「知りたいかい葉山」を開催するまで その1

神奈川県横須賀土木事務所・河川砂防課課長の久保田氏に葉山での説明会をお願いしたところ「平日の夜であれば、葉山に行っても良いですよ」ということでした。でも、平日の夜19時からというのでは来られない人が多すぎます。何度か土日に開催をとお願いしたのですが、「個人主催の土日開催は前例も無く、不可能」だと言われました。そこで下記のような手紙を久保田氏宛てに書きました。

(以下手紙の文面です)
先日は夕方のお忙しい時間に突然伺ったのに、快く会ってくださりありがとうございました。心から感謝申し上げます。
ところで厚かましいついでにお願いがあります。3月5日の週の平日に、というお話なのですが、何とか土日開催をもう一度ご検討していただけないでしょうか。今回の説明会は出来るだけ多くの人に、自分の町についてもっと真剣に考えるきっかけになればと思い、開催させていただきます。
葉山はここ数年、他から転入してきた小さいお子さんのいる家庭が増えています。これから町の柱になる人たちですが、私たちも含め、こういう人たちは数年前からの町・県からの計画を全く知りません。(葉山は特に町の広報活動が遅れているからですが・・・)
このような人たちにこそ、聞いてもらいたいのです。しかし、平日では参加できる人はほとんどいなくなります。小さい子供がいる家庭では夜の外出はまず不可能です。
一家の主は東京、横浜方面から仕事を終え、7時までに葉山に戻るのも不可能です。
平日の昼、もしくは夜、ということだとやはり参加者はかなり限定されてしまいます。
最初だからこそ、出来るだけ多くの人が参加できる状況をつくれることを願っています。無理を承知の上でのお願いです。どうかよろしくご検討お願い申し上げます。 
                     平成19年2月12日
(以上、文面そのまま)
[PR]

by shiritaikai | 2007-07-07 23:08 | 会合について  

<< 「知りたいかい葉山」を開催する... 平成8年に町がうちだした『マリ... >>