面白いブログを見つけた

2007年12月、不祥事が発覚して辞めた守屋大光前町長。
責任追及をする声があがっていました。しかしそれは心無い保守派議員たちにつぶされてうやむやにされたまま、退職金返還要求もつぶされてしまいました。
その心無い、というか志の低い、権力に賛成していれば良いという議員たちの責任は重いと思います。
その無責任な議員たちの名前を忘れないでほしい。いや、絶対に忘れてはいけないと思います。

以下は2007年12月10日の「おもしろ葉山」より抜粋


・百条委員会設置による町長の公選法違反疑惑調査の動議
・町長の議会、町民説明を求める決議案
反対議員から
「町長の疑惑は何に触れるのか」(待寺真司議員)
おいおい、葉山町で子供だって知ってるぞ! 公選法第195条の5に違反だろう。

『選挙をにらんで口を閉ざした町長派議員、採決となっても座ったまま!
いまさらだんまりを決めても腹の中は見透かされているぞ。
議会席順に
伊藤圭介、鈴木知一、加藤清、横山すみ子、中村常光 各議員、(笠原俊一議員は議長)
まさか、町長選に立候補を考えてはいないだろうな。
反対答弁をした議員のほうがまだましだ。』




『まさか、町長選に立候補を考えてはいないだろうな。』と言われたけど、驚くなかれ、この直後にまさかの現町議員の横山すみ子氏が町長に立候補し落選。
そして2011年、今回はまた、まさかの伊藤圭介氏が、今度は横山すみ子町議の全面応援を受けて立候補しています。
今回の町議員の補欠選挙には、前町長擁護発言の待寺真司氏(町は誤字で、待が正しい。今年の町議員選挙で落選。横山すみ子氏率いる「新葉クラブ」所属)が立候補するらしいと聞いています。
落選後から今まで一度もニュースレターなど投函されたことはなかったのに、最近横山すみ子町議が実質率いるゼロウエイスト反対の「モーほっとけない葉山」と待寺真司氏のニュースレターが一緒にポストに入っていました。
そして無責任、と言われても仕方のない守屋大光前町長はといえば、
葉山を代表する森戸神社の神官でもあります。彼は、元気に本業に勤しんでいらっしゃるようです。
今日(2011/12/12)も神聖な衣を身にまとい勤めをはたしているのをお見かけしました。

でも町民に本当の禊をしないと、いつかバチがあたらないかと心配です。
この方も町民に謝罪もしないで、退職金もらいっぱなしで、まさか町政に復活など考えていないでしょうね????
[PR]

by shiritaikai | 2011-12-13 09:51 | 町政関係  

<< 森英二町長の4年前の約束はどこへ? 4月24日葉山町議選に向けて ... >>