元国交相の石原伸晃氏は今年同様、2009年のお正月にも葉山(森戸神社)に見えるのかしら?

12月26日発売の『週間現代』に「スクープ!親しいヨットマンの事故死に激怒、ふたりで乗り込んで石原慎太郎・伸晃父子が葉山町に浴びせた”恫喝”」という記事が出ていました。
興味ある方は是非、読んでみてください。新年特大号なので2週間は店頭に並んでいるはずです。
私はこの記事で、石原伸晃氏がこの事故の起きた葉山港湾管理事務所3階にある葉山ヨットクラブの会長であることを初めて知りました。

森戸神社敷地内、真名瀬海岸に面した海沿いに、鹿島建設が建てた高級マンションにお部屋を持っている石原伸晃氏。真名瀬海岸遊歩道ができる予定だった目の前です。
このマンションのすぐ側、森戸神社の海に面した夕日の景勝地には石原慎太郎氏の言葉が刻まれた石原裕次郎の碑があり、目の前の海、名島には「裕次郎灯台」があります。親戚の記念碑に囲まれている安心感がおありになるのか、石原伸晃氏は今年のお正月をここで過ごされていたようです。


葉山の海と長年ご縁があり、親しんでいらっしゃるのなら、ヨット遊びばかりでなく、葉山の漁業が専業漁師さんも遊漁船の漁師さんもきちんと仕事のできる状態でいられるよう、是非お力を貸していただきたいと思いました。
そしてヨットで遊ぶ人たちにとって、漁業や漁船の存在はどういうものなのかしら?という視点で、今後考えてみなくてはいけない問題もあるのではないかとも思いました。


b0110633_1004679.jpg
海から見た真名瀬漁港(真名瀬海岸)に面した森戸デニーズの隣に建つ、鹿島建設のマンション。どうして神社敷地内にこのようなマンションが建てられるのだろう???

b0110633_2304057.jpg
このマンションからよく見えるのは、富士山と名島と裕次郎灯台?・・・

b0110633_1015181.jpg
真名瀬の海から森戸神社を見ると、嫌でも目に入る神社敷地内にある鹿島建設のほとんどガラス張りの高級マンション。見たくないものまで目に入ってしまう・・・今度のお正月も、石原伸晃氏はここで過ごされるのかも・・・
[PR]

by shiritaikai | 2008-12-27 10:03 | その他  

<< 「真名瀬漁港施設検討委員会のお... 真名瀬漁港検討委員会委員の募集 >>