<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

9月28日、午前中都合のつく人は議会へ行きましょう!

27、28日は本会議で、すごく簡単にわかりやすく言えば、平成18年度の町のお金の使われ方、使い方について議員から町長や担当者への質問の日です。

真名瀬の問題に関しては、28日金曜日10時から伊藤友子議員が10時30分過ぎごろから畑中由喜子議員が質問なさいます。午後は近藤昇一議員の質問タイムで、おそらく見応えあると思います。

今回17人のうち質問を提出した議員は、たったの8人です。せっかく町長たちに直接質問できるのに全員するのかと思ってました。(議長とかは質問したらいけないのかな?)質問しないということは、疑問がなく、葉山の現状に満足してるということでしょうか?
町議員は議会でしゃべってこそ税金からお給料が町民からもらえるものと思っていたのですが、現実はそうではないみたいです。総務建設常任委員会で四時間のあいだ、一言も発しなかった(前回でも同様)鈴木知一町議員の幻の声を一度は聞いてみたいし、みんな出し惜しみしないでどんどん意見言って、活発な葉山議会を見せてほしいと思います。会派代表一人が質問すればよい、と思っている仲良しグループもいるらしいし、葉山議会の現実、現状が知りたい!と強く感じる今日このごろです。

この状況を是非自分の目で、肌で感じに議会へ、委員会へ出かけましょう。
そしてもう約一年後には準備に入る町長選、三年後の町議員選について真剣に考えてください。結局は選挙で選んだ人たちが町政を動かしているのですから…。
[PR]

by shiritaikai | 2007-09-26 09:02 | 議会関係  

20日、陳情書に添付する追加署名を提出、そして本会議も始まりました。

◇10月10日の委員会に間に合うよう、8日まで引き続き追加署名集めることにしました。

7月31日に提出した、ほとんど二日間ぐらいで集めた署名91名、8月7日総務建設常任委員会の日に追加で提出した263名、そして今回9月20日、本会議開始日に追加で提出した署名は2,242名でした。3千名には及びませんでしたが、合計は2,596名になりました。ご協力いただいた方たちには、こころから「ありがとう」を言わせていただきます。この陳情は10月10日午後13時半からの総務建設常任委員会で審査されます。傍聴できる人は、是非13時10分ぐらいまでに役場3階の議会事務局へ行ってください。お願いします。そしてこの10日にまた追加署名を提出しようと思うので、10月8日ごろまで署名を集められる方は引き続きお願いします。

ぎりぎりにならないと詳しいことはわからないのですが、今後の議会・委員会の傍聴おススメ日・見どころは

○9月25日の12時には27日と28日に行われる平成18年度決算に対する総括質問の通告の締め切りになるので、これ以降に詳細がわかります。

○10月1日〜5日(金)10時から 決算特別委員会で決算書に沿って、細かく審査されます。マリンロード、真名瀬漁港関連は主に3日(水)農林水産費、土木費、4日(木)土木費に含まれています。
決算審査は、それぞれの費目の担当職員がずらりと並んで、議員の質問に答えます。従来の本会議や常任委員会とはまたちょっと違った雰囲気です。税金がちゃんと正しく使われたかどうか是非一度は見に行ってください。
 
○10月10日(水)13時30分から 総務建設常任委員会です。私の提出した陳情の審査がされます。この日は他に、もう1件陳情が審査されますが、ぜひ、大勢で傍聴に行きましょう。委員会は11名しか傍聴できず、多いと抽選になります。他に大きな部屋もあるのに・・・それにもみんなで抗議しましょう。

○10月11日(木)10時から 決算委員会で、特に抽出して、町長への質問(何が質問項目として残るかは、5日に決まります)

○10月16日(火)10時から 決算に関する委員長からの審査報告、反対討論、賛成討論の後、採決(賛成の議員は起立して意思表明をします)

○10月17日〜19日(金)10時から 一般質問。恐らく、10人くらいの議員が質問をすると思われます。質問項目は、9日(火)に通告締め切りとなり、その時点で、質問者の順番と要旨が分かります。


皆さん、平日でスケジュールのやりくりが大変かと思いますが、一度ぜひ議会、委員会へ傍聴に行ってください。熱く議論されていても、他人事のように何時間も一言も発しない議員もいて、何のために税金からお手当てをもらっているのかわからない人たちもいます。葉山町の生活の基盤があまりにもずさんに決まっていく様がよくわかるかと思います。でも、この議会を望んだのは選挙でここにいる町長、町議員を決めた町民みんなにあるのです。この現実を受け止めるために、時間はつくってでも一度は出かけるべきかと思います。次の選挙に絶対!!投票しない人を決めにいくためにも必要なことだと思います。
詳細は葉山町役場議会事務局に問い合わせてください.046-876-1111(役場代表)
[PR]

by shiritaikai | 2007-09-25 10:34 | 議会関係  

7月31日に、私の提出した陳情書の行方

9月20日に「平成17年度新規採択希望地区 漁村再生交付金 真名瀬地区 漁村再生計画」工事内容全般の見直し及び再調査と「マリンロード構想」(平成8年3月に葉山町・神奈川県横須賀県土木事務所・株式会社エコーの三者によって提案)の見直しを求める陳情書に添付する3度目の追加署名2,242名分を、守屋大光町長宛と笠原俊一議長宛に提出しました。議長宛の陳情は10月10日の総務建設常任委員会で審査されるわけですが、守屋町長宛てはどうなっているのか今のところまったくわかっていません。

8月の始めから町長に資料・写真等をお見せして付随説明したいのでお会いしたいとお願いしているのですが、ずーっとお忙しいので私に会う時間がない、とこの1ヵ月半のあいだ秘書のナガイさんから言われています。以前お会いした時は、「聞きたいことがあればこうやっていつでも会いますよ。」と町長はおっしゃっていたのに、一体どうしたのでしょう・・・?

町長宛の陳情は役場の1階入り口近くにある町民課が受け取ります。私は7月31日町民課の稲子課長にお渡ししました。通常であれば1週間ほどで各課、副町長、町長にまわると説明を受けました。でも、ちなみに追加署名を提出した9月20日にも、24日現在でも役場からはこの件に関しては何の連絡もありません。
9月20日に3回目の追加署名を提出する時に、私の提出した陳情がどうなっているのか知りたく、町民公聴課相談係の女性に「陳情がどういう部署をまわり、いつ町長のところに届いたのか教えてください。」とお願いしました。とりあえず調べて電話してくださることになり、翌日21日夕方電話をいただきました。

担当女性:「各担当部署をまわり、町長のところから私のところへ陳情は戻っています」
私:「いつ、どんな部署をまわったのですか?」
担当女性:「町民サービス課課長→生活環境部長→企画調整課長→総務部長→産業振興課課長→都市経済部長→副町長→町長で、私のところに戻っています」
私:「いつどの部署をまわったのですか?町長はいつごろご覧になったのですか?」
担当女性:「日付は記録してないのでわかりません」
私:「普通は日付印を押してまわすものではないですか?もしくは担当部署が日付を
記入してまわさないのですか?」
担当女性:「葉山の場合は一切記録していませんのでわかりません」
私:「では8月の始め、中ごろ、終わり、9月の始め、のなかではどうですか?」
担当女性:「7月31日なので8月中だと思いますけど、わかりません」
私:「ご自分が受け取ったなら8月のいつごろかわかりませんか?お盆前とか後とか、自分の夏休みなどの予定などを基準にして思い出せませんか?私はいつ頃町長がご覧になったか知りたいのですが・・・」
担当女性:「7月31日の陳情なので8月中ごろだと思いますが、記録してないのでよくわかりません」
私:「今回お渡しした追加署名2,242名分は、いつどこの部署をまわるのか記録をしていただけますね。私は協力してくれた方たちに報告する責任と義務がありますか
ら、お願いします」


一般企業と違い、記録を残さない葉山町役場のやり方が、今もって私にはよくわかりません。でも、3回目の追加署名が何日でどこの部署をまわるのかは、今度は把握して皆さんにご報告できるかと思います。
少しは役場の謎がとけるかも・・・良かったです。
[PR]

by shiritaikai | 2007-09-25 10:24 | 海・海岸  

真名瀬の遊歩道の図面が出来上がり、18日総務建設常任委員会において提示されました!!

 9月18日、総務建設常任委員会において真名瀬漁港環境施設断面図(案)、つまり森戸神社の突端から鹿島マンション手前までの20メートル遊歩道プラス休憩所・案内板のスペースの図面が出来た、ということで提示されました。
近藤昇一議員のホームページの資料編で見ることが出来ます。(PDFです)

 前回の委員会で要求して1ヵ月半待って、こんな子供のお絵かきのような図面しかあがってこない現実に、私は何も言葉がでません。何の証拠もありませんが、おそらく森戸神社の海岸沿いの部分を守るためいろんなことが画策されたのかもしれません。森戸デニーズ前のコンクリート部分などあれは森戸神社所有の民地だそうで、私たちは森戸神社の方に歩かせていただいてるらしいです。近年あのあたりは砂が削られ、コンクリート部分と砂地の隙間がどんどんあいてきています。でも議会でも、委員会でも養浜の話はまったくでてきていません。なぜなら、おそらく民地(森戸神社)を守るために公費を使うことはありえないからでしょう。
 漁村再生計画の中に、誰かが得するようにもしくは、損しないようにすべて自分の希望を盛り込んだプランを立てたひとがいるのでしょう、想像ですが・・・。その人は誰?

 そして今日、防波堤延伸20メートルの工事も始まりました。
 葉山はいったい何処に向っているのでしょう・・・?
b0110633_9253427.jpg
9月18日、委員会メンバー議員立会いの現地説明会。ここに休憩所・案内板が出来る予定。漁村再生計画の工事で観光客を呼ぶ遊歩道をつくって、ワカメ干したりする場所はつぶされてしまうの?いったい誰を、何を、守りたいのですか?

b0110633_926256.jpg
ここに遊歩道がつくられる。役場は町民の希望だから、どうしても遊歩道をつくります!と言ってました。

b0110633_9284574.jpg
b0110633_9291812.jpg
b0110633_9293817.jpg
真名瀬防波堤延伸20メートル工事が始まった。
[PR]

by shiritaikai | 2007-09-20 09:33 | 海・海岸  

どうか葉山の海を、海岸を守ってください。ご協力よろしくお願いします。

 改めて現時点での疑問点をまとめてみました。

 海と山に囲まれた自然あふれる穏やかな町、葉山。と思っていたら町の内情はとんでもないことになっていました。ここ1〜2年海岸沿いに大きなマンション、老人ホームなどの建設が相次ぎ、昨年秋からは町が管理する唯一の漁港、真名瀬では目的が不明瞭な工事も始まっていました。私は工事をすることにただ闇雲に反対しているのではなく、本当に必要な公共工事を正当な方法で、妥当な金額で、環境に配慮してやってもらいたいと思っているだけです。
 海に・海岸に一度手を入れてしまうとなかなか元には戻れません。漁村も海も、葉山の町の宝として、慎重に時間をかけてみんなで検討していきたいのです。

1. 漁港整備計画事業費3億円が説明のないまま「漁村再生計画」総事業費5億8千万円、約2倍の規模に!

平成17年当初の内容は計画事業費3億円(国費1億5千万、県費7千5百万、町費7千5百万円)の平成17年〜19年にかけての漁港整備計画。しかし、補助金が出るからといって公の説明も無いまま、この計画はいつの間にか「真名瀬地区 漁村再生計画」という名称で総事業費5億8千万円(国費2億9千万、県費1億4千5百万、町費1億4千5百万)、平成17年〜22年にかけての事業に変化してしまった。

2. 事業費のふくらんだ分は、海岸を潰してつくる遊歩道などにかかる金額。

人口約1/4の要望署名はありえない話。
葉山町・町長守屋大光氏は7月28日に、ビーチFM月1回の木村太郎氏によるインタビュー番組で『「昭和の散歩道」は町民の7千人以上が署名して望んだ結果で、その一環として安心で安全に歩ける「海岸の遊歩道」をつくります』と公共の電波で話していた。
葉山町の人口は約32,000人。その約4分の1近くに当たる7千人の署名を集めることは、果たして可能であろうか? 純粋に町民として有効な署名数を公表するよう役場に申請しても答えがでてこない。(だせない?)

3. なぜ急いで全長460メートルのうち、ここに20メートル分だけの遊歩道を年内につくる必要があるのか?

森戸神社の所有者は現町長の守屋大光氏、夕日の景勝地でも知られるその森戸神社敷地内に、50年借地権つきで今年6月末に完成した鹿島建設が建てた5戸のみの億ションでもちろん一般に売りに出されてはいない。一等地に建てられたこのマンションの土地の賃貸料は、約300坪が月わずか11万円という安さ。この億ションは政治家・石原伸晃氏、とんねるずの木梨憲武氏、スターバックスコーヒージャパン代表取締役・角田雄二氏らが購入。鹿島建設会長・梅田貞夫氏らの別荘としても使用される予定。また、森戸神社の宮司である守屋町長も一部屋持っているという噂がある。
この海岸での一連の工事はこのマンション建設と共に始まり、20メートルの遊歩道もこのマンションの前だけとりあえずつくることになっている。すべてはこのマンション保護のためなのか?森戸神社保護のためなのか?

4. 荒天時にいったい、何隻の船が避難しているのか?

大型漁船避難の実態が、葉山町漁業組合にも、役場にも記録されていない。
第一の目的に「真名瀬は港内の静穏度が悪く、荒天時には大型漁船が油壺まで避難している。その為、通常荒天時に他港に避難しなくても良いように整備する」とあるのだが、その避難実績となる数字が漁業組合にも役場にも存在していないし、記録が今まで一切とられていない。

5. 荒天時の避難が避けられないのなら、沖防波堤(波消しブロック)・防波堤延伸20メートルの工事の本来の目的は?

沖防波堤(波消しブロック)・防波堤延伸20メートルの工事を行ったとしても、荒天時の避難は避けられないと一部ではいわれている。では、これら一連の工事の内容は本当に意味があるのだろうか?

6. 10年以上も前に提案された、「マリンロード構想」が海岸工事の教科書になっている不思議

10年以上も前に提案された「マリンロード構想」、新しい町議員が資料として役場に請求しても「古すぎて在庫がないからあげられない」とまで言われるほど化石化している代物だ。
これが葉山の海岸工事の現在までの教科書になっている恐ろしい現実。環境問題、地球温暖化など一切考慮されていない、バブル末期の落とし子のような存在。これが今だに町長・守屋大光氏、町長のいとこである副町長・鈴木勘之氏と共に葉山町では脈々と息づいている。

7. 「マリンロード構想」をあと押しする海岸開発計画「三浦半島ぐるり一周プロムナード構想」を神奈川県は見直すべき

平成12年に県が提案した三浦半島を一周歩きましょう、というとんでもない遊歩道計画。必要ないところも工事しましょう、という今回のような後ろ盾になってしまう可能性大。

8. 環境への影響配慮・調査は充分なされているのか?

葉山町役場は調査会社 (財)漁港魚場漁村研究所が資料を提出しないのを理由に、調査結果を一切公表していない。工事内容の一環で、すでに昨年末に完成した『真名瀬漁港沖防波堤(環境創造型<藻場形成機能付加>)』の影響が海草・水質・海底にないか心配される。    
[PR]

by shiritaikai | 2007-09-17 09:57 | 海・海岸  

16日、知りたいかい葉山第4回を開催。真名瀬の遊歩道は止められない?

 天気の良い連休の真ん中ということもあり、今回はいつもよりは少ないですが、約40名近くの参加者がありました。現役の漁師さん2名の方にも参加いただき、色々なお話を聞くことが出来てとても貴重な時間となりました。
 そして今日もたくさんの署名を持ち寄っていただき、本当にありがとうございました。北は北海道、南は沖縄までたくさんのひとが、このブログと陳情書を読み、賛同して署名を集め郵便、ファックスで連日送ってくださっています。まだ正式に数えていないのですが、現在署名は少なくとも3千名近く、もしくはそれ以上集まっていると思います。
 これらの署名は町用でも笠原議長と守屋町長お二人に提出しなくてはいけません。明日から20日の本会議初日までにコピーして追加書名としてお渡ししたいと思います。本会議初日20日は10時からで、この日は開会宣言のような日ですが、今回出している陳情の付託先が決定します。都合のつく人は是非お出かけ下さい。内容としては深い話しがありませんがやはり初日ですし、「これからしっかりやってください、私たちは見ていますよ。」ということを町議、行政サイドにしっかりアピールすべきだと思います。
 陳情自体はおそらく10月10日(水)の13時半から始まる総務建設常任委員会で「付託案件審査」つまり陳情が審査されます。これも委員会なので傍聴できる人数は11人ぐらいです。すでに頼んでありますが、みんなでもっとたくさん聞けるよう議会事務局にどんどん問い合わせ・要求してください。お願いします。陳情書に付ける最終の追加署名はこの10日に提出します。ですから20日に間に合わない場合は、10月7日ごろまでには私のところに郵送又はファックス・持参お願いします。
 でも、その前に目前の9月18日(火)13時半からの総務建設常任委員会で、真名瀬に出来る「遊歩道の図面」が発表されます。是非、見に行きましょう。しかし、これも委員会なので傍聴は11人ぐらいで多い場合は1時15分ごろ抽選になるそうです。
 
 年内に森戸神社・鹿島のマンションの前に20メートル分の遊歩道(全長は460メートルなのに)だけは、何が何でも完成させたいようです。9月12日にお会いした時に、都市経済部長の高梨氏と産業振興課長の鈴木氏は「町議も予算を通してるし、真名瀬海岸の遊歩道は絶対に出来ます。」とおっしゃっていました。
 でも、何で20メートルなのか?高梨氏、鈴木氏に何度聞いても、20メートルとりあえず作って、みんなに見てもらい、おかしいかどうか周りの意見も聞いてみるため、と言ってらっしゃいました。おかしいという意見が多かったら、この20メートルははたして取り壊すのでしょうか?
 やはり今までの状況を考えると、最初に出てきた証拠がない黒いウワサ、「葉山の副町長が便宜をはかり、『鹿島の天皇』と言われる鹿島建設の会長が、自分のマンション前をプライベートビーチにしたいために巧妙に漁村再生計画の中に盛り込んだ一連の公共工事」というウワサは本当なのかと思いたくなるようなスケジュールと内容です。
 どうして20メートル分の遊歩道だけ年内に着工したいのか、その理由を町長自ら説明する責任があると思うのですが、皆さんはどう思われますか?

「知りたいかい葉山第4回」は『インサイダー葉山』にも詳しく紹介されてます。
[PR]

by shiritaikai | 2007-09-17 09:46 | 会合について  

9月10日当日に知り、急きょ真名瀬漁港防波堤延伸20メートル工事現場説明会に行ってきました。

9月10日16時より、真名瀬漁業組合員対象の真名瀬漁港防波堤延伸20メートル工事現場説明会に行ってきました。真名瀬の物揚場ブロック積んだ近くの屋外で、少し遅れて行ったらすでに工事担当の株式会社センチュリー工業の人たちの説明は終わり、役場産業振興課の吉田さんが大まかな流れの説明をしていらっしゃるところでした。
追い出されはしませんでしたが、明らかにみんなの前で「部外者の方が来ているので今日はこのへんで・・・」という言われ方をしました。連れ合いが説明会全体の写真を撮ろうとしたら、「漁業組合員の説明会なので写真は撮らないで下さい!」ときつく言われました。いくら組合員対象といっても公共事業はオープンなのかなと思っていたのですが、違うんですね。そういうことを初めて知りました。一部の人には「帰れ」とも言われましたが、私たち自己紹介してないし、よほど不審人物だったのかもしれないと反省も・・・。でも漁港だって、漁師さんだって葉山町の大事な宝でしょ。みんなで一緒に漁港も、漁師さんも、海も、海岸も守りたい、考えるのはいけないことですか?部外者扱いではいつまでたっても一緒に考えられないのに、本当に残念です。
普段から漁師さんと漁港のことをもっと町議の方たちは勉強して交流をはかって下さい。お願いしますね。
県からも水産土木センターのイズミさんが見えて、挨拶してらっしゃいました。いつも県の水産課に今回の漁村再生計画工事の件で問い合わせると、「漁港エリアのことなので、役場の担当者とじっくり話してください」とか言っていたのに、ちゃんと管理しに出てきているのを知って安心しました。県サイドのことは、これからはこのイズミさんに確認すれば良いのですね、きっと・・・。

漁師さんは17人ぐらい出席なさっていて、「防波堤延伸20メートルすると船を避難させなくてもよくなるから助かる」といってらっしゃいましたが、真名瀬の遊歩道計画については何も知らない人が多いようです。遊歩道20メートルは年内着工と言われていて、もう図面も出来てきたのに何故でしょう? 真名瀬に遊歩道が本当に必要な人は誰なのですか?誰がつくろうと最初にいったのだろう?ますますそれが知りたいです。

10日、現場で漁師さんに配っていた資料を
私:「もらえるのですか?」と聞いたら
産業振興課:「今日はとにかく漁業組合員用の説明会だから。外部に出せる資料はないです。」と
私:「一般の説明会はないのですか?資料は見せてもらえないのですか?」
産業振興課:「とにかく漁業組合員用の説明会だから、あなたたち関係ないでしょ。」
と言われてしまいました。

そこで改めて今日(11日)役場に電話して「工事資料下さい」と電話しました。12日にもらいに行くことになりました。一般への説明会はないのかな?

ところで守屋町長はずっと忙しくて、時間がなくて私には会えないそうです。今のところ・・・。
[PR]

by shiritaikai | 2007-09-12 10:15 | 海・海岸  

真名瀬漁港防波堤延伸20メートルの工事がもうすぐ始まります!

 5日に開催予定だった工事説明会は、台風のため流れましたが、工事の準備は着々と進んでいます。まだ説明を聞いてないのでよくわかりませんが、真名瀬漁港のはずれには海に沈めると思われるブロックが積んであります。この工事にかかる予算額は1億7800万円。

葉山町のHPを見ると「真名瀬漁港防波堤延伸工事」の入札結果

○2月16日(その1) 株式会社 不動テトラ 横浜支店 39,690,000円
○7月31日(その2) 株式会社 不動テトラ 横浜支店 34,440,444円
○8月10日(その3) 株式会社 センチュリー工業   36,571,500円

 (その1)だけは平成18年度の予算になっています。
そしてなぜか平成19年度の今年は460メートルのうち20メートルだけ、森戸神社と例の鹿島のマンション前あたりにつくることになっていて、4月の議会で町議の承認を受け、予算を通しています。
 一度議会で町議が承認したものを中止にすることは、とても難しく、町議にとっても勇気のいることかと思います。しかし、今だからこそ、町民の望むこと、葉山の町のありかたをもう一度議員生命をかけて、考えてほしいと思います。みんなが海を見ながら、一生後悔しないために・・・。どうかよろしくお願いします。
b0110633_1124683.jpg
b0110633_11241569.jpg
港に積み上げられたブロック

[PR]

by shiritaikai | 2007-09-09 11:25 | 海・海岸  

いよいよ真名瀬漁港の遊歩道の図面が出来あがったようです!!!

総務建設常任委員会の日程が決まりました。9月18日(火)午後1時30分からです。
真名瀬漁港の遊歩道の図面がとうとう出来たので、説明を受けるものです。
前回同様、傍聴可能ですが委員会は10数名しか傍聴できません。1時ごろに行って整理券をもらうか、多いと抽選だそうです。前回も数名聞けない人が出てきてしまいました。誰かもっと傍聴できるよう抗議してくれると良いのですが・・・町議の皆さんお願いしますね。
[PR]

by shiritaikai | 2007-09-08 10:16 | 海・海岸  

再度のお知らせ!知りたいかい葉山 第4回 開催のご案内。署名は続けてます!

■日時: 9月16日(日) 13時半開場 14時から 16時半頃まで
■場所: 葉山町福祉文化会館・大会議室


「知りたいかい葉山」では現在、下記【1】町に対し【2】県に対しての追加署名を集めています。

【1】『「平成17年度新規採択希望地区 漁村再生交付金 真名瀬地区 漁村再生計画」工事内容全般の見直し及び再調査と「マリンロード構想」の見直しを求める陳情書』(葉山町町長宛及び葉山町議会宛)
【2】『「平成17年度新規採択希望地区 漁村再生交付金 真名瀬地区 漁村再生計画」工事内容全般の見直し及び再調査と「三浦半島ぐるり一周プロムナード構想」の見直しを求める陳情書』(神奈川県知事宛及び神奈川県議会宛)

 9月20日には本会議が始まり、現在追加署名を集めている陳情書も議題にあがります。9月14日には議会スケジュールも決まるそうなので、それに合わせて16日に集まりを開催することにしました。傍聴できる日をご案内したり、追加署名をいただいたり、そのときに皆さんにシェアできる情報をお話しする時間にしたいと思います。まだ、未定ですが役場の担当部所・産業振興課の方から最新情報・今後の予定などをお話しいただくか、書面でいただくことになってます。
9月3日現在、手元にそろっていないので正確な数字はわかりませんが、おそらく1,000名以上の方の署名が集まっています。個人協力者・団体も増えているのでさらに多く集まることを期待しています。
守屋町長は7月28日に、ビーチFM月1回の木村太郎氏によるインタビュー番組で『「昭和の散歩道」は町民の7千人以上が署名して望んだ結果で、その一環として安心で安全に歩ける「海岸の遊歩道」をつくります』とお話しなさっていました。海・海岸に悪影響の可能性のある人工物は本当に必要かどうかじっくり検討してほしいとしている考える多くの人間が存在していることをわかってもらうため、引き続きできるだけ多くの署名を16日まで集めたいと思います。そして本会議の結果や守屋町長のお話ししだいでは、署名を20日以降も集めることも考えています。
ご参加・ご協力よろしくお願いいたします。
 
*この集まりは個人での主催のため、告知にも限界があります。
皆様も、どうか知り合いの方にお知らせください。

主催:知りたいかい 葉山 http://skhayama.exblog.jp/
問合せ先:「知りたいかい葉山」主催者 稲垣智子
E-mail shiritaikai.hayama@jcom.home.ne.jp

海を愛すること
海・海岸を守ること、
保全すること、
海・海岸を整備すること・・・・これらの違いはどこにあるのだろう?
[PR]

by shiritaikai | 2007-09-08 10:05 | 会合について