カテゴリ:その他( 52 )

 

4月24日葉山町議選に向けて 思い出してほしいこと、忘れないでほしいこと

震災の影響で予定より少し遅れたようですが、「真名瀬の遊歩道建設」の代わりとなる、船揚場の改修工事がもうすぐ終了します。

b0110633_0135978.jpg

     2011年4月中旬、改修工事完成真近の真名瀬漁港の船揚場。
     遊歩道の予算が、本当に必要とされているこの工事にあてられた。


b0110633_01110.jpg

    2009年 工事前の船揚場。この工事より、浜に遊歩道の方が優先的に考えられていた・・・

2007年からこの4年間に及ぶ過去の体験、出来事を通して、町議選に向けて思い出してほしいこと、忘れないでほしいことがあります。
真に葉山が新しいみんなの町になるために、嘘、偽りなく真剣に葉山町のことを考え、裏表なく信念を持って行動する人が議員になってほしいと思います。
ですからまず人間として、嘘をつくと言うことは絶対に良くないと思いますし、そういう人には議員になってほしくはありません。

2007年10月議会において、真名瀬に遊歩道は必要であると、論じていた町議の方々は
金崎ひさ、鈴木知一、伊藤友子、加藤清、伊藤圭介待寺真司、佐野司郎、横山すみ子、鈴木道子、中村常光各議員でした。


そして信じられないことも体験しました。
今回の町議選にも立候補している方ですが、
2008年1月12日、6回も当選している町議経験豊かな方から、公の場で嘘をつかれたのです。
その日は葉山町長立候補者に対する町民からの公開質問会で、会場の一色会館には百人近くの方が参加していました。朝日新聞、神奈川新聞の方たちも来ていました。
私はこの女性候補者の方とお話したことは一度もありません。
しかし、その女性は選挙の争点のひとつともなっている「真名瀬の遊歩道問題」について驚くべき発言をしたのでした。
*補足:この女性は残念にも今回当選した、現町議員の横山すみ子氏のことです。
町長候補の女性:
「陳情者の方にも私がいろいろとアドバイスをして、・・・・遊歩道中止ならそれに絞った方がいい、と陳情人が陳情書を出しなおした結果採択・・・・・・」と言われたのです。
あまりにも驚いた私は、最後の質問の時間に
私:
「陳情人は私ですが、私はあなたと一度も口を聞いたことも無いし、そんなアドバイスを受けた覚えはありません。」と抗議すると、しばらく沈黙し突然トーンダウンして、

町長候補の女性:
「会派の(彼女は当時新葉クラブのリーダーで、金崎ひさ、待寺真司現町議が所属)金崎から聞いた話しなので、彼女に確認してみないとわからない。」
と話されたのです。

私はあきれて果てて、怒りを通り越して、悔しくて涙が止まりませんでした。
私がその場にいなければ、出席していた方々やマスコミの方も、その発言を真実と受けとめていたと思うと・・・なんで会ってもいない人に会って、助言までしたと公の場で言えるのだろう・・・。

悲しみが深過ぎて、この時のことを今まで、詳しくブログにも書けませんでした。
この女性からこの3年間、謝罪も真相の説明も全くありません。
しかし、この方がまた町議選に立候補なさると聞いて驚いていますし、どうかけじめだけはつけていただきたいと思っています。

当時のことをショックのあまり、私がブログに書かなかったので、この時出席していたほかの方が、詳しく書いてくださっていました。
その時のことやその方の情報など、是非「もうひとつの葉山町ブログ」をご覧ください。
http://ameblo.jp/hayamamachi/entry-10065675044.html
http://ameblo.jp/hayamamachi/entry-10060928381.html
http://ameblo.jp/hayamamachi/entry-10062826477.html


その女性は葉山町議員として20年以上の経験を持ち、現県会議員の近藤大輔氏とも懇意な方です。
私たちが県宛の陳情署名、約4000名分を正規に提出できなかったのも、どうやらこの方たちに複雑な事情があったようです。(謝罪だけで詳細をきちんと説明していただけないので、そのように考えるしかありません。)
http://skhayama.exblog.jp/7979755/
http://skhayama.exblog.jp/8620317/

また現在、この女性が昨年のごみ処理場のダイオキシン発生でいろいろと動かれているようですが、平成14年から町のごみ焼却場でダイオキシンの発生が問題視されていたと聞きました。
私は、この時に町議員だった人たちの責任がとても重いと思います。
もちろんこの女性の方も当時はベテラン町議員だったはずです。
その当時にどういう動きをしたのか、また町民、議会に知らせないままの平成19年ごみ広域化の覚書締結とどういう関係にあるのか、まずそれを嘘を交えず、明確にすることからやっていただきたいと思いました。

また、葉山町議員の方のことを知る資料として、
2000年に起きた飯島事件なども参考にしてください。
*飯島事件詳細は http://skhayama.exblog.jp/7643026/ を参照にしてください。
現職の方のことがよく理解できるかもしれません。

*「真名瀬漁村再生計画」見直しの陳情に関しては過去のブログや、最初の方をご覧ください。

[PR]

by shiritaikai | 2011-04-15 16:34 | その他  

大バカ環境破壊計画を告発!(週間『SPA!』4月27日号)より

「企業の無謀な開発で豊かな自然が次々と潰されるのには、もうウンザリ。竹富島(沖縄県)、北川湿地(神奈川県)を救え」という特集記事が掲載されました。

これを読んでビックリしました。
ここにご紹介します。

「SPA!特集記事:大バカ環境破壊計画を告発!」

いくつか疑問点がでてきたので後日、京急電鉄本社に電話して聞いてみました。
それは次回に・・・。

まずは上記の中から「北川湿地(神奈川県)」について一連の告発記事をお読みください。
 
ガンジーさんが伝えてきたこと   
この言葉をもう一度、どうか思い出してください。


b0110633_3123572.jpg


生きとし生けるすべてのものの命を大切にし、
自然と人間が共生する世界、
人間は自然の恵みの中で
いくらでも豊かに生きることが出来る


 
b0110633_33064.jpg

[PR]

by shiritaikai | 2010-05-19 10:50 | その他  

神奈川県は三浦半島の宝をどうして守ってくれないのだろう?

トランジション葉山からの案内です。

b0110633_11435844.jpg

*失われる危機にある三浦のうつくしい谷戸、いのちの水辺、北川湿地を知っていますか*
 <トランジション葉山は北川湿地を保存する活動をバックアップしています>


神奈川県で最大規模の平地性湿地「北川湿地」

そこは多様な生き物たちが営巣する大切なところ

絶滅危惧種の生き物がたくさん。その命をようやく育むことのできる場。サンクチュアリ。

フクロウの家族、ノスリ、アカガエル、アオカエル、メダカ、ホタル、イタチ・・

周囲にはもう彼らが生きる場所はありません。

そう、ひっそりと奇跡的に残っていた原生の湿地、いのちの水辺



そこがいま残土処理場になりつつあります。すでに埋め立て工事もはじまりました。
もう手遅れかもしれない、
でもまだ何かできることがあるはず。
開発する側とも協力しあってなんとか残す道を探っていくことができないでしょうか。

この奇跡的に残っている北川湿地が残土処理場にされることなく、もっと気持ちのよい、自然と共生できる場所になることを願って、これまでこの湿地の保存活動に奔走してこられた三浦・三戸自然環境保全連絡会の方といっしょに下記のようなイベントを開催いたします。ぜひご参加いただけたら嬉しいです。

************************

4/26 【北川湿地を知ろう】北川湿地のお話会@coya

************************

逗子coya 18:30 オープン 19:00スタート 
スライド含めて今までの経緯、現状を三浦・三戸自然環境保全連絡会の横山さんにお話しいただき、これから何ができるかを皆で話しましょう。

主催:北川湿地を守りたいひとびとの輪
協力:トランジション葉山・coya

***************

5/1-5  【北川湿地見学ツアー】 

***************

10時 三崎口駅集合 
北川湿地の外周を歩き素晴らしさを体験(反対ではなく、この湿地のすばらしさを体感し、森と繋がっていただきたい、まだ残されているこの自然の贈り物を一人でも多くの人の記憶に残して欲しいという主旨です)

主催:三浦・三戸自然環境保全連絡会
http://www.kndmst.net/mito/
http://mitomiura.exblog.jp/

****************************

5/5【2000人で手つなぎ ・北川湿地の生き物たちのために】

****************************
         
〜今のうちにこんなに素晴らしい自然と生き物たちを見に行きませんか〜

皆で手をつないで湿地を囲み(2000人で一周囲めます!)未知の時間をあじわい楽しみましょう。
当日は現地を外から案内、現状を見ていただいて、皆の意識が森やそこにいる命とつながりそこから何かが始まることを願っています。

共催:三浦・三戸自然環境保全連絡会
   北川湿地を守りたいひとびとの輪
 トランジション葉山 http://tthayama.blog10.fc2.com/

  10時集合 順次 湿地外周を歩く
  12時 手をつないで湿地を囲み皆と湿地の生き物たちとつながる
  13時〜 湿地で感じた事、シェアしたい事、湿地保全のために何ができるか
などを、たかいく農園で楽しく話しましょう。
[PR]

by shiritaikai | 2010-04-21 11:47 | その他  

アヒンサー(不殺生)

11月、12年ぶりに所用でインドに行ってきた。
かつて何度も長い旅をしたところだが、随分変わったようでもあり、変わらないようでもある
不思議なところだ。
ガンジーさんの住んでいた家を訪れた。

ガンジーさんが伝えてきたこと

生きとし生けるすべてのものの命を大切にし、
自然と人間が共生する世界、
人間は自然の恵みの中で
いくらでも豊かに生きることが出来る


2010年はこのことを大事に感じて生きていきたい・・・

b0110633_1323458.jpg

[PR]

by shiritaikai | 2009-12-28 13:24 | その他  

「第9回 葉山まちづくり展」開催中!!

第9回葉山まちづくり展が葉山図書館2階のホールで開催されています。
10/1(木)〜10/4(日)
10時〜17時

私も参加しているトランジション葉山のパネル展示や葉山環境文化デザイン集団、葉山景観調査団、ゼロ・ウエイストを考える・進める会、川族、森戸川村、オーシャンファミリー葉山、炭焼き同好会、ホタルの会、メダカの会、etc..色々な町での活動が、とてもわかりやすく紹介されています。
手作りの展示がとても楽しいです。
ぜひお出かけ下さい。

関連イベントは11月6日まで開催されますので、今まで出会わなかった人たちや町の現状などを知るきっかけにもなります。この機会に町のことを勉強しましょう。
[PR]

by shiritaikai | 2009-10-04 12:06 | その他  

山口県 上関町の原発計画は止まらないの?

政権が変わったのに、上関町の原発計画は止まらないのでしょうか?

祝島からのお願いです。

瀬戸内に残された豊かな海が、今、原発のために埋め立てられようとしています。

1982年に山口県の上関町に原発建設計画が持ち上がってから、地元住民は賛否の対立に苦しんできました。
28年たった今でも未だに続いています。
そして原発予定地の対岸わずか3.5kmに浮かぶ祝島では、住民の9割が計画に反対し続けてきました。

原発建設予定地周辺は豊かな漁場であると同時に、小型の鯨のスナメリが群れをなして泳ぎ、天然記念物のカンムリウミスズメの生息が確認されるなど、希少な動植物の宝庫でもあります。

しかし昨年山口県は、原子炉設置許可申請すら出されていない状況にもかかわらず海の埋め立ての許可を出してしまいました。
そして今、中国電力は原発建設予定地の目前に住む祝島の島民に対する説明も対話もないまま、海の埋め立てと原発の建設を強行しようとしています。
私たちは自分たち自身の命や生活を守るために、生活の糧である美しい海や豊かな自然を守るために、中国電力の埋め立ての強行に抗議しています。

祝島島民の会では
ホームページ
ブログ
も開設していますが、多くの島民が阻止行動に参加しているため今は現地の様子をお伝えできません。
これまでの動きを含め、現地の状況は
上関原発最新情報
RadioActive
UrauraNews等で紹介されていますので、ぜひご覧ください。
山口県や中国電力、上関町に、地元住民を無視した工事の強行に対する抗議や疑問の声を届けてください。
そして、この呼びかけを多くの方々につないでください。
どうかご協力をお願いします。

山口県
・海の埋め立てに関してはこちら
土木建築部港湾課
TEL:083-933-3810(管理班、港政班)
FAX:083-933-3829
E-mail:a18700@pref.yamaguchi.lg.jp

・スナメリやカンムリウミスズメなどの希少生物についてはこちら
環境生活部自然保護課
自然・野生生物保護班
TEL:083-933-3050
FAX:083-933-3069
E-mail:a15600@pref.yamaguchi.lg.jp

中国電力
TEL:082-241-0211
FAX:082-523-6185
原発関連メールフォーム

上関町
TAL:0820-62-0311
FAX:0820-62-1600
E-mail:k_yakuba@d2.dion.ne.jp
[PR]

by shiritaikai | 2009-09-13 09:27 | その他  

NHKの土曜ドラマ「再生の町」

8月29日午後9時からスタートするNHKの土曜ドラマ「再生の町」、試写を見たわけではないのではっきりとはわかりませんが、興味深いドラマだと思っています。
再生の町ホームページ

以下はチーフプロデューサーのブログから。

「このドラマは、地方自治体の「財政破綻」と「再生への道のり」を描くドラマです。
でも、「地方自治体の財政破綻」って、何のことだかわかりますか…?

自分が住んでいる「都道府県」や「市町村」が、「倒産」してしまうことです。
これでも、よくわかりませんよね…。

私たちは、日常生活の中で、いろいろな行政サービスを受けています。
下水道、ゴミ処理、保育園、高齢者福祉、地域医療、生活保護、道路整備など…。
財政破綻によって、それらのサービスに割り当てられる予算が減らされてしまうんです。
つまり、十分な行政サービスが受けられなくなるのです。

まだ、ちょっと実感がわきませんか…?
今まで無料だった「ゴミ処理」が有料になったり、「保育園」の料金が値上げされたり、近くの「公立病院」が廃止・縮小されたり、「高齢者」のデイサービスが廃止されたり…。

何となくわかっていただけましたか…?
子供にとっても、大人にとっても、住みにくい町になってしまうんです。

そんな最悪な状況にならないように、四苦八苦する公務員たちの物語。
それが、このドラマ「再生の町」。

財政危機が発覚したとき、その厳しい財政状況のなかで…、「暮らし」や「命」に直結する行政サービスの何を残して、何を削るのか…。

「ふるさと」を守るために、地方自治体や私たちにできることって何…?

決して、他人事ではありませんよ。
皆さんも、この番組を見ながら、自分が暮らす町について一緒に考えてみませんか…?

[PR]

by shiritaikai | 2009-08-27 10:53 | その他  

8月30日は「最高裁裁判所の裁判官の国民審査」の日

最高裁判官「国民審査」について私は今まで理解しておらず、この事実を知って驚きました。
是非皆さんにも知ってもらいたく、この場を借りてお知らせします。
イラク戦争に賛成したくはないので、というより戦争には反対なので「最高裁裁判所の裁判官の国民審査」のことをみんなにも是非考えてもらいたいと思いました。 

*転送歓迎
是非Live in Peace.jpのHPを見て下さい。
以下は「平和活動を知る・検索する・参加できる平和活動・ボランティア・海外支援のポータルサイト リブインピースドットジェイピ」より。

『最高裁判官をあなたがチェック!!』
衆議院選挙の投票の時に、こっそり行われている最高裁判所の裁判官の「国民審査」、ってご存じでしょうか?

投票所で、選挙の投票をしたときに、よく知らない人の名前が何人か書いてある紙を渡されますよね。
それに、×をつけるかそのまま白紙で出すか、というあの投票を「最高裁裁判所の裁判官の国民審査」といいます。
実は、去年、イラク派兵違憲判決が出た後に、「竹内行夫」さんという人が最高裁の裁判官に任命されました(任命したのは麻生内閣です)。

この竹内行夫さん、実は、外務省の「事務次官」と言って外務省のトップだった人です(裁判官出身ではなくて、外務行政のトップだった人です)。
しかも、小泉さん時代に外務省のトップに君臨していて、ブッシュのイラク戦争支持や自衛隊のイラク派兵を決定し、実際に実行していった外務行政の責任者です。
イラク戦争に反対したレバノン大使(天木直人さん)を「クビ」にしたのも竹内さんです。
また、高遠さん達3人がイラクで身柄拘束されたときにも、「自己責任だ」と切って捨て、3人へのバッシングを引き起こしたのも竹内さんです。

今振り返ってみてどうでしょうか?
今やイラク戦争についてブッシュ元大統領でさえ「間違っていた」と反省をしています。
そして、イラク派兵については、名古屋高裁が違憲と判断しています。

竹内さんは、まさに間違っていたイラク戦争を支持し、違憲と批判されたイラク派兵を進めた張本人です。
麻生首相は、その違憲行為の張本人である竹内行夫さんを、あろうことか憲法の砦である最高裁に送り込んだわけです。

違憲判決が出た後に、わざわざイラク派兵の責任者を最高裁の裁判官に送り込んだ、ということは、「イラク派兵については全く反省もしない」「これからも今の憲法を守るつもりもない」という意思の表れに他なりません。実際に、政府は明らかに違憲のソマリア派兵を強行しています。
最高裁は、「憲法を守る砦」であるはずです。

行政が仮に憲法に反する政策を行った場合には、しっかりと「間違っている」と指摘していくことが求められています。「三権分立」からも当然のことです。

憲法を守る最高裁の裁判官にふさわしい人に裁判官になってもらいたい。
最高裁裁判官ふさわしくない人には退場頂きたい。
そのためにとても大事な手段があります。

それが、「最高裁裁判官の国民審査」です。

最高裁の裁判官は、国民の信任なく時の内閣によって選ばれてしまいます。でも、それでは国民と裁判所が完全に切り離されてしまう。そこで、最高裁判所の裁判官は国民の信任を受ける必要がある。
ということで、憲法上定められているとても大事な制度が、「国民審査」です。

裁判所を良くしていくのも、悪くしてしまうのも、本当は審査をする立場にある有権者である私たちひとりひとりにかかっているのです。そして、裁判所が平和憲法を守る立場に立たせるか、憲法をないがしろにする立場に立たせるか、も私たちにかかっているのです。
私たちの「平和憲法を守らせる」意思をしっかりと伝える。
そのために、今回の国民投票では、「竹内行夫」さんに「×」をつけることで、「平和憲法を守れ」という「平和への意思」を表明していきたいと思っています。裁判所に対して、政府に対して「平和憲法を守れ」という声を示していきたいと思います。
「バッテン」の数値は全選挙区で出てきますので、どれだけの人が平和への意思を示したかがはっきりします。

また、「公職選挙法」の対象になりませんので、ビラ配りも自由ですし、投票日に投票所近くで「竹内さんにバッテンを」と街頭宣伝することも道交法にあたらない限りは全くの自由です。ネット上での運動も自由です。
平和憲法をないがしろにする最高裁裁判官はいらない。
選挙では争点になりにくい平和の問題を、「平和のための国民審査」の形で明らかにしていこう。

そんなコンセプトで取り組みを造っていきたいと思っています。
人の名前に「×」をつける、ということは「品がない」とも思われるかもしれません。
しかし、衆議院選挙では、平和の問題はなかなか争点になりません。
現在、違憲のイラク派兵の検証もされず、これもまた明らかに違憲のソマリア派兵についても、大多数の国民にはその是非について声を上げる機会すらありません。
今回、竹内氏に「×」をつけることは、決して竹内氏個人を誹謗中傷したり、攻撃をするということではありません。あくまで、竹内氏が進めた違憲の海外派兵を批判する、平和憲法を護り行かす方向を選択する、という意思表示の仕方に他なりません。
これは、これまでにない「平和」の意思表示の貴重な機会となると考えます。
全国のみなさんと一緒にいろんな形のとりくみをつくっていければと思っています。

[PR]

by shiritaikai | 2009-08-27 10:49 | その他  

洋之介ファンフェスタ 親子チャレンジ2009

洋之介ファンフェスタ 親子チャレンジ2009
葉山・作って!食べて!楽しむ!海の運動会


9月6日(日)10時〜16時
「洋之介ファンフェスタ 親子チャレンジ2009
葉山・作って!食べて!楽しむ!海の運動会」が開催されます。
詳細は下記をご覧ください。
 
http://members3.jcom.home.ne.jp/yonosuke-fanfesta/
[PR]

by shiritaikai | 2009-08-13 10:13 | その他  

8月30日は総選挙

もうすぐ選挙になります。
どういう世界に住みたいか、どんな風にしたいか積極的に選択しなくてはいけない時になりました。
高尾山を守っている坂田さんからのメッセージをこの場を借りて送ります。
葉山のことも無関係ではありません。
それぞれが願う形で山や海、町を守ってくれるひとを選ばなくてはいけませんから・・・。
これから選挙の時には(もちろん身近な町議選も!)このような形で具体的に、私たちもさらに真剣に向き合っていかないといけないと思いました。

エコ議員つうしんぼをチェック
b0110633_943485.jpg






いよいよ総選挙です。
投票日は、8月30日(日)、不在者投票は8月19日〜8月29日。
今回の選挙で、日本の森や川や海の運命は大きく左右されます。

たとえば、高尾山…
国交省は、秋には本格掘削をはじめるつもりのようです。
裁判は続いているけれど、このままでは間に合わない…

日本の公共事業は、裁判の結果が出るまでストップしてくれません。
それどころか、万が一わたしたちが勝っても
事情判決と言って、ここまで工事を進め、税金をつぎ込んだのだから
新たな公共性が生じたと言って、裁判には勝っても工事は止まらないなんてこともあります。
まぁ、だからこそ国交省は、やみくもに工事を進めるわけです。
そうなると、もう政治的な決着しかありません。

高尾山を救うために動いてくれる候補者は誰?
マイカップやマイはし、エコバッグだけじゃ山は守れない。
マイ政治家になってくれる候補者は誰?
きっと、さまざまなエコの問題に取り組んでいる人が同じ気持ちなんだと思います。

だから、作りました!
「エコ議員つうしんぼ」!!
これまでのアンケートとちょっと違うのは、設問が法案になっていることです。
法案として国会に提出してくれますか?というアンケートを全候補者に送りました!

高尾山トンネル問題、辺野古のジュゴン、八ッ場ダムなど公共事業による自然破壊から原発、自然エネルギー、住宅問題や特別会計などなど、みんなが気になっていること、あったらいいなぁーという法案が25問。
あちこちのNGOやNPOをはじめ、エコに取り組む仲間たちの意見を聞きながら作ったものなので、かなりつっこんだものになっていますよー
もう候補者は、「エコっぽい」ことを言ってごまかせません。

使い方は簡単!
たとえばわたしは、八王子なので東京24区をクリック。
候補者は3名。
その中で、民主党のあくつ幸彦さんが、高得点。
しかも高尾山を守るために動いてくれる♪
てな具合に、すぐわかるガイドが「エコ議員つうしんぼ」です。

選挙になると、みんな「地球に優しい」とか「環境に配慮して」とかってやたら言ってるけど、本当?と思いますよね。
これまで投票に行かなかった人も、
「だって誰がいいのかわからないから…」というのがほとんど。
でも大丈夫!
エコ議員つうしんぼで、チェックすれば見分けられます。

大事なのは点数だけでなく、候補者たちのコメントです。
いろんなコメントがあって面白いですよ♪

ぜひぜひ、投票に行く前に「エコ議員つうしんぼ」を見てください。
自分の選挙区は、もちろんのこと、気になる質問をチェックして、法案にしてくれたり、賛成してくれる候補者を他の選挙区の人にも教えてあげて、一人でも多く当選させましょう。

今度の選挙は、環境に一票!という気持ちでみんなが投票に行ってくれるといいな。

もちろん、選挙後も追いかけます!
当選のあかつきには、約束どおり動いてもらいます!
約束を守ってくれたかどうかをサイトにアップします。

ただいま、約400名(全候補者の三分の一)の候補者から回答が寄せられていますが、まだまだ回答は集まりそうです。
エコ議員つうしんぼチームが、がんばってアップ中。

エコ議員つうしんぼをチェック
b0110633_943485.jpg



みんなの力で広めてくださーい!

●ブログやホームページを持っている人はリンクやバナーをはってください!

●応援メッセージやご意見もどしどしお寄せください。

●ビラもあります(HPよりダウンロードもできます)。
まわりに配ってくれる人、欲しい枚数と送り先を坂田まで返信してください。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■エコアクション虔十の会(けんじゅうのかい)
 ■代表 坂田 昌子
 □E-mail:kenju-no-kai@nifty.com
 □Homepage:http://www3.to/kenju
 □Blog:http://kenju-no-kai.cocolog-nifty.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
[PR]

by shiritaikai | 2009-08-13 09:50 | その他