NHKの土曜ドラマ「再生の町」

8月29日午後9時からスタートするNHKの土曜ドラマ「再生の町」、試写を見たわけではないのではっきりとはわかりませんが、興味深いドラマだと思っています。
再生の町ホームページ

以下はチーフプロデューサーのブログから。

「このドラマは、地方自治体の「財政破綻」と「再生への道のり」を描くドラマです。
でも、「地方自治体の財政破綻」って、何のことだかわかりますか…?

自分が住んでいる「都道府県」や「市町村」が、「倒産」してしまうことです。
これでも、よくわかりませんよね…。

私たちは、日常生活の中で、いろいろな行政サービスを受けています。
下水道、ゴミ処理、保育園、高齢者福祉、地域医療、生活保護、道路整備など…。
財政破綻によって、それらのサービスに割り当てられる予算が減らされてしまうんです。
つまり、十分な行政サービスが受けられなくなるのです。

まだ、ちょっと実感がわきませんか…?
今まで無料だった「ゴミ処理」が有料になったり、「保育園」の料金が値上げされたり、近くの「公立病院」が廃止・縮小されたり、「高齢者」のデイサービスが廃止されたり…。

何となくわかっていただけましたか…?
子供にとっても、大人にとっても、住みにくい町になってしまうんです。

そんな最悪な状況にならないように、四苦八苦する公務員たちの物語。
それが、このドラマ「再生の町」。

財政危機が発覚したとき、その厳しい財政状況のなかで…、「暮らし」や「命」に直結する行政サービスの何を残して、何を削るのか…。

「ふるさと」を守るために、地方自治体や私たちにできることって何…?

決して、他人事ではありませんよ。
皆さんも、この番組を見ながら、自分が暮らす町について一緒に考えてみませんか…?

[PR]

by shiritaikai | 2009-08-27 10:53 | その他  

<< 山口県 上関町の原発計画は止ま... 8月30日は「最高裁裁判所の裁... >>