2000年に起きた飯島事件を知っていますか?

 葉山は昔からいろいろとあるんだよ、と言われ教えてもらったのが、「飯島事件」。
下記は2000年11月22日「毎日新聞」の抜粋です。

公選法違反:
前衆院議員・飯島被告の初公判 起訴事実認める

________________________________________

 6月の衆院選後、票を取りまとめた謝礼に市議、町議らに商品券を配ったとして、公職選挙法違反(事後買収、買収申し込み)罪に問われた前衆院議員、飯島忠義被告(55)=横浜市栄区飯島町=に対する初公判が22日、横浜地裁(松野勉裁判官)で開かれた。罪状認否で飯島被告は起訴事実を全面的に認めた。
 起訴状によると、飯島被告は衆院選神奈川4区から自民党公認で立候補し落選したが、選挙後の7月中旬、鎌倉市議5人、逗子市議8人、葉山町議10人と自民党役員1人の計24人に、票の取りまとめの報酬として、15人に商品券(計100万円相当)を配り、9人に商品券(計85万円相当)を渡した。
 この選挙違反事件では商品券を受け取り使用するなどした議員ら15人が同法違反(被買収)容疑で書類送検され、10月27日横浜地検から起訴猶予処分を受けている。 
(以上2000年11月22日「毎日新聞」の抜粋より)



 普通なら数千円のものでも大問題で公職選挙法違反なのに、5万円の商品券を受け取ったにもかかわらず、返したからお咎めなし(起訴猶予)になったのがこの事件だそうです。「御用邸のある町、葉山」だからゴシップを嫌った結果、というウワサを聞きましたが、それだからこそ「御用邸のある、クリーンな葉山町」にしてほしかったと思いました。このとき、中華料理屋さんで食事をして、商品券を受け取った中で現在もずっと町議員なのは、中村常光、伊東圭介、鈴木知一、佐野司郎、金崎ひさ、伊藤友子、笠原俊一議員の7名です。笠原氏は現在議会の議長で、陳情を不採択にした金崎ひさ、伊藤友子、鈴木知一議員も受け取ったメンバーです。加藤清議員はもらったけれど、自民党党員としての活動ということで、容疑にはならなかったそうです。
 15日の総務建設常任委員会で私の陳情を不採択にした町議員全員が商品券を受け取っているという不思議。偶然にしても、この葉山は一体どうなっているのでしょう。もっともらしいお顔で「民意で、すでに議会を通っていることだから・・」と言って陳情書を否定なさっていた方たちが、こんなにも倫理観がないなんて驚きました。この驚きの大きさは議会や委員会を傍聴した人にしか理解できないと思いますが・・・。大げさではなく、それほど実情は想像を絶するものがありました。
こんな状況がはびこる葉山町だから、副町長も法を犯している、という認識はまったくないのかもしれませんね。

(これらの情報は人から聞いたものもあるので、事実と違う点がありましたらどうか教えてください。すぐに訂正します。)
[PR]

by shiritaikai | 2007-10-30 12:00 | その他  

<< 10月30日、葉山町議会から陳... 10月27日(土)昼12時、ビ... >>