9月2日、「はやま未来」による『住みよい葉山を語る集い』が開催されます。

有志により「はやま未来」が結成され、事務局からご案内があったので、ここにご紹介します。

(以下案内文そのまま)

このたび葉山の有志で「はやま未来」という会を結成(7月29日)しました。この会は魅力的で住みよい葉山をめざし、立場を越えて話し合いを重ね、まちづくりを進めるためのプランを作り、その実現にむけて住民と共に考え、行動する組織です。
その第一回の「住みよい葉山を語る集い」を、9月2日(日)午後1時30分から葉山町文化福祉会館大会議室で開催します。当日は会長代行から都市ごみ問題に視点を当てて問題を提起し、住民の皆さんとの意見交換の場を設けています。

「住みよい葉山を語る集い」 次第
・司会  開会のことば
・代表挨拶             
○「都市ごみ処理について」  原雄次郎    
○質疑応答                  
○意見・要望                 
・「はやま未来」の紹介と活動          
・「はやま未来」の役員紹介            
・閉会の辞               
連絡先/事務局田嶋修三 Tel:046-876-1591 E-Mail:shusun@jcom.home.ne.jp

以下、会長 原禮之助および会長代行 原雄次郎のプロフィールを紹介します。
原禮之助 プロフィール
東京大学大学院卒、理学博士、日本原子力研究所、国連を経てIAEA国際原子力機構(1959-1969)に勤務、セイコー電子工業社長、財団法人新世代研究所理事長を歴任後、SIIナノテクノロジー顧問、社団法人日瑞基金理事長、UNIDO国連工業開発機構親善大使、財団法人草津夏期音楽アカデミー評議員、(社)小さな親切運動副代表等を通じ国際的に活躍中。藍綬褒章および勳三等旭日中授賞叙勲。葉山町堀内在住

原雄次郎 プロフィール
東北大学化学科卒、武田薬品勤務、海外生産拠点PJに係った後、人間の生存に欠くことのできない「水と空気」浄化の公衆衛生分野に活性炭事業を通じて従事、前立腺がん発症の原因物質である飲料水中のトリハロメタン除去対策、公害防除分野に活躍、また武田薬品不動産を創設、現在財団法人総合工学振興会役員としてエコロジー環境並びにエネルギー問題を中心に活動中。葉山町堀内在住、諏訪ノ台地区地域まちづくり協議会会長、葉山近現代史を語る会会員。若い人が集まる葉山お花一杯運動が念願

(以上です)

みなさん、是非時間をつくって参加しましょう。
[PR]

by shiritaikai | 2007-08-14 08:10 | その他  

<< 『真名瀬遊歩道に関する申し入れ... 2007年8月7日(火) 追加... >>