから今の日本がおかしくなってしまったのではないのですか?
それは中央の政治、国会に明確に現れているではありませんか。

行政は議会でも自然に近い素材で海岸遊歩道・休憩所をつくると言っていましたが、ふたを開けてみると、結局はコンクリートで海岸を固めてしまう図面でした。砂をどけて岩盤をむき出しにし、そこにコンクリートのくいを打ち、生コンを流し込む工法です。コンクリートは生だと、アルカリ度が高く、海に悪影響を与えます。つまり砂浜の生物を殺して、さらに海に悪影響を与える可能性の高い工事法を、もうすぐ、実行しようとしているのです。

この方法も前からわかっていたのに、総務建設常任委員会で3,646名の署名つき陳情を反対した町議員の方たち(鈴木知一、金崎ひさ、加藤清、伊藤友子各議員)、本議会で陳情否定を認めた町議員の方たち(伊藤圭介、待寺真司、佐野司郎、横山すみ子、鈴木道子、中村常光各議員)、何故立ち止まって考える時間をつくってくれなかったのですか?そんなに工事がしたかったのですか?深く考えずに通してしまった予算のツケを海に押し付けるのですか?みなさんに発表させてもらいますから、ご自分の考え、意見があったら、どうかきちんと私にメールを下さい。
もう いい加減自分のことだけ考えるのはやめて日本を、地球を、自分の家・家族だと思ってみんなで愛していきませんか?
お金で買えないものを大切にしていきませんか?

議会・委員会を傍聴すると何が真実か少し見えてきます。
先日下記のブログを発見しました。興味深いのでご覧下さい。

もうひとつの葉山町ブログ
『葉山町議 次の選挙で当選させてはいけないミシュラン☆VOL.1』 10月
伊東圭介、鈴木知一、佐野司郎、加藤清、中村常光、鈴木道子、伊藤友子各町議員
『葉山町議 次の選挙で当選させてはいけないミシュラン☆VOL.2』 11月
佐野司郎、待寺真司、金崎ひさ、横山すみ子、笠原俊一、各町議員


葉山町議会主催『町民の皆様のご意見を伺う会』が開かれます。議会運営委員、委員長・佐野司郎、副委員長・横山すみ子、メンバー待寺真司、阿部勝雄、加藤清、伊藤友子、中村常光、森勝美各町議が持ち回りで皆さんのお話を聞かれるようです。

日程:(1)11月29日(木)10:00〜11:30 上山口会館  駐車場 あり
   (2)11月29日(木)14:00〜15:30 一色小学校新館 駐車場 あり
   (3)12月2日(日) 10:00〜11:30 葉桜会館 駐車場 10台
   (4)12月2日(日) 19:00〜20:30 福祉文化会館 駐車場 あり
問い合わせ:議会事務局 046-876-1111(代)

[PR]

by shiritaikai | 2007-11-28 09:46 | 海・海岸  

「真名瀬遊歩道整備に関する陳情書」の署名を集めています!!

葉山町堀内在住の2名の方が代表になり、「真名瀬遊歩道整備に関する陳情書」を27日に出す予定だそうです。現在賛同する方の署名を集めています。このブログを見て賛同する方は、こちらでも受け付け協力しております。急ぎメール等でご連絡下さい。よろしくお願いします。

*以下は陳情書本文です。

葉山町町長   守屋大光様
葉山町議会議長 笠原俊一様   
                  
真名瀬遊歩道整備に関する陳情書

葉山町が来月入札を予定している遊歩道整備の一環の「真名瀬漁港 漁港環境施設建設工事(その1)」は、その具体的な計画内容が、大部分の町民が知るところではありませんでした。そればかりか町は、我々の財産である海などの自然環境への工事の影響や、遊歩道としての安全性や維持管理面の問題を明確にしないまま、工事を進めようとしています。
これまでの守屋町長を始めとした町関係者の議会答弁などでの発言では、一連の遊歩道整備は、町民を対象とした「昭和の散歩道」の署名や、町民代表者からなる「昭和の散歩道」検討委員会を踏まえた“民意”によって決定した、としています。しかし、町側が“民意”をとした検討結果やその過程すらも、公示前まで議会および町民にほとんど知らされていませんでした。公示直前に示された工事計画概要は、多くの町民にとって“寝耳に水”の状況であり、検討する暇もありません。議会でも計画内容について、十分に審議されていないと聞いています。このような状況を踏まえると、今回の工事が“民意”によって決定したとは到底納得できるものではなく、不透明のままで遊歩道整備を進めようとする葉山町関係者の姿勢を強く批難するものです。
私たち町民有志は遊歩道整備に対して、ここに署名を添えて、以下の通りに陳情いたします。

・真名瀬海岸で計画されている遊歩道工事の入札を ただちに中止すること。
・その上で、遊歩道整備の計画内容を町民に説明し、町民本位で検討する機会を設けること。
・遊歩道整備に関しては、改めて住民に賛否を問う機会を設けること。

[PR]

by shiritaikai | 2007-11-25 09:48 | 海・海岸  

満月の昼間に、Full Moon at Noon 真名瀬で唄いましょう!!

「昭和の散歩道」として真名瀬海岸遊歩道工事は、12月始めの入札目前です。
入札されると、すぐ着工されてしまうかもしれません。
本当におかしな話しです。いまだに誰のためなのか、何故必要か不透明なことばかりです。町長も辞めるなら、この工事も計画も全部一緒にやめてほしいです。

11月24日13時、この真名瀬で歌をうたいました。
50人ぐらいの人々が、みんなの思いを歌に乗せて、海に捧げました。
生命の源である、母なる海も喜んでくれたと思っています。
歌手のEPOさんもギターをひいてうたってくれました。
b0110633_943677.jpg
コンクリートで固められて、休憩所が作られる予定の場所でみんなで唄いました。
b0110633_9432821.jpg
藤本容子さんとEPOさん
b0110633_9434674.jpg
最高のお天気に恵まれ、みんな楽しいひと時を過ごせました。
このみんなの大事な、大切な砂浜をなくさないでください。お願いします。

[PR]

by shiritaikai | 2007-11-25 09:45 | 海・海岸  

葉山町長辞職へ。でも真名瀬の工事がストップしたわけではない!!

11月21日に飛び込んできた葉山町長辞職ニュース。毎日新聞夕刊に掲載されている内容に驚きました。
以下は11月21日付け毎日新聞夕刊の一部抜粋

「葉山町長が辞職へ 政治団体寄付、違法の疑い」
自身の二つの政治団体の寄付行為が公職選挙法に触れる疑いがあるとして、神奈川県葉山町の守屋大光町長(64)が21日、町長を辞職する意向を町議会関係者に伝えたことがわかった。 守屋町長は取材に「事務処理ミスだが、常日ごろ『クリーンでなければならないと』身を処してきた。町民のため職を辞するのが一番」と話した。12月4日の定例議会初日に辞職を願い出るという。

(以上、一部抜粋)

10月15日に議会宛では否決されましたが、私はまだ、3,646名の署名を付けた町長宛の陳情書について何の結果連絡も受けていません。ずっと町長に面会を申し込んだまま、返事がもらえていないのです。私たちの陳情内容をどうお考えになるのか、3,646名の署名についてはどのように受けとめていただいているのか、ずっと直接お聞きしたいと思っていたのです。
今となってはとりあえず、お辞めになる前に真名瀬の海岸遊歩道工事も入札をストップし、再検討するよう指示していただけることが本当の町民思いかもしれませんね、守屋町長。

皆さん、町長の辞職騒ぎのどさくさにまぎれて、工事突入!にならないよう気をつけましょう。
それこそ守屋町長の思う壺かも知れませんから・・・。
[PR]

by shiritaikai | 2007-11-22 08:42 | その他  

葉山の近くでも同じような問題が起きています。

鎌倉、七里ガ浜の砂浜を守ろう!!

メールが来ました。七里ガ浜の危機を紹介させて頂きます。

◎鎌倉の七里が浜に危機が迫っております。協力してくださる方がいらっしゃればと思い、メールを送らせていただきました。

国道134号線、江ノ島から鎌倉へつながる海岸線(江ノ電に乗ると、唯一海が広がって見えるところ)。
江ノ電鎌倉高校前駅の交差点が渋滞解消の為、拡幅工事されると言う工事の話が進んでいます。その拡張工事内容は、歩道を山側に、道路を海側に拡幅するんです。
もしそれが実行されると・・

1. 現在の砂浜に生息する魚や植物たちの住む場所がなくなってしまう。
レッドデータブックに登録「ハマベキクイゾウムシ」「ユキヨモギ」が減少。

2. 砂浜が減少し、海の地形も変わってしまう。

3. 道路から見えていた砂浜が見えなくなってしまうことにより、景観が変わってしまう。

4. 砂浜が減少することにより、温暖化に近づいてしまう。

絶対に阻止しなければならないことです!!!

11月末まで署名運動を実施しています。(12月に署名を提出予定です)

1人でも多くの方にご協力頂きたいので力を貸して下さい。よろしくお願い致します。

下記HPから用紙をダウンロードすることもできます。
署名用紙ダウンロード

集まった署名用紙は鎌海事務局までお持ちいただくか郵送にてお願いします。
〒248-0021 鎌倉市坂ノ下13-18「鎌倉の海を守る会」事務局
TEL/ FAX 046-725-1967

鎌倉の海を守る会

関連記事

また、下記ショップにて署名を受付しています。

■ウェットランド 鎌倉市坂ノ下13-18 ●046-722-9571
■オクダスタイル 鎌倉市材木座6-14-2 ●046-723-8284
■TRUEサーフボード 藤沢市片瀬2-16-32 ●046-628-1534
■SEVEN MILES CLUB 鎌倉市七里ガ浜2-17-9 ●046-732-7580
■middles 鎌倉市長谷2−14−20 ●046-725-5255
■麻心 長谷2-8-11 ●046-725-1414
■パタゴニア鎌倉ストア 鎌倉市小町1-13-12 ●046-723-8970

[PR]

by shiritaikai | 2007-11-22 08:35 | 海・海岸  

11月18日(日) 真名瀬に海岸遊歩道はいらない!「ノーモア、コンクリート!」明るいデモ行進!!

私自身は参加できなかったのですが、11月18日(日)13時、葉山町役場前に50人以上の人たちが集合し、13時半出発。5〜6人の警察官の方に誘導いただき、最後尾はミニパトに守られながらのデモ行進。向原交差点→図書館→元町→森戸→真名瀬バス停というルートで約1時間強のコース。途中から加わった人たちもいて、解散時には子供や赤ちゃんも入れると100名近くの人たちがいたようです。
風が強く寒い日でしたが、みなさん元気に歩いてくれました。本当にお疲れ様でした。ありがとうございます。
10月に私たちの3,646名の署名付き陳情を否定した町議員の方たち、海岸遊歩道賛成派の町議員の方たち、「ノーモア、コンクリート!!」という私たちの声が聞こえたでしょうか?
今回の真名瀬海岸遊歩道の図面を見てもわかるように、砂浜は削られ、狭い海岸は本当にコンクリートで固められるのです。
「ノーモア、コンクリート!!」 あなたたちの心に、みんなの声が届いたでしょうか?
今からでも遅くありません。どうぞ耳を、心を澄ませてください。本当の『民意』が聞こえるかもしれません。
この日の真名瀬海岸もほとんど砂浜が見当たりません。こんなところに誰が、どうして遊歩道をつくりたいのでしょう・・・? 「安心、安全で歩ける遊歩道」なんて想像もつきません。

◎デモに参加してくださった方からのメール一部ご紹介します。
『MIXIにて、トッピックを作成したところ、他見の方々も憤慨し何か出来ないかと、情報交換が始まりました。MIXIをお持ちの方がいましたら、「一色海岸」「湘南スタイル」というタイトルで検索してみてください。』

b0110633_91364.jpg
b0110633_915172.jpg
思い思いのメッセージで
b0110633_923646.jpg
出発前に役場前で
b0110633_931263.jpg
b0110633_932350.jpg
狭い砂浜に無理やり遊歩道がつくられようとしている真名瀬海岸

[PR]

by shiritaikai | 2007-11-21 09:04 | 海・海岸  

18日の環境ウォークは正式なデモ行進となりました。

18日の環境ウォークは正式なデモ行進となりました。
正式でないとメッセージ入りTシャツを着て歩くこともいけないそうです。
車道を規制してもらって歩きます。
声を上げても、プラカードを掲げても大丈夫です。
楽器があると楽しいかもしれませんね。

18日日曜日、13時に葉山町役場前に集合してください。
是非ご参加ください。
[PR]

by shiritaikai | 2007-11-17 08:53 | その他  

11月15日、守屋大光町長も違法行為なの?

鈴木副町長に続き守屋町長もでてきたようです。この町はトップとそのいとこのNo.2がこんなことで、いったいどうなるんだろうか?

神奈川新聞11月15日朝刊社会面より。
============

「私的団体に270万円寄付、葉山町長の2政治団体が県選管・公選法抵触のおそれ」

 葉山町の守屋大光町長の2つの政治団体」が2005年の町長選挙<1月23日投開票>後、町長自身が会長を務める私的懇親グループ「大光会」に計270万円を寄付していたことがわかった。
公選法は政治団体による選挙区内の有権者への寄付(任意団体も含む)を禁じており、県選管は「法に抵触する恐れがある」としている。
 寄付の一部はグループが主催するバーベキュ大会の開催費に当てられたという。政治資金収支報告書によると、町長の資金管理団体「葉山清新会」が05年1月27日に250万円、「守屋ひろみつ後援会」が同年3月31日に20万円、それぞれ町長の私的懇親グループ「大光会」に寄付していた。
 町長らによると、大光会は会員約50名、大半がサラリーマンや自営業者ら町内の有権者で所在地は幹事長をつとめる町内の男性方におかれている。年会費6千円でゴルフコンペ、1泊旅行などを行う。町長選の際は設営、ポスター張りなどを手伝う。
 神奈川新聞の取材に対し幹事長は寄付の使途について「(05年3月の)20万円は大光会主催のバーベキュの開催費の一部や会関係者への香典などにつかった」と答えた。
 町長は寄付について「事務的ミスだった、修正申告したい」と説明、250万円について「大光会の記念事業に使うつもりだった、まだ使われていない」と答えた。
                                     
(以上、神奈川新聞より引用)

 詳しくは「葉山町インサイダー」に出てました。

◎環境ウォークがあります!
11月18日(日) 13時 葉山町役場前集合!!
葉山の自然を守りたいひと 集まれ!!


遊歩道という名目の海岸をコンクリートで固めてしまう事業があります。
エコロジーに逆行するゴミ広域化という計画も控えています。
葉山の未来につながる子供たちの参加、大歓迎です。
一部分でも良いので是非ご参加ください。

主催:葉山海岸遊歩道問題対策協議会
問合せ 080-5096-1385
[PR]

by shiritaikai | 2007-11-16 08:46 | その他  

11月13日の総務建設常任委員会は豪華ゲストでした。

葉山うみやま会議が緊急提言「町民が心から望む町政のために今必要なこと」を提出した日、10時から総務建設常任委員会がありました。
その効果があったのかどうか、以前は20人の傍聴者がいた時に押し問答の末やっと全員は入れたのですが、今回は何事もなく15人最初から入れてもらえました。
(傍聴定員は11人とめちゃくちゃ少ないのです。部屋は広いのに・・・)

この日の所管事項調査は
1. 副町長の海浜占用問題について
2. 遊歩道について   でした。

「副町長の海浜占用問題について」は、鈴木副町長と守屋町長が議員さんからの質問にお答えになっていたのですが、詳しくはブログ「おもしろ葉山」に掲載されているのでそちらをご覧ください。
私はその時に感じた違和感、不思議な印象をお話しします。
金崎ひさ議員が発言なさるときに、それとなく遠まわしに鈴木副町長を擁護するような質問の出し方をしているのが気になりました。
そして鈴木副町長への質問が終わり、次に守屋町長お入りになった時、横山すみ子議員がまるで秘書のようにすぐ後ろに連れ立って入室し、傍聴席にお座りになったのが印象的でした。そして近藤昇一議員の質問・追及に、町長が沈黙なさっていると、傍聴していた横山すみ子議員が「でも、次の議会で(町長の発言は)訂正はできますよね」と、まるで町長にアドバイスするかのように、つかさず小さい声で2回も言われていたのも印象的でした。こんな印象を持ったのは私だけではなく、他の数人も同じように感じていたようでした。
本来、議員や議会は行政を正すためにあると思っていたので、この状況にはとても違和感を感じました。

鈴木副町長は役場に勤めたまま町民から集めたお金で、お給料をもらいながら、国や県を相手に裁判でもやる気なのでしょうか・・・?こんなことって、アリ?
[PR]

by shiritaikai | 2007-11-16 08:31 | その他