8月5日(日)、「知りたいかい葉山 第3回」を急きょやることにしました!!

 7月31日現在場所はまだ未定ですが、8月5日(日)の午後2時~4時ごろに急きょ「知りたいかい葉山第3回目」を開催し、私の知っていること・持っている資料をお見せし、ご協力いただける方に、陳情に付ける追加署名の用紙等をお渡ししたいと思います。
 
 今回、陳情書を提出しようと思っていた前日に「知りたいかい葉山」あてにメールが届きました。
このメールを読んで、やはりこの現状をひとりでも多くの人に知らせなくてはと改めて思いました。このメールをくれた方は、24年前に葉山で潜りを教わり、それ以来葉山の海岸へご家族と時々いらっしゃる横浜の男性からでした。ご本人の了解を得て、ここに紹介させていただきます。(森戸デニーズ・鹿島建設マンション前あたりの通称・森戸海岸の話です)

「昨日の午前中潜りましたが、異常に海底付近が、ヘドロ状の物で汚れていました。普段、台風の後は、海底付近の汚れが無く、透明度が有るのです、それを楽しみにしていたのに、非常に残念です。その上、沢山のトコブシが、窒息状態になったのか、剥がれていました。対流が少なくなったのか、水温も高く、浅い所では、8月前にもかかわらずアンドンクラゲが発生していました。この汚れや変化は注意して見ればまだまだ、沢山有ると思います。
この先の計画で波消しの塀が高くなるとの事、これ以上、対流が悪くなったら浜辺が、ドブ川の様な悪臭を放つ事でしょう。この様にならない為にも是非是非、反対運動を推進してください。自分は、楽しい海での遊びを子供達に伝えたいのです。葉山には、華やかな開発は、必要無いです。応援していますので、宜しくお願いします。」


というものでした。この方は偶然にも昨年9月の『真名瀬漁港沖防波堤(環境創造型<藻場形成機能付加>)』=通称:波消しブロック=工事開始前に潜っていらして、その変化に驚かれたようでした。そして「知りたいかい葉山」のブログを見て、メールを送ってくれたのです。そして、海草の上にはヘドロ状のものがのっていて今後が心配される、ともおっしゃっています。海のことを良く知らない私ですが、最悪のことを想像した場合、アンドンクラゲ(足だけでも浮遊し、刺すと痛いらしい)が、もし早い時期に大量に発生したら隣の森戸・一色海水浴場への影響もありえるのではないでしょうか。このままいくと近い将来、夏に海水浴のできない葉山の海、というのもありえないことではないかもしれません。皆さんはどう思われますか?
 海の問題は島国である日本人みんなの問題だと思い、私はこのことに向き合っているつもりです。たとえ今後の真名瀬・森戸海岸の工事を考え直してもらえなくても、母なる海のことを守りたいと思っているひとが大勢いることを、海に伝えることができれば、彼女たちが傷つきながらも喜んでくれるのではないかと思います。そんな思いを込めて署名を集めたいと思います。

どうかみなさん、ご協力よろしくお願いいたします。
開催場所は決まり次第、ブログでお知らせします。
[PR]

by shiritaikai | 2007-07-31 22:56 | 会合について  

<< 8月5日(日)「知りたいかい葉... 陳情書を提出してきました >>