台風18号が教えてくれたものは?

2009年10月8日朝、台風18号の影響はすごいものがありました。
日本の広い範囲でかなりの被害が出たようですが、葉山もNHKのニュースで紹介されるぐらい激しい被害が出ました。
葉山の年配の漁師さんたちに聞いいてみると、何十年振りかもしくは初めてと言っていいぐらいの激しさだったようです。
役場の産業振興課の方たちや消防署の方たちが、一所懸命動いて下さっていました。
そして真名瀬の浜の状況を見渡して、ここにコンクリートの海岸遊歩道が出来ていなくて本当に良かった、と改めて思いました。
b0110633_10192591.jpg

b0110633_10194192.jpg

b0110633_10195975.jpg

b0110633_10203163.jpg

b0110633_10204320.jpg

b0110633_10205724.jpg

b0110633_10211014.jpg

b0110633_10212751.jpg

b0110633_1021415.jpg

b0110633_10215446.jpg

b0110633_1022616.jpg

b0110633_10221759.jpg

b0110633_10223195.jpg

b0110633_10224352.jpg

b0110633_10225617.jpg

b0110633_1023111.jpg

b0110633_10232334.jpg

b0110633_10233840.jpg

b0110633_10235066.jpg

b0110633_1024153.jpg

b0110633_10241488.jpg

[PR]

by shiritaikai | 2009-10-12 10:24 | 海・海岸  

<< 9月議会開催中、一般質問が始ま... 「第9回 葉山まちづくり展」開... >>