<   2007年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

皆さん、署名へのご協力をどうもありがとう。

 約1週間、仕事で佐渡に滞在していました。佐渡は島ですが、海と山がありなんとなく葉山に似ています。海岸線は、ほとんどコンクリートやテトラが見え隠れするのですが、数少ない自然の入り江は水が澄んでいて、輝かしいぐらいきれいでした。
 留守中、知人の方やこのブログを読んだ方から「署名を手伝いたいので、署名用紙を送ってください。」というメールを何通もいただきました。ありがとうございます。
 また署名済みの用紙を郵送、ファックスで送っていただいた方に、そのつどお礼を直接お伝えする時間がなくてごめんなさい。この場をかりて、心からお礼と感謝をおくります。本当にありがとう。皆さんのお陰で、「ありがとう」をたくさん言える私は幸せです。どうもありがとう。
  用紙が似ていますが、署名は県と町用の2種類あるので混乱しないよう注意してください。署名は直筆であればファックスで送っていただいても大丈夫ですし、もちろん郵送していただければベストです。9月16日(日)「知りたいかい葉山第4回」を葉山福祉文化会館大会議室で14時から(13時半開場)行いますが、その時まで署名は募ります。9月20日から始まる町議会でのこの陳情に対する状況に応じて、20日以降も引き続き集めることも考えています。
 環境・海の問題は日本全体の問題と思うので、葉山以外でももちろん署名に参加する権利があると、私は考えています。日本各地で同じような問題が起きている、起こりえることを知ってもらいたいのです。 
 以前からずっとお伝えしているように、私は工事に反対なのではなく、必要なことを適切な値段で、環境への影響も充分考えた上で、みんなにその計画もオープンにしながら実行してもらいたいだけです。そのシンプルで当たり前のことが、葉山だけでなく、日本全国行われていないように感じます。
 みんな幸せになりたい、「美しい日本」でありたいという思いは同じなのに・・・何故でしょう? 悲しいですね。
[PR]

by shiritaikai | 2007-08-27 07:58 | 海・海岸  

葉山町町長、守屋大光氏に面会を申し込んでいます。

 7月31日、守屋町長と町議会議長宛に2通の(内容は同じ)陳情書を提出しました。それに続き8月6日、町長の秘書の方に電話で「陳情書に付随する追加資料の写真などをお見せしながら、直接町長に追加説明させていただきたく、8月中にお会いしたい」、ということで面会を申し込んでいました。13日か24日あたりにとお願いしていたのですが、21日に秘書の方から「忙しく時間が合わないので、担当の部長か課長に会ってお話し下さい。」という連絡がありました。本当は9月に入ってすぐにでも始まりそうな気配の「堤防20メートル延伸工事」の前にお会いしたかったのですが、以前役場の方から、『いろいろ段取りをしても、理由はわからないけど町長の「駄目!」という鶴の一声で全部くつがえる』ということを聞いていたので、他の人では意味がないと思いました。ですから「お時間取れる時まで待ちますから、直接守屋町長にお願いします。」ということで、現在守屋町長との面会日連絡待ちです。
[PR]

by shiritaikai | 2007-08-27 07:56 | 海・海岸  

「知りたいかい葉山」第4回を9月16日(日)に開催します。

◇「知りたいかい葉山」第4回を9月16日(日)に開催します。そして引き続き、署名を集めています!!

9月20日に本会議が始まり、現在追加署名を集めている陳情書も議題にあがります。9月14日には議会スケジュールも決まるそうなので、それに合わせて16日に集まりを開催することにしました。傍聴できる日をご案内したり、追加署名をいただいたり、そのときに皆さんにシェアできる情報をお話しする時間にしたいと思います。

日時: 9月16日(日) 13時半開場 14時から 16時半頃まで
場所: 葉山町福祉文化会館・大会議室


ところで8月13日現在、店頭に出ている8月16日・23日夏の特大号「週間文春」に掲載されている『石原伸晃が選挙中に買っていた 葉山環境破壊億ション』という記事ですが、これは編集部から「知りたいかい葉山」のブログを見て問い合わせの電話がありました。編集部の中に、「石原伸晃氏が、神社敷地内の1等値に50年借地権つきで建った、地元でこころよく思われていない豪華マンションを購入した」という情報が入って、記者の方が葉山をネットで検索してこのブログを見つけたそうです。見る視点が少々違いますが、葉山の海岸のことが話題になり、多くの人の注目を浴び、真相解明の手がかりになればと思い掲載を承諾しました。

昨年9月中旬に着工し、葉山町・真名瀬(しんなせ)沖に完成した『真名瀬漁港沖防波堤(環境創造型<藻場形成機能付加>)』は、「環境にやさしく、藻場を形成する」とうたっていますが、完成して半年強で、今までなかったところにヘドロが発生し、海草の上にも付着が見られます。そのような現状が見られるのに、これらの変化を1年間調査・検討しないうちに、早急に新たに実施しようとしている9月開始予定の防波堤20メートル延伸工事は、さらなる水質悪化への影響が懸念されます。 

そして年内着工予定の真名瀬遊歩道は●平成8年に葉山町が提案した「マリンロード構想」●平成12年に県が提案した「三浦半島ぐるり一周プロムナード構想」●「昭和の散歩道」(「昭和の日」記念事業の散歩道が、誰も知らないうちに真名瀬漁村再生計画の遊歩道として、計画の中に盛り込まれたもの)、これら3つの構想が合わさり、いつの間にかひとつの計画になったものです。そして全体460メートルの遊歩道の20メートル分だけ(森戸神社前、森戸・真名瀬海岸漁港エリア部分の予定)、なぜか急ぎ年内着工するためにすでに今年度の予算を通っています。町議会で町議員に承認され、すでに予算を通っているということです。すなわち、20メートルの遊歩道をつくることを、すでに町議会は認めているのです。
海の問題は島国である日本人、みんなで受け止めるべきことかと思っています。私はこんな気持ちで、この問題と向き合っています。母なる海のことを守りたいと思っているひとが大勢いることを、海に伝えることができればと、そんな思いを込めて署名を集めたいと思います。
一度通った予算を見直してもらうには、皆さんの声しかありません。

○署名に協力していただける方はメールを下さい。用紙を添付メール、もしくはファックスで送らせてもらいます。どうかよろしくお願いします。
○署名は直筆なら コピー・ファックスでも大丈夫です。また、住所はお手数ですが、省略せずにご記入下さい。ご協力お願いします。
○尚、この陳情書2枚目の「陳情・署名活動の支援者」としてお名前を掲載いただける方はその旨お知らせ下さい。掲載者が多いと、より協力者が増すことと思います。
○次回は8月末締め切りを予定しております。9月20日の本会議開始まで、引き続き署名を集めます。ご賛同いただける方は、ご協力をよろしくお願い致します。

<おしらせ>
仕事の都合で22日まで出張のため、メール等がほとんど見られなくなると思います。どうかご了承下さい。暑い日が続きますが、どうかみなさんもお身体にお気をつけ下さい。葉山が良き方向に向っていることを祈っています。
[PR]

by shiritaikai | 2007-08-14 08:30 | 会合について  

横須賀三浦地域・地域づくり推進プラン(案)をご存知ですか?

 これは「人とものの交流を促し、自然や歴史などの資源を生かす地域づくり、新たな産業集積の促進と地域に根づいた産業の振興、自然災害への備えや基地対策の促進による安全・安心の確保、特色ある自然の保全と良好な生活環境の整備、に取り組みます。(横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町)」という平成19年7月に県が出した、県の地域計画構想のもとになるものです。8月17日が締め切りで意見・提案を募集しています。葉山町役場の玄関に目立たないように冊子が置いてあります。

 この「構想」という言葉は、今の葉山にとっては非常に気をつけなくてはいけない言葉です。この「構想」が「計画」、いつの間にか「実施プラン」、という構図が今までの葉山です。(他の市町村はわからないので・・・)
今までのことを考えると、「構想」の段階で工事をたくさんする方法はどうすればよいのかを前提に、町が「構想」を立てるのではなく、どこか別の企業の専門家が本当の意味では葉山の町のためにはならない余計な助言、をしてくれているような気配が感じられるからです。
みなさん、17日までに是非「三浦半島ぐるり一周プロムナード構想」についての意見・提案など提出してください。下記から構想プランが見られます。

地域づくり推進プラン(案)
ちなみに冊子では、8ページ「葉山海岸遊歩道の推進」、9ページ「下山川を活用した安全・安心のみちづくりに向けたルートの検討」、「葉山港みなとまちづくりの推進」、17ページ「真名瀬漁港」などが掲載されています。
葉山の町のひとが知らないうちに上記のように、「昭和の散歩道」「海岸遊歩道」の『構想』は着々と進んでいます。どうか今のうちに意見を言ってください。お願いします。

送付・お問い合わせ先
・横須賀三浦地域県政総合センター企画県民部企画調整課
・〒238-0006 横須賀市日の出町2-9-19
・電話 046-823-0210(代) ファックス 046-824-2459
[PR]

by shiritaikai | 2007-08-14 08:20 | その他  

『真名瀬遊歩道に関する申し入れ』を提出

◇8月8日、葉山町議会議員6名の方が、葉山町長 守屋大光氏に『真名瀬遊歩道に関する申し入れ』を提出してくれました。

近藤昇一、阿部勝男、畑中由喜子、守屋亘弘、森勝美、山梨崇仁(敬称略)町議員が下記の申し入れ書を守屋町長に提出してくれました。

「今年度、真名瀬漁港再整備事業の一環として着工される真名瀬漁港区域内の「遊歩道」は、葉山町の「マリンロード構想」や、現在、住民主導ですすめられている「昭和の散歩道」構想とも関連します。しかし、「マリンロード構想」そのものが10年前に練られた構想であり、環境を重視する時代の要請に対応していないものです。さらに、真名瀬漁港区域内の「遊歩道」は、環境や景観、効果について住民から多くの疑問が出されています。よって、町長におかれましては、「マリンロード構想」、真名瀬漁港区城内の「遊歩道」について事業を凍結し、環境影響評価と事業効果の再検証を求めるものです。「散歩道」については環境・景観等に配慮したものにすべきです。」

葉山の町をよくしたい、という思いがひとつになってきたようでとても嬉しいです。
みんなで応援して、行く末をじっくり見つめていきましょう。
[PR]

by shiritaikai | 2007-08-14 08:14 | 海・海岸  

9月2日、「はやま未来」による『住みよい葉山を語る集い』が開催されます。

有志により「はやま未来」が結成され、事務局からご案内があったので、ここにご紹介します。

(以下案内文そのまま)

このたび葉山の有志で「はやま未来」という会を結成(7月29日)しました。この会は魅力的で住みよい葉山をめざし、立場を越えて話し合いを重ね、まちづくりを進めるためのプランを作り、その実現にむけて住民と共に考え、行動する組織です。
その第一回の「住みよい葉山を語る集い」を、9月2日(日)午後1時30分から葉山町文化福祉会館大会議室で開催します。当日は会長代行から都市ごみ問題に視点を当てて問題を提起し、住民の皆さんとの意見交換の場を設けています。

「住みよい葉山を語る集い」 次第
・司会  開会のことば
・代表挨拶             
○「都市ごみ処理について」  原雄次郎    
○質疑応答                  
○意見・要望                 
・「はやま未来」の紹介と活動          
・「はやま未来」の役員紹介            
・閉会の辞               
連絡先/事務局田嶋修三 Tel:046-876-1591 E-Mail:shusun@jcom.home.ne.jp

以下、会長 原禮之助および会長代行 原雄次郎のプロフィールを紹介します。
原禮之助 プロフィール
東京大学大学院卒、理学博士、日本原子力研究所、国連を経てIAEA国際原子力機構(1959-1969)に勤務、セイコー電子工業社長、財団法人新世代研究所理事長を歴任後、SIIナノテクノロジー顧問、社団法人日瑞基金理事長、UNIDO国連工業開発機構親善大使、財団法人草津夏期音楽アカデミー評議員、(社)小さな親切運動副代表等を通じ国際的に活躍中。藍綬褒章および勳三等旭日中授賞叙勲。葉山町堀内在住

原雄次郎 プロフィール
東北大学化学科卒、武田薬品勤務、海外生産拠点PJに係った後、人間の生存に欠くことのできない「水と空気」浄化の公衆衛生分野に活性炭事業を通じて従事、前立腺がん発症の原因物質である飲料水中のトリハロメタン除去対策、公害防除分野に活躍、また武田薬品不動産を創設、現在財団法人総合工学振興会役員としてエコロジー環境並びにエネルギー問題を中心に活動中。葉山町堀内在住、諏訪ノ台地区地域まちづくり協議会会長、葉山近現代史を語る会会員。若い人が集まる葉山お花一杯運動が念願

(以上です)

みなさん、是非時間をつくって参加しましょう。
[PR]

by shiritaikai | 2007-08-14 08:10 | その他  

2007年8月7日(火) 追加署名提出、そして総務建設常任委員会に出席して驚いたこと・・・

8月7日、議会と町長宛の陳情書に添える追加署名263名分を提出してきました。集める期間が3日間しかなかったのに、皆さんのおかげでたくさん集まりました。前回7月31日に提出した91名と合わせて354名となりました。どうもありがとうございます。引き続き署名は9月20日の本会議開催まで集めています。署名に協力していただける方はメールを下さい。用紙を添付メール、もしくはファッックスで送らせてもらいます。どうかよろしくお願いします。

そして陳情書についての状況及び現状説明をしたくて、守屋町長に面会を申し込みました。7日現在、ご不在で予定がまだわかりませんでしたが、今月中にお会いしたいと思っています。

初めて委員会に出席しました。
今日行われた総務建設常任委員会の今回の付議案件は

(1) 遊歩道計画について
 ・「昭和の日」記念事業に係る遊歩道
 ・マリンロード構想
 ・遊歩道の管理費
 ・県実施のアンケート調査結果

(2) 鈴木勘之副町長の海浜地上の土地建物について
 ・経過説明

(3) 湘南国際村について
 ・B地区及びC地区の県への無償譲渡に伴う今後の計画と町への影響等

でした。
       
「(1) 遊歩道計画について」は1時間半ぐらい時間がかかっていましたが、役場の担当課長・部長の説明・返答はわかりにくく、あいまいで驚きました。学級委員会みたい・・・。
なかでもとにかくいちばんの驚きは、町議員の方が、例の『「マリンロード構想」の実現に向けて』(葉山町・神奈川県横須賀県土木事務所・株式会社エコーの三者によって提案・平成8年3月27日発行)という何百ページに及ぶ厚さ10センチ以上?もある資料を請求した時です。この資料は役場の企画課に1冊だけあり、閲覧できるのですが、分厚く、コピーもしにくいのです。ページの大きさもまちまちで、とても読みにくいものです。(是非一度役場で閲覧してみてください)何しろ平成8年のものなので、配布当時に議員をやっていた人しか持っていないそうです。そして、役場の企画課長は「町にも1冊しかないし、残ってない」と確かおっしゃってました。
海岸は何かあるたびに「マリンロード構想」が土台になっているのに、その台本を一部の議員だけで、全議員が持たず、要求しても与えてもらえない。町をつくる町民の代表として存在している町議員に、古すぎて在庫がないからあげられない、とは・・・恐ろしい現実です。そして古すぎる台本に動かされている葉山町の現実は、どう考えたらよいのでしょうか? どうして町議員の方たちはもっと強く要求し、怒らないのでしょうか? もっと町の人のために強くなってください。ときには怒ってください。町民代表なのですから、もっと正しい主張をどんどんしてください。どうかよろしくお願いします。

「(2) 鈴木勘之副町長の海浜地上の土地建物について」は
10月までに取り壊すと鈴木助役は言っているそうです。

ブログ「葉山町インサイダー」にとても詳しく載ってます。どうぞご覧下さい。
[PR]

by shiritaikai | 2007-08-08 10:04 | 海・海岸  

2007年8月5日(日)、「知りたいかい葉山」第3回開催!!

8月5日(日)午後1時すぎから4時まで、福祉文化会館3階の和室で、

1.『「平成17年度新規採択希望地区 漁村再生交付金 真名瀬地区 漁村再生計画」工事内容全般の見直し及び再調査と「マリンロード構想」の見直しを求める陳情書』(葉山町町長宛及び葉山町議会宛)

2.『「平成17年度新規採択希望地区 漁村再生交付金 真名瀬地区 漁村再生計画」工事内容全般の見直し及び再調査と「三浦半島ぐるり一周プロムナード構想」の見直しを求める陳情書』(神奈川県知事宛及び神奈川県議会宛)


の署名に対する説明と署名用紙をお渡ししました。用紙を取りに来ていただいた方も含めると、約30名の方が来てくださいました。暑いなか急だったのに、どうもありがとうございました。
また、都合が悪く今回は来られないけれど、署名用紙をファックスや添付メールで送ってほしい、という方もたくさんいらっしゃいました。どうもありがとうございます。
9月20日から開催の本議会まで、ひき続き署名は行います。なぜなら、このとき陳情書が議題に上がるそうで、たくさんの署名は大きなパワーとなるからです。
8月7日以降、次回の締め切りは8月末の予定です。海の問題はみんなの問題です。葉山町以外の方でも直筆ならファックスでも大丈夫なので、是非ご協力下さい。
(*住所は省略しないで、できるだけ各自ご記入下さい。お願いします。)

わかりにくい長いタイトルの陳情書ですが、これがこの書類の正式名称ということと、皆さんに町や県のつくったどの計画が問題なのか、負の連動をおこしているのか、しっかり認識してもらわないと、どうして町にこういう問題が今、起きているのかきちんと理解してもらえないと思うからです。

●平成8年に葉山町が提案したマリンロード構想(超クセモノのこの名前を忘れないように!!!)
●平成12年に県が提案した三浦半島ぐるり一周プロムナード構想(大手ゼネコンのためにつくられたようなこの名前も覚えておいてください!)
●「昭和の散歩道」=表向き町民から自発的にあがった構想、企画と表明されているが、 2006年12月の議事録にも実は『町長自らの発案・構想』と記録されているそうです。(葉山の議事録をホームページでご確認下さい。)そして、いつのまにか「昭和の日」記念事業の散歩道が、誰も知らないうちに真名瀬漁村再生計画の遊歩道として、計画の中に盛り込まれています。「昭和の日」記念事業の散歩道が、誰も知らないうちに真名瀬漁村再生計画の遊歩道として、計画の中に盛り込まれています。ということは、結果的にいえば、真名瀬の遊歩道は守屋町長の発案?ということになるのかしら???

おそらく大手ゼネコン・企業が工事をしたいために後ろ盾となり、これらの「構想」はいつの間にか、人知れず「計画」というそれらしいものに形を変えて、「工事」が始まってから、初めてその姿を見せる、という恐しい構図の始まりのような気がします。
どうか「構想」という言葉にだまされないで下さい。それは引き返せない長い年月のかかる開発のはじまりかもしれません。何のためなのか、誰のためなのか、20年、30年先も考えたものなのか、その本当の意味を理解してどんどん意見を、声を上げるべき時期でしょう。
10年以上も前に提案された計画の「マリンロード構想」、何年も前に県が提案した「三浦半島ぐるり一周プロムナード構想」は、住民の憩いの場である大切な海岸の自然を破壊し、不必要な開発に結び付けられる可能性が考えられます。地球温暖化対策が緊急に求められる昨今、この計画を早急に見直し、人間が手を入れ人工的なものをつくる方向ではなく、自然な海・海岸を守り、維持する方向性をみんなで考えていくべきだと思います。
署名に協力していただける方はメールを下さい。用紙を添付メール、もしくはファッックスで送らせてもらいます。よろしくお願いします。
[PR]

by shiritaikai | 2007-08-08 09:55 | 会合について  

8月5日(日)「知りたいかい葉山」第3回、開催場所決定!!

急きょ決めた8月5日(日)「知りたいかい葉山」第3回の開催場所が決まりました。

●日 時:8月5日(日)午後2時〜4時
●場 所:福祉文化会館3階 和室(約16畳)


○今回は「平成17年度新規採択希望地区 漁村再生交付金 真名瀬地区 漁村再生計画」工事内容全般の見直し及び再調査と「マリンロード構想」の見直しを求める陳情書および署名に対する説明会と署名用紙をお渡しする予定です。
お茶でも飲みに来るように、どうぞお気軽にご参加ください。

○場所は午後1時から借りています。準備など手伝っていただける方は1時過ぎにお越し下さい。よろしくお願いします。

*尚、当日は福祉文化会館の大会議室(午前9時から午後5時まで)・及びホール(午後2時半開場3時開演)も使用するようで、駐車場の混雑が予想されます。この日は役場の駐車場も使用できますが、皆様どうぞお気をつけ下さい。
[PR]

by shiritaikai | 2007-08-03 10:54 | 会合について