まずは横須賀県土木事務所へ

役場の方や情報通の方に、とにかく電話したりお会いしたりして、いろいろと聞きまくり勉強し、海岸も管理が漁港とそれ以外では管理が違うことを知りました。
漁港は町が管理し、それ以外は国の管理で、実際は県が国からの委託で管理しているのでした。つまり葉山の場合、真名瀬漁港区域(森戸の石原裕次郎の碑があるあたりから芝崎まで)は町の担当部所の産業振興課が管理し、それ以外は国から委託を受けた神奈川県横須賀土木事務所です。

2月8日(2007年)横須賀方面に出かけたついでに、思いついて横須賀土木事務所に電話をしてみました。夕方遅い時間、5時過ぎなのにもかかわらず、会っていただけるということで、河川砂防課の久保田課長のところに夫とふたりで会いに行きました。
「葉山で現在やっている工事は何ですか?」とお聞きしたところ『堀内高潮対策工事中』で沖に離岸堤、海岸に護岸堤をつくるということでした。

下記のリンク先で「神奈川県の海岸管理組織図」や「海岸保全基本計画」などの詳細がわかります。
神奈川県県土整備部砂防海岸課・なぎさづくり班
[PR]

by shiritaikai | 2007-07-06 13:49 | 海・海岸  

<< 平成8年に町がうちだした『マリ... 守屋大光町長に会いに・・・ >>