カテゴリ:会合について( 15 )

 

7月19日、知りたいかい葉山 勉強会「相模湾におけるなぎさづくり」

7月19日、知りたいかい葉山第5回 勉強会に神奈川県庁から県土整備部砂防海岸課 なぎさづくり班 村上義隆氏に、「相模湾におけるなぎさづくり 〜山・川・海の連続性をとらえたなぎさづくり〜」を講演していただきました。
もうひとりの方が急病のため、村上氏はプロジェクター、パソコン、お願いした資料「かながわの海岸」を、暑い中遠方からひとりで運んで来て下さいました。
梅雨明けで連休初日ということもありいつもより少なかったのですが、40名近くの方が参加してくださいました。

続きを読む
[PR]

by shiritaikai | 2008-07-22 10:01 | 会合について  

7月19日(土)再度のお知らせ 

知りたいかい葉山 第5回 勉強会
「みんなで考えるこれからの海岸・相模湾のなぎさづくりと葉山」

■日時: 7月19日(土)14時から16時半(13時半開場)
■場所: 葉山町福祉文化会館・大会議室
■講師: 県土整備部 砂防海岸課 なぎさづくり班 村上義隆氏 他
(なぎさづくり班)


今回は神奈川県 県土整備部 砂防海岸課 なぎさづくり班の方に来ていただき、葉山における離岸提と護岸提の現状と今後も含め、相模湾のなぎさづくりに関する神奈川県の取組みについてお話しいただき、相模湾とその一部である葉山の海岸、浜のあり方を考えていきたいと思います。
昨年5月に「知りたいかい葉山第1回」を開催してから、この1年の間にいろいろなことがありました。そのなかで強く感じたことは、自分の地域で起きていること、起きていくことをまず知って、疑問があればそれぞれに質問し、そのプロセス・必要性を理解する大切さです。
想像以上の環境の早い変化に、何が良いのか、私たちはどうすべきなのか・・・。
難しい問題ではありますが、よかったら一緒に勉強しましょう。
夏休みに入りみなさまお忙しいこととは存じますが、どうぞご参加下さい。
お待ちしております。

*現在、真名瀬漁港整備事業の『遊歩道』は建設計画は、「中止」ではなく「中断」している状態です。葉山町漁業協同組合の中では、真名瀬地区の組合員6名で組織された真名瀬漁港検討委員により、「遊歩道」の代わりに何が必要かということも話合われているそうです。可能であれば現在の状況や葉山の漁業について、組合長もしくは検討委員のどなた方にお話いただければと考えております。

[PR]

by shiritaikai | 2008-07-05 13:42 | 会合について  

7月19日(土)知りたいかい葉山 第5回開催決定!! 今回は勉強会です。

7月19日(土)14時、知りたいかい葉山 第5回
「みんなで考えるこれからの海岸 相模湾のなぎさづくりと葉山」開催が決定いたしました。
 
 今回は神奈川県 県土整備部 砂防海岸課 なぎさづくり班(分掌業務/海岸及び港湾事業の調査、計画、実施、指導及び監査 ・海岸保全区域及び港湾区域内行為許可の技術調査)の方に来ていただき、葉山における離岸提と護岸提の現状と今後を含め、相模湾のなぎさづくりに関する神奈川県の取組みについてお話しいただき、相模湾とその一部である葉山の海岸、浜のあり方を考えていきたいと思います。

続きを読む
[PR]

by shiritaikai | 2008-06-29 10:23 | 会合について  

6月14日、みんなで考える「ごみ問題学習会」

6月14日(土)、町議会議員有志(阿部勝雄・伊藤友子・近藤昇一・鈴木道子・土佐洋子・畑中由喜子・森勝美・守屋亘弘・山梨崇仁議員50音順)9名による「ごみ問題学習会」が開催されます。
葉山は最近いろんな講演会、勉強会がおこなわれ、素晴らしいことだと思います。
私たちはエネルギー、ごみ、医療保険の問題など、どういう暮らし方、生き方をしたいのか常に選択をしなくてはいけない時代になりました。
正しい選択をするには、土台となる情報や知識が必要です。
みんなでいろいろ勉強しましょう。

開催日時: 6月14日(土) 14:00〜16:00
場 所 : 福祉文化会館大会議室
講 師 : 田口正己氏(前立正大学社会福祉学部長)

速報!「知りたいかい葉山 第5回」開催のおしらせです。
7月19日(土)14時から福祉文化会館大会議室で行う予定です。海岸のことを県のご担当の方と学ぶ集まりにしたいと考えています。真名瀬の現状なども合わせてお知らせできればと思います。詳細は後日お知らせいたしますが、是非、夏の予定にお入れ下さい。
[PR]

by shiritaikai | 2008-06-10 09:58 | 会合について  

葉山を良くする協議会主催の集会のご案内です。

年末に向けて、皆さんいろいろとお忙しいことと思いますが、今年の年末は葉山にとっては特別です。
私たちが一生に一度体験するかしないかぐらいの危機的状況の中に町はいます。
少し無理してでもあえて、自分の住んでいる町のことを考える時間を作りましょう。
これは今、本当に真剣に向き合わなくてはいけない問題だと思います。
選挙に向けていろいろな会が行われると思いますが、
下記は「葉山を良くする協議会」主催の集会のご案内です。
(「知りたいかい葉山」主催ではありません。)

●「葉山町危機打開集会」のご案内
月日:平成19年12月27日(木)
時間:18時30分〜21時
場所:福祉文化会館・大会議室
議題:(1)町財政今後10年の予測(協議会)
   (2)行財政の無駄探し
   (3)行政の不透明事例探し
危機打開について皆様のご意見をお聞かせ下さい。
下記までご意見をどうぞお早めに送ってください。
e-mail 3381060601@jcom.home.ne.jp
http://members2.jcom.home.ne.jp/nonakaya/hyk.html

●「公開討論会」のお知らせ
町長立候補予定者にお尋ねします。(出席者は打診中)
月日:平成20年1月6日(日)
時間:18時30分〜21時
場所:福祉文化会館・大会議室
議題:(1)貴方はどうする行財政再建
   (2)貴方はどうする「行政透明化」
[PR]

by shiritaikai | 2007-12-26 09:27 | 会合について  

12月24日、葉山の未来を一緒に考えませんか?

葉山 環境パーティーがあります。

葉山うみやま会議からの案内です。

葉山 環境パーティー
この町の未来のために


いま葉山町は大きな分かれめに、さしかかっています
このままのやり方で開発をつづけるか
それとも自然を大切にした町づくりを選択するか
みんなで考えましょう。自然を愛する人、集まれ!

12月24日(月)Full Moon
午後1時〜4時(Eco Market は午前11時〜)
葉山福祉文化会館ホール Tel.046-876-1871
Talk 辻 信一 (文化人類学者・環境運動家・明治学院大学教授)
  
Voice of Hayama パネルディスカッション
● 真名瀬遊歩道・音羽楼跡地など、現状の問題と未来への提案
パネリスト/ 稲垣智子(知りたいかい葉山)、片貝文雄(音羽楼跡地開発を考える会)、矢部 満(葉山うみやま会議)、真砂秀朗 他

コメンテーター/ 辻 信一

Live●海音山音by葉山のミュージシャン達
ヤヨブー、ユカリシャスunit、葉山聖歌隊、サイケ

Eco Market
● 地場産無農薬野菜や海産物、オーガニックな食材や雑貨
Beach Muffin、TantTempo、Five Beans Coffee、Kuni パン、種食堂、Chahat、Hobo、Life Tree、Sorairo

*終了後、海まで環境ウォークをします!
主催 葉山うみやま会議 046 875 8497

辻 信一(つじ・しんいち)プロフィール
「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表。NGOナマケモノ倶楽部の世話人を務める他、数々のNGOやNPOに参加しながら、「スロ−」や「GNH」というコンセプトを軸に環境文化運動を進める。環境文化NGO・ナマケモノ倶楽部を母体として生まれた(有)スロ−、(有)カフェスロ−、スロ−ウォーターカフェ(有)、(有)ゆっくり堂などのビジネスにも取り組む。

「ナマケモノ倶楽部」とは、1999年、環境問題や先住民問題に関心をもつ人々が中心になって立ち上げたNGO。中南米の森に棲むナマケモノという動物の、低エネ、循環型、共生、非暴力の生き方にこそ持続可能な社会や暮らしのヒントがあるとして、生態系保全、環境共生型ライフスタイルへの転換、「環境や社会にいいことをするスロー・ビジネス」の創造という3分野で、ダイナミックな活動を展開中。

ホームページ

私たちみんなひとりひとりがきちんと葉山のことを、地球のことを真剣に想いましょう。 
当日パネリストとしても(実行員)真砂秀朗さんや辻信一さんのトークが聞けます。
これを葉山だけの問題ではなく日本全体の環境問題ととらえ、関心のある方はぜひお
越し下さい。
終了後、海まで環境ウォークをします!これにも是非ご参加下さい。
皆さん是非いらしてください。お待ちしてます。
[PR]

by shiritaikai | 2007-12-20 09:56 | 会合について  

16日、知りたいかい葉山第4回を開催。真名瀬の遊歩道は止められない?

 天気の良い連休の真ん中ということもあり、今回はいつもよりは少ないですが、約40名近くの参加者がありました。現役の漁師さん2名の方にも参加いただき、色々なお話を聞くことが出来てとても貴重な時間となりました。
 そして今日もたくさんの署名を持ち寄っていただき、本当にありがとうございました。北は北海道、南は沖縄までたくさんのひとが、このブログと陳情書を読み、賛同して署名を集め郵便、ファックスで連日送ってくださっています。まだ正式に数えていないのですが、現在署名は少なくとも3千名近く、もしくはそれ以上集まっていると思います。
 これらの署名は町用でも笠原議長と守屋町長お二人に提出しなくてはいけません。明日から20日の本会議初日までにコピーして追加書名としてお渡ししたいと思います。本会議初日20日は10時からで、この日は開会宣言のような日ですが、今回出している陳情の付託先が決定します。都合のつく人は是非お出かけ下さい。内容としては深い話しがありませんがやはり初日ですし、「これからしっかりやってください、私たちは見ていますよ。」ということを町議、行政サイドにしっかりアピールすべきだと思います。
 陳情自体はおそらく10月10日(水)の13時半から始まる総務建設常任委員会で「付託案件審査」つまり陳情が審査されます。これも委員会なので傍聴できる人数は11人ぐらいです。すでに頼んでありますが、みんなでもっとたくさん聞けるよう議会事務局にどんどん問い合わせ・要求してください。お願いします。陳情書に付ける最終の追加署名はこの10日に提出します。ですから20日に間に合わない場合は、10月7日ごろまでには私のところに郵送又はファックス・持参お願いします。
 でも、その前に目前の9月18日(火)13時半からの総務建設常任委員会で、真名瀬に出来る「遊歩道の図面」が発表されます。是非、見に行きましょう。しかし、これも委員会なので傍聴は11人ぐらいで多い場合は1時15分ごろ抽選になるそうです。
 
 年内に森戸神社・鹿島のマンションの前に20メートル分の遊歩道(全長は460メートルなのに)だけは、何が何でも完成させたいようです。9月12日にお会いした時に、都市経済部長の高梨氏と産業振興課長の鈴木氏は「町議も予算を通してるし、真名瀬海岸の遊歩道は絶対に出来ます。」とおっしゃっていました。
 でも、何で20メートルなのか?高梨氏、鈴木氏に何度聞いても、20メートルとりあえず作って、みんなに見てもらい、おかしいかどうか周りの意見も聞いてみるため、と言ってらっしゃいました。おかしいという意見が多かったら、この20メートルははたして取り壊すのでしょうか?
 やはり今までの状況を考えると、最初に出てきた証拠がない黒いウワサ、「葉山の副町長が便宜をはかり、『鹿島の天皇』と言われる鹿島建設の会長が、自分のマンション前をプライベートビーチにしたいために巧妙に漁村再生計画の中に盛り込んだ一連の公共工事」というウワサは本当なのかと思いたくなるようなスケジュールと内容です。
 どうして20メートル分の遊歩道だけ年内に着工したいのか、その理由を町長自ら説明する責任があると思うのですが、皆さんはどう思われますか?

「知りたいかい葉山第4回」は『インサイダー葉山』にも詳しく紹介されてます。
[PR]

by shiritaikai | 2007-09-17 09:46 | 会合について  

再度のお知らせ!知りたいかい葉山 第4回 開催のご案内。署名は続けてます!

■日時: 9月16日(日) 13時半開場 14時から 16時半頃まで
■場所: 葉山町福祉文化会館・大会議室


「知りたいかい葉山」では現在、下記【1】町に対し【2】県に対しての追加署名を集めています。

【1】『「平成17年度新規採択希望地区 漁村再生交付金 真名瀬地区 漁村再生計画」工事内容全般の見直し及び再調査と「マリンロード構想」の見直しを求める陳情書』(葉山町町長宛及び葉山町議会宛)
【2】『「平成17年度新規採択希望地区 漁村再生交付金 真名瀬地区 漁村再生計画」工事内容全般の見直し及び再調査と「三浦半島ぐるり一周プロムナード構想」の見直しを求める陳情書』(神奈川県知事宛及び神奈川県議会宛)

 9月20日には本会議が始まり、現在追加署名を集めている陳情書も議題にあがります。9月14日には議会スケジュールも決まるそうなので、それに合わせて16日に集まりを開催することにしました。傍聴できる日をご案内したり、追加署名をいただいたり、そのときに皆さんにシェアできる情報をお話しする時間にしたいと思います。まだ、未定ですが役場の担当部所・産業振興課の方から最新情報・今後の予定などをお話しいただくか、書面でいただくことになってます。
9月3日現在、手元にそろっていないので正確な数字はわかりませんが、おそらく1,000名以上の方の署名が集まっています。個人協力者・団体も増えているのでさらに多く集まることを期待しています。
守屋町長は7月28日に、ビーチFM月1回の木村太郎氏によるインタビュー番組で『「昭和の散歩道」は町民の7千人以上が署名して望んだ結果で、その一環として安心で安全に歩ける「海岸の遊歩道」をつくります』とお話しなさっていました。海・海岸に悪影響の可能性のある人工物は本当に必要かどうかじっくり検討してほしいとしている考える多くの人間が存在していることをわかってもらうため、引き続きできるだけ多くの署名を16日まで集めたいと思います。そして本会議の結果や守屋町長のお話ししだいでは、署名を20日以降も集めることも考えています。
ご参加・ご協力よろしくお願いいたします。
 
*この集まりは個人での主催のため、告知にも限界があります。
皆様も、どうか知り合いの方にお知らせください。

主催:知りたいかい 葉山 http://skhayama.exblog.jp/
問合せ先:「知りたいかい葉山」主催者 稲垣智子
E-mail shiritaikai.hayama@jcom.home.ne.jp

海を愛すること
海・海岸を守ること、
保全すること、
海・海岸を整備すること・・・・これらの違いはどこにあるのだろう?
[PR]

by shiritaikai | 2007-09-08 10:05 | 会合について  

「知りたいかい葉山」第4回を9月16日(日)に開催します。

◇「知りたいかい葉山」第4回を9月16日(日)に開催します。そして引き続き、署名を集めています!!

9月20日に本会議が始まり、現在追加署名を集めている陳情書も議題にあがります。9月14日には議会スケジュールも決まるそうなので、それに合わせて16日に集まりを開催することにしました。傍聴できる日をご案内したり、追加署名をいただいたり、そのときに皆さんにシェアできる情報をお話しする時間にしたいと思います。

日時: 9月16日(日) 13時半開場 14時から 16時半頃まで
場所: 葉山町福祉文化会館・大会議室


ところで8月13日現在、店頭に出ている8月16日・23日夏の特大号「週間文春」に掲載されている『石原伸晃が選挙中に買っていた 葉山環境破壊億ション』という記事ですが、これは編集部から「知りたいかい葉山」のブログを見て問い合わせの電話がありました。編集部の中に、「石原伸晃氏が、神社敷地内の1等値に50年借地権つきで建った、地元でこころよく思われていない豪華マンションを購入した」という情報が入って、記者の方が葉山をネットで検索してこのブログを見つけたそうです。見る視点が少々違いますが、葉山の海岸のことが話題になり、多くの人の注目を浴び、真相解明の手がかりになればと思い掲載を承諾しました。

昨年9月中旬に着工し、葉山町・真名瀬(しんなせ)沖に完成した『真名瀬漁港沖防波堤(環境創造型<藻場形成機能付加>)』は、「環境にやさしく、藻場を形成する」とうたっていますが、完成して半年強で、今までなかったところにヘドロが発生し、海草の上にも付着が見られます。そのような現状が見られるのに、これらの変化を1年間調査・検討しないうちに、早急に新たに実施しようとしている9月開始予定の防波堤20メートル延伸工事は、さらなる水質悪化への影響が懸念されます。 

そして年内着工予定の真名瀬遊歩道は●平成8年に葉山町が提案した「マリンロード構想」●平成12年に県が提案した「三浦半島ぐるり一周プロムナード構想」●「昭和の散歩道」(「昭和の日」記念事業の散歩道が、誰も知らないうちに真名瀬漁村再生計画の遊歩道として、計画の中に盛り込まれたもの)、これら3つの構想が合わさり、いつの間にかひとつの計画になったものです。そして全体460メートルの遊歩道の20メートル分だけ(森戸神社前、森戸・真名瀬海岸漁港エリア部分の予定)、なぜか急ぎ年内着工するためにすでに今年度の予算を通っています。町議会で町議員に承認され、すでに予算を通っているということです。すなわち、20メートルの遊歩道をつくることを、すでに町議会は認めているのです。
海の問題は島国である日本人、みんなで受け止めるべきことかと思っています。私はこんな気持ちで、この問題と向き合っています。母なる海のことを守りたいと思っているひとが大勢いることを、海に伝えることができればと、そんな思いを込めて署名を集めたいと思います。
一度通った予算を見直してもらうには、皆さんの声しかありません。

○署名に協力していただける方はメールを下さい。用紙を添付メール、もしくはファックスで送らせてもらいます。どうかよろしくお願いします。
○署名は直筆なら コピー・ファックスでも大丈夫です。また、住所はお手数ですが、省略せずにご記入下さい。ご協力お願いします。
○尚、この陳情書2枚目の「陳情・署名活動の支援者」としてお名前を掲載いただける方はその旨お知らせ下さい。掲載者が多いと、より協力者が増すことと思います。
○次回は8月末締め切りを予定しております。9月20日の本会議開始まで、引き続き署名を集めます。ご賛同いただける方は、ご協力をよろしくお願い致します。

<おしらせ>
仕事の都合で22日まで出張のため、メール等がほとんど見られなくなると思います。どうかご了承下さい。暑い日が続きますが、どうかみなさんもお身体にお気をつけ下さい。葉山が良き方向に向っていることを祈っています。
[PR]

by shiritaikai | 2007-08-14 08:30 | 会合について  

2007年8月5日(日)、「知りたいかい葉山」第3回開催!!

8月5日(日)午後1時すぎから4時まで、福祉文化会館3階の和室で、

1.『「平成17年度新規採択希望地区 漁村再生交付金 真名瀬地区 漁村再生計画」工事内容全般の見直し及び再調査と「マリンロード構想」の見直しを求める陳情書』(葉山町町長宛及び葉山町議会宛)

2.『「平成17年度新規採択希望地区 漁村再生交付金 真名瀬地区 漁村再生計画」工事内容全般の見直し及び再調査と「三浦半島ぐるり一周プロムナード構想」の見直しを求める陳情書』(神奈川県知事宛及び神奈川県議会宛)


の署名に対する説明と署名用紙をお渡ししました。用紙を取りに来ていただいた方も含めると、約30名の方が来てくださいました。暑いなか急だったのに、どうもありがとうございました。
また、都合が悪く今回は来られないけれど、署名用紙をファックスや添付メールで送ってほしい、という方もたくさんいらっしゃいました。どうもありがとうございます。
9月20日から開催の本議会まで、ひき続き署名は行います。なぜなら、このとき陳情書が議題に上がるそうで、たくさんの署名は大きなパワーとなるからです。
8月7日以降、次回の締め切りは8月末の予定です。海の問題はみんなの問題です。葉山町以外の方でも直筆ならファックスでも大丈夫なので、是非ご協力下さい。
(*住所は省略しないで、できるだけ各自ご記入下さい。お願いします。)

わかりにくい長いタイトルの陳情書ですが、これがこの書類の正式名称ということと、皆さんに町や県のつくったどの計画が問題なのか、負の連動をおこしているのか、しっかり認識してもらわないと、どうして町にこういう問題が今、起きているのかきちんと理解してもらえないと思うからです。

●平成8年に葉山町が提案したマリンロード構想(超クセモノのこの名前を忘れないように!!!)
●平成12年に県が提案した三浦半島ぐるり一周プロムナード構想(大手ゼネコンのためにつくられたようなこの名前も覚えておいてください!)
●「昭和の散歩道」=表向き町民から自発的にあがった構想、企画と表明されているが、 2006年12月の議事録にも実は『町長自らの発案・構想』と記録されているそうです。(葉山の議事録をホームページでご確認下さい。)そして、いつのまにか「昭和の日」記念事業の散歩道が、誰も知らないうちに真名瀬漁村再生計画の遊歩道として、計画の中に盛り込まれています。「昭和の日」記念事業の散歩道が、誰も知らないうちに真名瀬漁村再生計画の遊歩道として、計画の中に盛り込まれています。ということは、結果的にいえば、真名瀬の遊歩道は守屋町長の発案?ということになるのかしら???

おそらく大手ゼネコン・企業が工事をしたいために後ろ盾となり、これらの「構想」はいつの間にか、人知れず「計画」というそれらしいものに形を変えて、「工事」が始まってから、初めてその姿を見せる、という恐しい構図の始まりのような気がします。
どうか「構想」という言葉にだまされないで下さい。それは引き返せない長い年月のかかる開発のはじまりかもしれません。何のためなのか、誰のためなのか、20年、30年先も考えたものなのか、その本当の意味を理解してどんどん意見を、声を上げるべき時期でしょう。
10年以上も前に提案された計画の「マリンロード構想」、何年も前に県が提案した「三浦半島ぐるり一周プロムナード構想」は、住民の憩いの場である大切な海岸の自然を破壊し、不必要な開発に結び付けられる可能性が考えられます。地球温暖化対策が緊急に求められる昨今、この計画を早急に見直し、人間が手を入れ人工的なものをつくる方向ではなく、自然な海・海岸を守り、維持する方向性をみんなで考えていくべきだと思います。
署名に協力していただける方はメールを下さい。用紙を添付メール、もしくはファッックスで送らせてもらいます。よろしくお願いします。
[PR]

by shiritaikai | 2007-08-08 09:55 | 会合について