<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

2000年に起きた飯島事件を知っていますか?

 葉山は昔からいろいろとあるんだよ、と言われ教えてもらったのが、「飯島事件」。
下記は2000年11月22日「毎日新聞」の抜粋です。

公選法違反:
前衆院議員・飯島被告の初公判 起訴事実認める

________________________________________

 6月の衆院選後、票を取りまとめた謝礼に市議、町議らに商品券を配ったとして、公職選挙法違反(事後買収、買収申し込み)罪に問われた前衆院議員、飯島忠義被告(55)=横浜市栄区飯島町=に対する初公判が22日、横浜地裁(松野勉裁判官)で開かれた。罪状認否で飯島被告は起訴事実を全面的に認めた。
 起訴状によると、飯島被告は衆院選神奈川4区から自民党公認で立候補し落選したが、選挙後の7月中旬、鎌倉市議5人、逗子市議8人、葉山町議10人と自民党役員1人の計24人に、票の取りまとめの報酬として、15人に商品券(計100万円相当)を配り、9人に商品券(計85万円相当)を渡した。
 この選挙違反事件では商品券を受け取り使用するなどした議員ら15人が同法違反(被買収)容疑で書類送検され、10月27日横浜地検から起訴猶予処分を受けている。 
(以上2000年11月22日「毎日新聞」の抜粋より)



 普通なら数千円のものでも大問題で公職選挙法違反なのに、5万円の商品券を受け取ったにもかかわらず、返したからお咎めなし(起訴猶予)になったのがこの事件だそうです。「御用邸のある町、葉山」だからゴシップを嫌った結果、というウワサを聞きましたが、それだからこそ「御用邸のある、クリーンな葉山町」にしてほしかったと思いました。このとき、中華料理屋さんで食事をして、商品券を受け取った中で現在もずっと町議員なのは、中村常光、伊東圭介、鈴木知一、佐野司郎、金崎ひさ、伊藤友子、笠原俊一議員の7名です。笠原氏は現在議会の議長で、陳情を不採択にした金崎ひさ、伊藤友子、鈴木知一議員も受け取ったメンバーです。加藤清議員はもらったけれど、自民党党員としての活動ということで、容疑にはならなかったそうです。
 15日の総務建設常任委員会で私の陳情を不採択にした町議員全員が商品券を受け取っているという不思議。偶然にしても、この葉山は一体どうなっているのでしょう。もっともらしいお顔で「民意で、すでに議会を通っていることだから・・」と言って陳情書を否定なさっていた方たちが、こんなにも倫理観がないなんて驚きました。この驚きの大きさは議会や委員会を傍聴した人にしか理解できないと思いますが・・・。大げさではなく、それほど実情は想像を絶するものがありました。
こんな状況がはびこる葉山町だから、副町長も法を犯している、という認識はまったくないのかもしれませんね。

(これらの情報は人から聞いたものもあるので、事実と違う点がありましたらどうか教えてください。すぐに訂正します。)
[PR]

by shiritaikai | 2007-10-30 12:00 | その他  

10月27日(土)昼12時、ビーチFMで町長インタビューを聞きましょう!!!

恒例の月1回のインタビュー番組、逗子市長、葉山町長、県議会議員の3人月替わりの30分のインタビュー番組です。今月は今、話題の葉山町長、守屋大光氏です。
この番組を7月に聞いていて、「葉山町民7,000人もの署名が集まり、その要望にこたえるべく海岸の遊歩道もつくるのです」という主旨のことをはっきり話されていたから、今度はどんなお話をしてくださるか、皆さんも楽しみに聞きましょう。
このインタビュー番組があることを知らなかった町議員の方もたくさんいらっしゃいました。みなさん、積極的に情報を収集しないと大変なことになりますよ。
葉山は日本一?情報を出さない、コワ〜イところなのですから・・・。
27日の土曜日、昼12時ビーチFMをお忘れなく!!
[PR]

by shiritaikai | 2007-10-25 14:41 | 海・海岸  

10月31日(水) 10時、総務建設常任委員会の日程が決定!!

 次回の総務建設常任委員会の日程がようやく、決まりました。
10月31日(水)10時からです
所管事項調査項目は
1. 遊歩道について
2. 真名瀬漁港放置ボートについて
3. 長者ヶ崎町有地について

時間に都合のつく方は是非傍聴に行きましょう。傍聴定員11人、多い時は15分前に抽選になるそうです。この方法はすごくおかしい!!!仕事をやりくりして来た人たちに対して、ひとりでも多く聞いてもらおう、行政に参加してもらおう、という気持ちがカケラもないのです。
ひとりでも多くの住民に参加してもらえて、本来なら「ありがとう」だと思うのですが、前回は行政サイドの出席者はなく、大きな会議室には議員だけなのに、何の思いやりも示さず、怒ったような顔で、即座に傍聴定員11人しか入れない、と言い張る議会事務局と議長・・・。クレームを精一杯つけてやっと20人全員入れてもらいました。この人たちは誰からお給料が出ているか知っているのでしょうか?何のために議会が存在しているのかまったく理解していないようです。断るにしても態度がひどいです。最近たびたび3階の議会事務局に行って感じたことは、あそこの一番偉そうな人は、保守の一部の町議員さんには笑顔を見せたりと腰が低いのに、何で傍聴にきた私たち住民にはニコリともせず、いつも恐い顔をしているのかな?ということです。

皆さんも機会があったら、是非そのへんにポイントをおいて観察してみてください。
そうするといろいろと面白い構図が垣間見えるかもしれません。とにかく多くの人が来たら困るのかな?と感ぐりたくなるほど閉鎖的な感じがします。
果たして、10月31日はどうなるのでしょう??? 
[PR]

by shiritaikai | 2007-10-25 09:07 | 海・海岸  

副町長、鈴木勘之氏の国有地不法占拠で問題になった真名瀬のカフェ、解体始まる!!

 10月24日朝から、町長のいとこで副町長の鈴木勘之氏国有地不法占拠で問題になった真名瀬のカフェの解体が始まりました。もとをたどると平成13年3月からの不法占拠だというのに、議会でも謝っていなかったし、住民にも謝罪はしないのかしら???
 葉山町インサイダーを是非読んでみてください。
私の陳情の件も含め、22日のページは葉山の現状がとてもわかりやすく書いてあります。
[PR]

by shiritaikai | 2007-10-25 09:04 | 海・海岸  

10月15日の総務建設常任委員会で陳情は否決されました。(その1)

10月15日10時からの総務建設常任委員会で、傍聴できる人数は議会ではないので11人でしたが、約20人近く集まりました。仕事を休んできた人もいたのに、議会事務局や議長に9人は入室を拒否されたのです。しかし、入室できない人たちが詰め寄り、傍聴可能となりました。難しい規定はわかりませんが、消防法に違反していないのなら、議会事務局や議長自ら機転を利かせ一人でも多くの人に「聞いてもらおう!!」と努力ぐらいしても良いのではないかしら…?
議会と言っても、それが生きた民主主義、というものではないのでしょうか。

総務建設常任委員会メンバーによる陳情書の審査結果は

○金崎ひさ、鈴木知一、伊藤友子、加藤清(副委員長)4町議   「不採択」
○近藤昇一町議は 遊歩道のみの見直し            「一部採択」
○畑中由喜子、森勝美町議                  「採択」


でした。待寺真司町議は委員長です。つまり4対3で否決されました。
傍聴議員は阿部勝雄、守屋亘弘、山梨崇仁、横山すみ子町議だったと思います。
傍聴議員で最後にお話なさったのは守屋亘弘、山梨崇仁町議です。
私の陳情書をきちんと最初から最後まで読んで、理解してくださっているのはご意見・質問等をお聞きした中では、近藤昇一、畑中由喜子、森勝美、守屋亘弘、山梨崇仁町議だと思いました。他の方はこの真名瀬漁村再生計画事業自体の目的の不透明さに蓋をし、ご自分の都合の良いように解釈なさり、部分的に取り上げて非難、否定しているように思われました。
しかし、何よりも驚いたのは、議場で畑中議員が7千人の署名を調べたら、待寺議員が複数回署名しているのを発見しました、とおっしゃったことです。
葉山町・町長守屋大光氏は7月28日に、ビーチFM月1回の木村太郎氏によるインタビュー番組で『「昭和の散歩道」は町民の7千人以上が署名して望んだ結果で、その一環として安心で安全に歩ける「海岸の遊歩道」をつくります』と公共の電波で話していらっしゃいました。葉山は別荘などがあり、観光客も多く町外の方もたくさんいるので、私自身は「町民の署名」にこだわる必要はないと思うのですが、町長ご自身が「町民の7千人以上が署名して望んだ結果」とこだわっておられるので、複数回の署名は問題があるのかなと感じています。町議員の立場で「後世に残る大事業」に対する署名を自ら複数回行い、その署名が真名瀬漁港の海岸の遊歩道をつくるための現実的な後ろ盾となっているので、その安易な行為に待寺議員はどのようにお考えなのでしょうか?勝手な想像ですが、もし行政サイドも率先して何度も行っていたとしたら、そしてこの方たちの家族・親戚一同も含まれていたとしたら、何百人かはあっという間に作りだすことができるのではと・・・。そうなるとこの署名に対する信頼性というものはどうなるのでしょうか? 今まで何度も近藤議員や、畑中議員(私が傍聴して知っている範囲では)が、純粋に有効な署名数を公表するよう役場に申請しても、ずっと数の公表を渋っていたわけはここにあるのでしょうか。
詳しい内容もわからず、「町内会の回覧で回ったから」、「何度書いても良いから署名して」と言われて署名した、という人が少なくはないようです。
自分の署名が「海岸の遊歩道」に利用されたくない、と思っている何人もの葉山町民の方たちが、公文書公開で『「昭和の日」記念事業推進署名簿』を申請しているようです。
葉山町は果たして見せてくれるのでしょうか? (つづく)
[PR]

by shiritaikai | 2007-10-21 09:14 | 海・海岸  

本会議の日程が、変更になりました!!

19日(金)10時、畑中議員、
19日(金)14時頃、近藤議員が「遊歩道」関係の質問をなさいます。

◎皆さん、自分の選んだ議員を傍聴に行きましょう!!                          怪しい!と気になる議員も傍聴に行きましょう!! 役場の3階です。

選びっぱなしの皆さんの姿勢が、今の葉山の姿です。日本の姿だと思います。
●10月18日(木)10時 鈴木道子議員
       1. 歯周病検診について
       2. 妊産婦検診無料化について
       3. 乳幼児医療費無料化について
       4. 庁舎等の省エネ対策について

 同日11時頃 待寺真司議員(15日の総務建設常任委員会において、「昭和の日」記念事業推進署名に待寺議員自ら複数回署名なさっていたことが指摘されていました)
       1. 安全で安心して暮らせるまちづくりについて
       2. 財政計画等の課題について

 同日13時30分頃 伊東圭介議員
       1. 医療保険制度について
       2. 環境施策について
       3. 消防の現勢について

 同日14時30分頃 山梨崇仁議員
       1. ごみ分別収集の経過と今後の取組み

●10月19日(金)10時 畑中由起子議員
       1. 葉山まちづくり町民会議について
       2. 遊歩道について
       3. ゴミ問題について
       4. 海の家について

 同日11時頃 横山すみ子議員
       1. バリアフリーのまちづくり
       2. 行政評価について
       3.子育て支援センター開設について

 同日13時頃 阿部勝雄議員
       1. ごみ問題について
       2. 排水処理計画について

 同日14時00分頃 近藤昇一議員        
       1入札制度について.
       2.副町長の告発と受理について
       3.真名瀬遊歩道について  
       4.自治基本条例について
[PR]

by shiritaikai | 2007-10-18 09:23 | 議会関係  

どうもありがとう、感謝の気持ちでいっぱいです。

 10月15日10時からの総務建設常任委員会で、葉山町宛(議会と町長宛)の『「平成17年度新規採択希望地区 漁村再生交付金 真名瀬地区 漁村再生計画」工事内容全般の見直し及び再調査と「マリンロード構想」(平成8年3月に葉山町・神奈川県横須賀県土木事務所・株式会社エコーの三者によって提案)の見直しを求める陳情書』は否決されました。
10月10日の委員会で結審が延長になったので、14日夕方まで追加署名を急きょ集めることにして、正味3日間で539名の署名が集まりました。14日の夜中、15日当日の早朝、直前の9時過ぎまでも署名を送ったり、届けてくださる方がいらっしゃいました。「私の出来ることをします」と言って、たった一人で葉山町の中に立ち、二日間署名を集めている方もいました。私は偶然その方を見かけ、とても嬉しくなりました。以下は今まで提出した署名の数です。

1. 7月31日提出    91名
2. 8月 7日      263名
3. 9月20日     2,242名
4. 10月10日     511名
5. 10月15日     539名               合計3,646名


 本当に貴重な深い意味のある、思いのこもった署名を多くの方、いろいろな場所からいただいたと、ありがたい気持ちでいっぱいです。この署名は現在もまだ、届いています。間に合うならお願いします、と送られ続けています。
 私の素朴な疑問がどんどん膨らみ出来上がったのが、今回の陳情書でした。
結果は残念でしたが、そしていろいろと大変ではありましたが、私は今までのことにとても感謝しています。もし、このことがなかったら、こんなに近くに素晴らしい人たちがいるのに、気づくことはできなかったでしょう。また、遠く知らない人でも同じ思いでつながれることを教えてもらいました。そしてこれはまた葉山だけでなく、それぞれの住む場所へ、愛するものたちへ、と広がっていくことでしょう。
良き方向に進むことにゴールはありません。だから私たちにはあきらめも、終わりも存在しないと思います。葉山への思いがつながり始めたこのムーヴメントが、理不尽なことで消えることは、きっとないでしょう。
ひとの思いや愛は、誰にも消すことはできないのです。
みなさんに出会えたことに感謝します。ありがとうございます。 合掌

◎皆さん、本会議中です。傍聴に行きましょう!!役場の3階です。
自分の選んだ議員さんたちがどんな質問・発言をなさるのか、どんな態度で議会に臨んでいるのか(つまり町政に)、一度は自分の目で確かめましょう!!
選びっぱなしの皆さんの姿勢が、今の葉山の姿です。日本の姿だと思います。
●10月17(水)10時  守屋宣弘議員      
       1. 鈴木副町長の国有海浜地不法占有問題
       2. 情報公開制度及び職員の組合活動に伴う給与の不適切支払い問題。
  同日11時頃    金崎ひさ議員
       1. 遊歩道について
       2. 地球温暖化防止策について
  同日13時30分  横山すみ子議員
       1. バリアフリーのまちづくり
       2. 行政評価について
  同日14時30分頃  阿部勝雄議員
       1. ごみ問題について
       2. 排水処理計画について
  同日15時30分頃  近藤昇一議員        
       1. 副町長の告発と受理について
       2. 真名瀬遊歩道について  
●10月18日(木)10時  鈴木道子議員
       1. 歯周病検診について
       2. 妊産婦検診無料化について
       3. 乳幼児医療費無料化について
       4. 庁舎等の省エネ対策について
  同日11時頃   待寺真司議員(15日の総務建設常任委員会において、「昭和の日」記念事業推進署名に待寺議員自ら複数回署名なさっていたことが指摘されていました。)
       1. 安全で安心して暮らせるまちづくりについて

       2. 財政計画等の課題について
  同日13時30分  伊東圭介議員
       1. 医療保険制度について
       2. 環境施策について
       3. 消防の現勢について
  同日14時30分頃  森勝美議員
       1 .安全で安心して暮らせるまちづくりについて      
       2. 環境保全対策について
  同日15時30分頃 山梨崇仁議員
       1. ごみ分別収集の経過と今後の取組み
●10月19日(金)10時  畑中由起子議員
       1. 葉山まちづくり町民会議について
       2. 遊歩道について
       3. ゴミ問題について
       4. 海の家について
[PR]

by shiritaikai | 2007-10-16 08:31 | 海・海岸  

「御用邸の町 葉山」の誇りを汚さないで下さい。(その2)  葉山が少し明るくなるかもしれません。

葉山町副町長・鈴木勘之氏「秋の園遊会を「健康状態」理由に異例の辞退!

○読売新聞10月12日付 から
〔園遊会招待異例の辞退鈴木・葉山副町長 健康状況 理由に〕

 東京赤坂御苑で今月25日に開かれる「秋の園遊会」に招かれた葉山町の鈴木勘之副町長(65)が招待を辞退していたことがわかった。理由について鈴木副町長は「健康状態がすぐれない」と話している。
 宮内庁によると、年2回行われる園遊会には、毎回各界功労者ら2000人以上が招か
れ、当日の都合がつかないなどに理由で3割程度出席しないが、招待そのものを辞退する例はまれという。
 鈴木副町長を巡っては副町長が建てた建物が、町内の国有海浜地を不法占用しているとして、8月に葉山町民オンブズマンが告発している。副町長は、告発と今回の辞退について、「関係がない」と説明している。
(以上、読売新聞湘南版)


神奈川新聞(10月11日付)、朝日新聞(10月12日付)にも掲載されました。
葉山町インサイダーに詳しいです。

ところで10月15日10時から総務建設常任委員会が開かれ、現在皆さんに署名をお願いしている陳情が結審されます。時間があまりないので、14日の夕方ごろまでに、引き続き署名をファックス(046-876-1484)で送るか、ご持参下さい。総務建設常任委員会は役場の3階・議会場で行われ、傍聴もできます
[PR]

by shiritaikai | 2007-10-13 08:34 | その他  

変更です!! 10月14日夜まで再び、署名集めます!!

総務建設常任委員会での再審査日が急きょ1日早まり、15日10時になりました!!(傍聴できます)

本日11日、急きょ陳情書の再審査日が一日繰り上がりました。どうして??
なぜか一日早まり、15日10時から再審査されることになりました。でも、再審査といっても行政が(20メートルの真名瀬海岸遊歩道をつくるために)「11月半ばに執行し、入札の手続きに入りたいので工事凍結は無理」という結論をすでに提示している中でどう再審査するというのでしょうか? 
でも、「おかしい!!!」と思っている人が存在していることを伝えることは、やっぱり大切だと思うのです。今まで評論家に徹していた人たちも、自分の住んでいる町がどうなってほしいのか、自分がどうしたいのか、そろそろ具体的に、主体的に考える時期ではないでしょうか。可能なら14日の夕方まで、再び出来るだけ署名を集めたいと思います。お手数ですが、まだ署名していない方などに、お声かけしていただけたらありがたいです。ご協力していただける方は是非お願いいたします。お忙しいところすみませんが、どうかよろしくお願いいたします。

署名用紙はメール、もしくは046-876-1484(電話&ファックス)にご依頼ください。そして10月14日の夕方(遅くとも夜9時ごろまで)まで届くようファックスか、郵送でお願いいたします。*署名は直筆でお願いします。

 陳情書の審査の結論は (1)採択 (2)不採択 (3)継続、というものがあります。(1)の中に「一部採択」「主旨了承」などがあるそうです。「一部採択」は今回の陳情の場合などは、他の工事は終了、進行中なので、とりあえず工事入札の行われてない海岸遊歩道についてのみ、進行をとめましょう、というものです。この「(3)継続」はかなりクセモノと感じました。間違っている部分もあるかもしれませんが、私が理解しているのは『「継続」とは今、結論を出さず行政側の意見・資料・詳細が出るまで待ちましょう』というもので、この「継続」にしてしまうと、行政の計画は止まるわけではなく、どんどん進められたまま、入札・工事はもちろん進行したままです。私の感想をいうと「継続」は体のよい責任逃れで、手遅れになるまで見守りましょう、という印象があります。
 昨日10日の総務建設常任委員会は13時半から18時半ごろまでかかりました。この陳情審査についてはだいたい14時過ぎから17時半ごろまででした。近藤昇一、畑中由喜子、森勝美町議が「一部採択」、伊藤友子、鈴木知一町議は「継続」、金崎ひさ町議は「継続」と「一部採択」の折衷案(でも、これは体の良い「継続」に近いかな?どういう意味か良くわからなかった)、というのを私は認識しています。総務建設常任委員長である待寺真司町議と副委員長である加藤清町議は?です。

 そして今日11日、総務建設常任委員長である待寺真司委員長から委員会メンバーである鈴木知一、金崎ひさ、近藤昇一、畑中由喜子、伊藤友子、森勝美、(加藤清氏は副委員長)各町議に行政からの(これは守屋町長からのお達し?)申し入れがあったそうです。(この表現の仕方に間違いがあったら役場の担当者・町議の方、メール下さい。お願いします。)
 年内着工予定の20メートルの真名瀬海岸遊歩道について、行政からのお話しは「11月半ばに執行し、入札の手続きに入りたいので工事凍結は無理」というものだそうです。私には、真の民意を無視して、何が何でも年内に20メートルだけは着工したいと、言っているようにも聞こえます。
 何度も言っているように、私はみんなが本当に必要としているのなら、時間をかけて訪れる人に自慢できるような遊歩道をつくれば良いと思います。しかし今回のように誰のためか、どんなものかもすべて不透明で、外部の業者中心のようなやり方はおかしいと思います。
こういう計画や工事の日程が中心となり、民意は形だけで葉山のまちづくりはなされていくのでしょうか?
しかし、今までの葉山の行政のあり方を知るにつけ、記録はとらない(残さない?)、偉い人が平気で誤魔化しをする、凄いところだというのが葉山に5年住んだ現在の感想です。今までもずっと、このようにつくられてきたことを実感しています。だからこそ、今から変われば良いのです。変わりたい!とみんなが思えば良いのです。ただそれだけなのです。

 そしてもうひとつ、10日の委員会を傍聴していてとても不快だったことがありました。ある町議が議員傍聴席にいらしていたのですが、ある女性議員が発言中に「質問じゃねえよ、意見じゃないかよ」とつぶやいたり、近くで傍聴している私たちにははっきりと聞こえるようにため息をついたり、落ち着かない素振りでいたことです。そのほか隣席の傍聴議員が発言中に、身体をそらして椅子の背もたれを指でとんとん叩いていたりと、近くに座っていて、この議員の傍聴マナーの悪さに驚きました。どうか皆さんマネしないでくださいね。
[PR]

by shiritaikai | 2007-10-12 09:19 | 海・海岸  

10月15日(月)まで再び、署名集めます!!

10月16日11時より、総務建設常任委員会で再審査!!(傍聴できます)

皆様、いろいろとご協力ありがとうございました。
葉山町宛(議会と町長宛)の『「平成17年度新規採択希望地区 漁村再生交付金 真名瀬地区 漁村再生計画」工事内容全般の見直し及び再調査と「マリンロード構想」(平成8年3月に葉山町・神奈川県横須賀県土木事務所・株式会社エコーの三者によって提案)の見直しを求める陳情書』の審査は本日10日の総務建設常任委員会で結論は出ず、16日の11時から再び委員会で審査されることになりました。
防波堤の延伸工事はすでに9月中ごろから始まり、今焦点になっているのは、年内何としてでも着工しようとしている20メートルの海岸遊歩道です。
今回10日の朝に追加提出した511名の署名を含め、総合計3,107名の署名が集まりました。これがやはりとても大きな後ろ盾となり、次回まで持ち越されることができました。やはり無視できる数字ではなかったのです。どうもありがとうございました。
心からお礼申し上げます。
 次回の委員会は16日で、このときに見直しにならなければ、もう、11月末ごろには入札に入ってしまいます。こうなるともう、止めるのは不可能に近くなります。
私はつくる事に反対なのではなく、遊歩道などすべての工事の妥当性、必要性を充分検証しないまま工事だけ進めてよいものなのか疑問に感じていて、だから一時中断して検討しなおしてほしいだけなのです。そのためには引き続き皆さんの意思、声しかありません。
 そのためにも、可能なら15日の夕方まで、再び出来るだけ署名を集めたいと思います。お手数ですが、まだ署名していない方などに、お声かけしていただけたらありがたいです。ご協力していただける方は是非お願いいたします。お忙しいところすみませんが、どうかよろしくお願いいたします。
署名用紙はメール、もしくは046-876-1484(電話&ファックス)にご依頼ください。そして10月15日の夕方(遅くとも夜9時ごろまで)まで届くようファックスか、郵送でをお願いいたします。
[PR]

by shiritaikai | 2007-10-11 10:17 | 海・海岸